にんにくを食べた後はなぜ臭い?メカニズムと解決策を知ろう!

かごに入ったニンニク5つ

にんにくを食べた後の口臭、気になりますよね?

料理から香るにんにくの芳しいこと、あの魅力的な香りには勝てません。ついつい食欲をそそられてしまいます。しかし、人と会う前日の夜はにんにく料理を控えるなど、気をつかってしまいます。後のことを気にせず、ガッツリ食べたい!

だけど・・・周りの人に不快感を与えてしまうのはNGですよね。にんにく臭は、自分が思っている以上に臭いますからね〜(ーー;)

そこで今日は、にんにくを食べた後のニオイ対策について紹介させていただきますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事では、にんにくを食べた後に臭くなる理由と臭いを消す方法についてまとめています。

関連記事はこちらです ⇒ 「にんにくアレルギーと食物不耐症の症状や違い!一日の摂取量は?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

にんにくを食べた後、なぜ臭くなる?

にんにく臭い女性

にんにくを食べた後の臭いは「アリルメルカプタン」「アリルメチルスルフィド」という成分によるものです。

にんにくには「アリイン」という成分が含まれていますが、切ったり・すったり・潰したりと調理の過程で傷つけられるとアリナーゼという酵素と結びつき「アリシン」へと変化します。アリシンの一部はすぐに「ジアリルジスルフィド」に変化し、私達がにんにくを食べる時にはアリインの多くがジアリルジスルフィドに変化しているんです。

ジアリルジスルフィドは体内に入るとグルタチオンと反応して、「アリルメルカプタン」と変化します。このアリルメルカプタンが、にんにくを食べた直後の臭いです

さらに、アリルメルカプタンは体内で代謝され、「アリルメチルスルフィド」が生成されます。にんにくを食べると翌日まで臭くなる原因は、このアリルメチルスルフィドなんです

アリルメチルスルフィドは4~6時間は臭いを発し続け、それ以降は臭いが弱まってきますが16時間以上も臭いを発し続けると言われています。完全に臭いがなくなるまでには48時間とも!アリルメチルスルフィドの臭いは口臭だけでなく、肺からも発せられる臭いなので歯磨きなどでの口臭対策だけでは効果がないんです。

また、この臭い成分は汗と一緒にも出てきますので、体臭の原因にもなってしまいます

 

このように、にんにくを食べると「アリルメルカプタン」と「アリルメチルスルフィド」という2つの成分によって悪臭がするわけです!

特徴は次のようになります

「アリルメルカプタン」

  • ニンニクの臭いの脇役
  • 食べた直後の臭い
  • 代謝されるので1~2時間で臭いが無くなる
  • アリルメルカプタンの臭いは主に口臭
  • 歯磨きなどの口臭対策でも抑えることができる

 

「アリルメチルスルフィド」

  • ニンニクの臭いの主役
  • 食べて代謝されてからの臭い(臭い始めるまでに時間がかかる)
  • 代謝されないので長時間にわたり臭い続ける
  • 口臭だけではなく体臭も強くなる
  • 歯磨きなどでの口臭対策だけでは効果がない

 


スポンサードリンク

 

にんにくの臭いを消そう!

ニンニク二つ

では、どうすればにんにくの臭いを消すことができるのでしょうか?

まず、口内に残っている口臭と体内から発せられる臭いと2つに分けて考える必要があります

<口内に残っている口臭の場合>

主に「アリルメルカプタン」が原因でしたよね!

アリルメルカプタンの臭いは1~2時間で消臭されることが確認されていますが、体内で代謝が進むと「にんにく臭」の主役であるアリルメチルスルフィドへと変化してしまいます。

ですから、アリルメルカプタンの段階で少しでも消臭しておけば、主役となるにんにく臭も軽減することができます

では、消臭方法を見てみましょう!

・口内の残留にんにくを除去する・

もっとも一般的な対策ではありますが、口の中のニンニクのカスなど残留物が残っていることが原因となるので、歯磨きや舌磨きでその残留物を取り除くことはもっとも効果的な方法です。

・紅茶やウーロン茶を飲む・

茶葉にはカテキンやクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれています。これらのポリフェノールに消臭効果があることは聞いたことがあると思いますが、紅茶はその中でも消臭効果が高いとされているんです。ウーロン茶は紅茶の次に消臭効果があります。

ニンニクを食べた直後に飲むか、食べている最中に飲むのがポイントです !料理と相性が良いのはウーロン茶の方でしょうかね?お好みで選んでみてください。

・生野菜と果物を食べる・

生野菜と果物にもポリフェノールが含まれていて、アリルメルカプタンの臭いを抑えてくれます。ニンニクを食べるときは、生野菜や果物を一緒に食べましょう。

・口臭ケア商品を利用する・

口内に残っている口臭であれば、市販されているマウスウォッシュやマウススプレー・タブレットやサプリ・ブレスケア、他にもミントキャンディーやミントガムなどでケアする。

まとめると、次のようになります。

  1. にんにくを食べる時は一緒に野菜をたくさん食べる。
  2. 食事中は烏龍茶を飲む。
  3. 食後のデザートには果物と紅茶を。
  4. 食後はすぐに歯磨き、舌磨きをする。
  5. マウスウォッシュやブレスケア・飴やガムなどを利用する。

 

<体内から発せられる臭いの場合>

次は、にんにく臭の主役である「アリルメチルスルフィド」について見てみましょう。

アリルメチルスルフィドは体内で代謝されません。ですから、その臭い成分は腸から吸収され血液を通じて全身を巡り、呼気をはじめとして毛穴や汗・尿など体じゅうから臭いを発します。やっかいなことに、その臭いは体外に排出されるまで延々と臭い続けるわけです

アリルメチルスルフィドの臭いを消すのは、なかなか難しいようです。それでも、いくつかのポリフェノールが効果を発揮することが明らかになっています 。ポリフェノールがアリルメチルスルフィドを酸化させ、違う物質に変化させるんです。

効果が確認されているのは、次の食品に含まれるポリフェノールです。

「茶」

・甜茶(てんちゃ)・マテ茶・紅茶・烏龍茶・苦丁茶(くうていちゃ)

「野菜」

・ゴボウ・ウド・ほうれん草

「木」

・プルーン・ヤマモモ樹皮・ユーカリ葉・ラズベリー葉・ブラックベリー葉

 

この中でもっとも効果が高いのが甜茶 で、「ロッテ」の研究報告にはアリルメチルスルフィドに対する甜茶抽出物の消臭率は78%もあることが報告されています。

実際に臭い消し目的で甜茶の抽出物を使われた商品も販売されています。

ロッテですと、「ACUO」というガムです。成分名に「ルブス抽出物」と表記されているのが甜茶抽出物のことです。

<その他の消臭方法>

最後に、総合的に効果があるとされる消臭方法を見てみましょう!

・食前に牛乳を飲む・

牛乳に含まれるタンパク質は、アリシンと結合する性質があります。食前に牛乳を飲むことで、アリシンがジアリルジスルフィドに変化するのを抑制し臭いを抑えます

・にんにくは加熱してから調理する・

にんにくのアリインが調理の際にアリナーゼと結びつきアリシンになるわけですが、アリナーゼという酵素は熱に弱い ので、にんにくを切ったり潰したりする前に電子レンジで加熱すると臭いを抑制できます。

・チーズを一緒に食べる・

チーズにも牛乳と同じく、豊富なタンパク質が含まれています。一緒に食べることでアリシンの変化を抑制し、臭いの元を作る力を弱めることができます。 にんにく料理とチーズはセットで食べましょう。

・お酢を取り入れる・

お酢には、アリナーゼの働きを抑制する働きがあります 。臭いの元を作る力を弱めてくれるので、お酢を使った料理を一緒に食べましょう。

・食後にパセリを食べよう・

パセリに含まれるアルファーピレンという物質がニンニク臭を分解してくれます。食後に食べると効果的です

パセリ以外では、ごぼうやほうれん草・セロリなども効果があるといわれています。

・食後にりんごを食べよう・

りんごに含まれるポリフェノール(アップルフェノン)とリンゴ酸の効果で、臭いを抑えることができます。この成分は皮に多く含まれているので、皮ごと食べましょう

生のりんごが無かったら、100%りんごジュースでもOKです。また、りんごジュースにお酢を混ぜて飲むのも効果的です!

・食後にコーヒー・

コーヒーに含まれる豊富なタンニンが、強い消臭効果を発揮してくれます。その含有量は紅茶の3倍といわれています。よりタンニンを効果的に摂取するには、深煎りではなく浅煎りのアメリカンコーヒーがおすすめです 。コーヒーは利尿作用も高まりますので、臭い成分の排泄にも役立ちます。

・チョコレート・

チョコレートに含まれているポリフェノールも、高い抗酸化作用があって消臭効果を発揮してくれます。食後に食べれば嫌な臭いを抑えてくれます。

・食後の牛乳も効果あり・

牛乳は、食前の摂取でも効果がありますが、食後に飲んでも効果を発揮します。寝る前に牛乳を飲むのが一番効果的だと言われています。

・お水を飲んで排出する・

翌日起きたら一番に、コップ1杯のお水を飲みます。そして一日1.5リットルを目安にお水を飲みましょう。お水をたくさん飲むことで尿からの排泄を促します

・汗をかいて排出する・

新陳代謝を早めて、ニンニクの臭い成分を体外へ排出しましょう。水分を多めにとって、運動やサウナなどで汗をかきましょう。


今日のおさらい

 にんにくを食べた後の臭いは「アリルメルカプタン」と「アリルメチルスルフィド」が原因
 にんにくを食べた直後の臭いが「アリルメルカプタン」
 翌日まで続く臭いが「アリルメチルスルフィド」
 アリルメチルスルフィドは完全になくなるまでに48時間もかかる
 アリルメルカプタンの段階で対策を打てば、臭い成分の絶対量が減らせる

今日は、にんにくを食べた後に臭くなるメカニズムと臭いを消す方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

餃子にラーメン・焼肉・パスタ、どんな料理にでも使われるにんにくですから食べる機会も多いのではないでしょうか!

それだけに、食べた後のケアもしっかりとしておきたいものです。

自分が思っている以上に臭ってしまう刺激臭ですから、周りの人に不快感を与えてしまわないよう気をつけましょう。

とても健康に良いニンニクですが、食べ過ぎると逆効果になってしまいます。臭いの問題だけではなく健康被害のリスクもありますので、くれぐれも食べ過ぎに注意して下さいね。

 

にんにくの過剰摂取によって起こるリスクについては、こちらを参考になさってください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2016.4.10

温熱蕁麻疹の原因と対策|発症を誘う状況・発症しやすい人

以前に、「寒冷アレルギー」について紹介させていただきましたが。 今日は、その寒冷アレルギーと逆にはなりますが、同じ温度差が原因で起こる「温…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る