にんにくアレルギーと食物不耐症の症状や違い!一日の摂取量は?

器の盛られたニンニク

にんにくは栄養価が高く、疲労回復や滋養強壮・風邪予防など体に良いイメージがありますが、にんにくを食べると体調を崩してしまう人もいるんです。

うちの奥さんが、そうなんです。にんにくが使われた料理を食べると、かなりの確率で腹痛や胃痙攣を起こしてしまいます。しかも、しばらくは動けなくなるくらいにです。

今日は、にんにくのアレルギーと不耐症について紹介させていただきますので、ぜひチェックしてみてください!

この記事では、にんにくのアレルギーと不耐症について症状や違いと、過剰摂取による副作用と一日の摂取量の目安についてまとめています。

関連記事はこちらです ⇒ 「コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の症状は?検査方法と治療について」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

「にんにく」による食物アレルギーと食物不耐症の違い

AとBを比較するイラスト

多くの健康効果をもたらしてくれるはずの「にんにく」ですが、一部の人はアレルギーや不耐症で悩まされているんです。

<にんにくの食物アレルギーと症状>

アレルギーは、免疫系の誤作動 によって起こる反応です。

にんにくに含まれるタンパク質成分を異物とを勘違いしてしまい、それを撃退しようと攻撃してしまうことで引き起こされます。にんにくを摂取したときだけでなく触れたり、にんにくの成分を吸い込んだ場合にも起こります。それが、少量であっても命を脅かすような症状が出ることもあります

通常では殆どが摂取した直後から30分以内、遅くても2時間以内に症状が現れます。

【にんにくアレルギーの主な症状】

・腹痛・下痢・胃痛・胃痙攣・蕁麻疹・発疹・腫れ・皮膚のかゆみ・目のかゆみ・喉の圧迫感・頭痛・吐き気・嘔吐・喘鳴・咳・くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・(唇、口、舌)のヒリヒリ感・アナフィラキシー

 

アナフィラキシーショックは、重篤なアレルギー反応です

食物ではピーナッツや蕎麦・カニやエビなどの甲殻類で起こることがほとんどで「にんにく」で起こることは稀ですが、血圧の低下やショック・喘鳴や呼吸困難などの重篤な症状が起こりますので注意が必要です。

アナフィラキシーについて詳細は、こちらを参考になさってください

 

<にんにくの食物不耐症と症状>

食物不耐症は、別名を「非アレルギー性食物過敏症」とも呼ばれ、特定の食物を体内で消化することができないために起こる症状です

腸のトラブル以外にも胸焼けがしたり膨満感を引き起こしたり、胃痛や頭痛などさまざまな症状を引き起こします。

食物アレルギーは免疫系が直接引き起こす反応であるのに対し、食物不耐症は消化器系が引き起こす反応なんです

摂取量にも違いがあります。

食物アレルギーの場合、少量でも発症しますが食物不耐症は、ある程度以上の量を摂取すると症状が現われるのが一般的で、少量では発症しない 。ただし、人によっては少量でも症状が出ることがあるため、注意が必要です。

摂取した直後から現れる症状もあれば、数時間たってから現れる症状もあります。

【にんにく不耐症の主な症状】

・過敏性腸症候群・腹痛・下痢・胸やけ・膨満感・ガス・胃痛・胃痙攣・発疹・頭痛・疲労・倦怠感・抑うつ感・体重増加・不安感・肌荒れ・むくみ

 


スポンサードリンク

 

にんにくの過剰摂取で副作用?

二日酔いの主婦

にんにく自体が刺激の強い食べ物ですのでアレルギーや食物不耐症が無くても、過剰に摂取してしまうと胃痛や腹痛など体調不良を起こすことがあります。

・頭痛・

にんにくに含まれる「アリシン」という物質には強い殺菌作用 がありますが、過剰摂取によって殺菌力を強化し赤血球を壊してしまうと言われています。赤血球が壊れると脳が酸素不足になってしまい、頭痛が現れます。

・腹痛や下痢・

アリシンの強力な殺菌作用は、「大腸菌O-157」への抗菌作用があると言われるほど。しかし、過剰に摂取してしまうと腸の中の善玉菌までも殺してしまう ため、腹痛や下痢といった症状が起きます。

・胃荒れ・

空腹時に、にんにくを食べるとアリシンの強力な殺菌作用で、胃の粘膜を荒らしてしまう ことがあります。特に生のにんにくは刺激が強いため注意が必要です。

・肌荒れや口内炎・

にんにくは肌荒れの改善に効果があると言われていますが、食べ過ぎると逆に肌荒れを起こしてしまいます。

その理由は、腸内にいるビタミンを生成する善玉菌までアリシンの作用で殺菌してしまうからです。善玉菌の数が減ると十分な量のビタミンを生成できなくなってしまい、肌荒れや口内炎を引き起こしてしまうんです

・血が止まりにくくなる・

にんにくに含まれる「スコルジニン」は、血液をサラサラにする働きがあります

動脈硬化や高血圧などの予防や血中コレステロール値を下げる効果が期待できますが、過剰に摂取すると血液がサラサラになり過ぎてしまい、血が止まりにくくなってしまうことがあります。

歯ぐきからの出血や鼻血が止まりにくくなったり、怪我をしたときの出血が止まりにくいなどの症状が副作用として現れます。

・口臭や体臭・

にんにくを食べると口が臭くなるのは誰もが知ることですが、食べ過ぎると口臭はもちろんのこと、体臭まで臭くなってしまいます。

にんにくの臭いの元であるアリシンは熱に弱い性質を持っているので、しっかりと火を通したにんにくであれば多少は食べ過ぎても大丈夫なんですが、生のにんにくは少量でも強烈 な口臭の元となります。毎日のように生で食べていると体臭まで強くなる恐れがあります。

 

にんにくのニオイ対策については、こちらを参考になさってください。

 

にんにくの一日摂取量の目安は?

女性医師のイラスト

生のニンニクは加熱したものより刺激が強いので、摂取量の目安も違ってきます。

「大人の場合」

・生のニンニク・
  1片/日

・加熱したニンニク・
  3片/日

 

子供に食べさせる場合は、この量の半分程度を目安としてください。

この量を少しでも超えると体調不良を起こすという訳ではありませんが、食べ過ぎないことが体調不良を起こさない為に一番大切なことです。特に胃腸が弱い人は症状が出やすい ですので、生のニンニクを食べるときは注意が必要です。

まとめ

にんにくによる食物アレルギーと食物不耐症は、発症するメカニズムは全然違いますが現れる症状は良く似ていますので、一目で見分けるのは難しいかもしれません。さらに食べ過ぎによる副作用もありますので、なおさら見極めることが難しいですね。

一番わかりやすいのは、少量しか摂取していないのに発症した場合です。

少量しか食べていない。もしくは、食べていない(触れただけ or 吸い込んだ)のであれば、アレルギーに間違いないでしょう

ある程度以上、食べて発症した場合には、摂取から発症までの時間で判断することになりますが、食べた量や体質によっても変わってきますので、なかなか自分で判断するのは難しいと思います。

うちの奥さんの場合、少量なら大丈夫なので(ダメなときもあった)おそらく、アレルギーではなく不耐症だと思うのですが、摂取してから発症までの時間が短いのでアレルギーを疑う必要もありそう…⁇

やはり、きちんとアレルギー検査をしないとダメかな^^;

アレルギーの検査方法は、自宅で検査キットを使って調べる方法と医療機関を受診して検査する方法があります。検査キットは、自分にどんな食物アレルギーがあるのか手軽に調べることができますが、検査キットが3万円弱と高額となってしまいます(ーー;)

一方で、病院での検査は健康保険適用の場合で2,000円〜5,000円程度で、検査項目によって変動します。ただし、アレルギー症状の自覚が本人にあって所定の条件を満たしている場合に限って、健康保険が適用となります。まずは、かかりつけの医師やアレルギー科で相談してみましょう。


今日のおさらい

 ニンニクによるアレルギーや不耐症がある
 食物アレルギーは免疫系が引き起こす反応、食物不耐症は消化器系が引き起こす反応
 アレルギーの場合、少量の摂取でも発症、不耐症は少量では発症しないのが一般的
 アレルギーや食物不耐症が無くても、過剰に摂取してしまうと体調不良を起こす
 生のニンニクは加熱したものより刺激が強いので、摂取量の目安にも注意

今日は、にんにくのアレルギーと不耐症について症状や違いと、過剰摂取による副作用や一日の摂取量の目安について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

適量であれば、体に良い効果をもたらしてくれる食材です。これからは、食べ過ぎないよう注意して効果的に健康維持に役立てましょう。

もちろん、アレルギーの疑いがある人はアレルギー検査をされることをオススメします。医療機関に相談されてみてください。

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

お腹を押さえて痛がる女性

2014.11.9

ノロウイルスの症状と感染経路|正しく予防、冬までに知っておくべきポイント

そろそろ風が冷たい季節になって来ましたね。これから気をつけなければならないのがノロウイルスです。ノロウイルスはウイルス性食中毒の原因物質のひ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る