女性の加齢臭は男性より長くつづく?酸化を抑えて体臭を防ごう

脇に制汗スプレーをする女性

40代になると自分の体臭が気になりだす人が多いと思います。私もその一人で、「ミドル脂臭」・「加齢臭」の対策をしています。

「オヤジ臭」といわれる加齢臭は、加齢とともに体の酸化が進むことで発生します。一般的に中高年男性のニオイが注目されがちですが、加齢臭は男性だけのものではなく女性にも発生します。

今日は、女性の加齢臭について見ていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事では、加齢臭の原因・男性ホルモンと女性ホルモンの関係・女性の加齢臭対策についてまとめています。

関連記事はこちらです ⇒ 「加齢臭の原因と特徴!セルフチェックとすぐにできるニオイ対策を紹介」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

加齢臭は皮脂の酸化が原因

加齢臭を発する女性と鼻をつまむ男性

加齢臭の原因物質は皮膚の皮脂腺で発生します。肌のうるおいを保つため皮脂を作り出すわけですが、皮脂が酸化することで「ノネナール」というニオイ成分が発生します。

年齢を重ねるとともに、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が増加します。それと同時に過酸化脂質という物質も増えていきます。パルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びつき分解・酸化されてできるのが「ノネナール」で、男女問わず40歳を過ぎたころから増えてきます。

人間は呼吸するたびに酸化する生き物ですから、酸化によるノネナールの発生をなくすことはできません。しかし、意外なんですがノネナール自体はそれほど不快なニオイではないといいます

ノネナールが臭くなる原因は?

ノネナール自体のニオイは「古本やロウソク」のような臭いがしますが、これを悪臭に変えるのが「ジアセチル」という物質です

ジアセチルは、使い古した油のようなニオイが特徴で、「ミドル脂臭」の原因物質といわれていますが、実は性別や年齢を問わず誰からも出ているニオイなんです

私たちの体は、運動をすると糖質がエネルギーとして使われます。その際に筋肉細胞のエネルギー源として「乳酸」を再利用するために作りだします。そして、汗と一緒に分泌する乳酸が皮膚にいる常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されてジアセチルになります。

特に無酸素性の激しい運動をすると、より多くの乳酸が作られます。日常生活の中でも、忙しさや緊張状態が続くと無意識に息をつめて、乳酸を増やしてしまいます 。また、冷や汗や更年期に見られるホットフラッシュのように、一気に出る汗にも乳酸は多く含まれています。

つまり、疲労やストレスを溜めるとニオイが強くなるということです。

男性ホルモンと女性ホルモンの関係性

中年の夫婦

男性の皮脂の多さ・体臭の強さは、男性ホルモンが関係しています。逆に、女性の体臭が弱いのは、女性ホルモンの働きによるものです。

・男性ホルモン・

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す働きがあります。男性は30~40代が一番皮脂の分泌が盛んな時期で、これが酸化し40~50代から加齢臭が気になるようになります。

 

・女性ホルモン・

女性ホルモンには、活性酸素を抑える働きがあります。そのため、女性は男性に比べて皮脂腺の活性酸素が少なく酸化の度合いが低いんです。

つまり、男性より皮脂の量も少なく活性酸素の影響も少ないので、加齢臭も少ないわけです。しかし、更年期になると女性ホルモンが減ってしまうため、女性も加齢臭が気になり始めるわけなんです

 

男性よりも長くつづく、女性の加齢臭

女性の場合、加齢とともに女性ホルモンが減り相対的に男性ホルモンが優位になります。結果的に男性より加齢臭の出る期間が長くなる傾向にあるようです

男性は70歳を過ぎると男性ホルモンが減少し、皮脂が少なくなってきます。その結果、男性は70~80代になると加齢臭がなくなっていきます。加齢臭といえば男性のものというイメージが強いのですが、そうとも言えないのが実情です。


スポンサードリンク

 

女性の加齢臭対策は?

にんにく臭い女性

一番、肝心なことは生活習慣です。これは女性に限った話しではありませんが、不摂生な生活を続けていると血管にコレステロールが蓄積されます。それと同じように皮脂腺にも脂肪分が増え、加齢臭の原因となります。

つまり、生活習慣病になりやすい人は、加齢臭も強くなりやすい ということです。血液検査で中性脂肪やコレステロール値が高かったり、内臓脂肪が多い人は要注意です。

それでは、具体的な対策について見てみましょう。

・酸化を抑えて体臭予防・

カラダを酸化させる活性酸素を抑制しましょう

暴飲暴食・運動不足・ストレス・睡眠不足などを避けること。お肉の食べ過ぎ・お酒の飲み過ぎ・おやつの食べ過ぎは体臭のもとになりますよ!脂肪分の多い食事を避け、ビタミンCやビタミンE・カロチンなどを含む抗酸化食品を積極的に食べましょう。

活性酸素対策については、こちらの記事を参考になさってください

 

・乳酸を溜め込まない・

疲労の蓄積やストレスは乳酸を作り出してしまいます。適度な運動と質の良い睡眠を心がけましょう。また、梅干し・お酢・柑橘類などのすっぱいものを食べましょう。酸味成分であるクエン酸や酢酸には、乳酸を水と炭酸ガスに分解するはたらきがありますし、さらに、新しい乳酸の生成を抑えてくれます

・汗をかいて汗腺を正常化・

夏場になると、シャワーだけでお風呂を済ませていませんか?実は、湯舟につかることが加齢臭を抑えるのに効果的 なんです。

現代の生活環境では、空調設備が整い夏場でも涼しく快適な空間にいることが多いです。そのぶん汗をかく機会が少なくなっています。特に女性は冷え性の人も多く、汗をかけないでいる人もいます。汗をかけないでいると汗腺の機能は低下してしまい老廃物が汗腺に溜まりやすくなります。その結果、汗と一緒に老廃物が流れだしニオイのもととなります。

毎日、湯舟に浸かって汗をかくことができれば、汗腺の機能を正常に維持できます。また、適度な有酸素運動で日常的に汗をかき、汗腺を鍛えるのも有効です

女性ならではの加齢臭対策(女性ホルモンとラクトン)

ホルモンバランスを崩した女性のイメージ

次は、男性にはできない女性ならではの対策を見てみましょう。

・女性ホルモンを活性化させる・

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。どちらも女性のカラダにとって欠かせない大切なホルモンですが、特にエストロゲンは代表的な女性ホルモンで、女性らしいカラダをつくる働きがあります。肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びたカラダをつくったりと美しさや美容に関わるものです。

残念ながら女性ホルモンを増やすことはできません。しかし、女性ホルモンに似た働きをする成分を補うことでコントロールできるんです

食べ物の中には、エストロゲンと同じような働きをする成分が含まれているものがあります。その成分とは、「大豆イソフラボン」です。大豆や大豆製品など、手軽に摂れるものに多く含まれています。1日40~50mgを目標に摂取するようにしましょう。

<大豆イソフラボン含有量の目安>

食品
1食当たり

含有量
大豆飲料125ml69.0mg
納豆1パック(50g)65.0mg
豆腐1/2丁(110g)55.0mg
油揚げ1/2枚(75g)52.5mg
大豆煮50g30.0mg
きな粉おおさじ1(6g) 15.6mg
お味噌おおさじ1(18g) 7.2mg

<大豆以外の食品>

  • レッドクローバー(ハーブ)
  • 食物プエラリア・ミリフィカ(マメ科)
  • ザクロ
  • 亜麻の種子
  • ライ麦
  • キヌア

 

最近では、手軽に摂取できるサプリメントも商品化されています。大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されて生まれる成分「エクオール」を含有した食品です。

エクオール含有食品「エクエル(EQUELLE)」大塚製薬

・ラクトンを補給・

若い女性には、特有の若々しい甘い香り「SWEET臭」があります。それは桃やココナッツの甘い香り成分で、「ラクトンC10」「ラクトンC11」という物質です。

ロート製薬が、加齢に伴う女性の体臭変化についての研究で2017年に発表しました。10代の体臭には、「ラクトンC10」(ピーチの香り)と「ラクトンC11」(ココナッツの香り)が含まれていますが、20代になると「ラクトンC10」はほとんど無くなり、30代になると「ラクトンC11」も消えてしまいます。その「曲がり角」は35歳にあることも分かっています

若い女性の香りは20代まで香る「ラクトンC11」をベースに、10代ではさらに「ラクトンC10」も加わって若々しい甘い香りがしていたんです。

ということは、このラクトンを補うことができれば、若々しい香りが復活するということです ^^

ラクトンを補う方法としては、ラクトンを含む食品を摂取することです。

「ラクトンを含む食品」

  • あんず
  • ジャスミン
  • バター
  • チーズ
  • ヨーグルト

果物や花、乳製品に含まれています。

バター・チーズ・ヨーグルトなら毎日でも食べることができますし、ジャスミンだってハーブティーにしてコーヒーやお茶の代わりに飲むことができますよね^^

ぜひ、取り入れてみてください。

「外から補う方法」

食品で体内から補う方法とは別に、外から補うこともできます。

体臭とラクトンの関係を発見したロート製薬が開発した、ラクトンの香りのボディソープと ロールオンがおすすめです

「デオコ・薬用ボディクレンズ」は、粒子の細かい白泥(ホワイトクレイ)が毛穴に入り込むことで汚れを吸着し、ニオイの原因となる汗や皮脂を綺麗に洗い流します。また、殺菌有効成分も含まれていますので徹底的なニオイケアができ、デオコに含まれるラクトンの香りが残るんです。


今日のおさらい

 加齢臭の原因物質である「ノネナール」は、男女問わず40歳を過ぎたころから増加
 ノネナールを悪臭に変えるのが「ジアセチル」という物質
 疲労やストレスを溜めるとニオイが強くなる
 「女性ホルモン」が酸化を抑制し加齢臭を抑えていた
 更年期になり女性ホルモンが減ってしまうと、加齢臭が気になり始める
 生活習慣病になりやすい人は、加齢臭も強くなりやすい
 女性ホルモンの活性化とラクトンを補うことが重要

今日は、加齢臭の原因や男性ホルモンと女性ホルモンの関係・女性の加齢臭対策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

更年期になるとホルモンバランスが乱れ、体臭の変化が見られます。これは、加齢によるものなので仕方ありませんが、あきらめる必要はありません。生活習慣の改善や女性ホルモンを活性化するための食事であったり、「SWEET臭」の成分であるラクトンを補うことで、体臭のケアができアンチエイジングにもつながります。少しの努力で老化を遅らせることができるんです。

いつまでも若々しくいるために、今日からあなたも始めてみませんか?

 

ナッツは美容とアンチエイジングに最適な食材です。こちらも参考になさってください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ココアパウダー

2016.11.20

ココアでインフルエンザ予防、早くも流行の兆し|7つの健康パワーが凄い!

今年もインフルエンザの季節が近づいて来ました。毎年、予防摂取を受けているおかげか8年前を最後に罹っていませんが、やはりこの時期はマスクが欠か…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る