どくだみ茶でニキビ予防!解毒作用が凄いアトピーの改善も

女性がニキビを気にしている

高いデトックス効果が得られる健康茶といえば、「どくだみ茶」が有名です。体内の老廃物を排出することで、腸内環境が改善され美肌効果をもたらしてくれます。

今日は、「どくだみ茶」の美肌効果にスポットを当てて見ていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事では、「どくだみ茶」がニキビやアトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギーに最適な理由と、「どくだみ風呂」の効果と作り方についてまとめています。

関連記事はこちらです ⇒ 「どくだみ茶の凄すぎる効果と効能!いいことづくめで副作用はないの?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

どくだみ茶とは?

どくだみ茶

どくだみ茶は、独特の香りを放つ植物(ドクダミ)から作られるお茶です。

名前の由来は「毒矯み(どくだみ)」、「毒を矯める(ためる)」、つまり毒を抑えるという意味からきています

ドクダミは、10種類の薬効があるとして生薬名を「十薬(じゅうやく)」と呼ばれています。

地中で長い根を張り、生命力(繁殖力)の強い植物です。主に、東アジアに分布し、日本でも至る所に生息しています。

さまざまな健康効果を持つ「どくだみ茶」ですが、アトピー性皮膚炎や美肌効果・シミの改善・ニキビにも効果があり、ドクダミのエキスを使ったスキンケア商品も人気があります

味の方ですが、ドクダミには生葉のときは特徴的な強い臭いがありますが、乾燥させると臭いは和らぎお茶にすると臭みはなくなり、渋みも少なくまろやかになります。産地や製法の違いで味は変わりますので、お好みの味を見つけるのも楽しいかも知れません。^^

ニキビ予防に最適などくだみ茶、その理由とは?

ニキビを気にする女性

美肌効果が高く、ニキビの予防・改善にも最適といわれる理由を見てみましょう。

=カリウムによる利尿作用=

どくだみ茶にはカリウムが多く含まれています。腎臓機能を高め体内の塩分濃度を調節し、血流を促進します 。これにより肌のターンオーバーが促され、ニキビができにくくなるんです。

 

=クエルシトリンの抗糖化作用=

どくだみ茶に含まれるクエルシトリンは、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギーの改善に役立つほか、抗糖化作用もあります。

糖化したタンパク質はコラーゲンに悪影響を与え、肌バリアやターンオーバーの働きを低下させてしまい、ニキビの発症や悪化の原因となります。

どくだみ茶は、クエルシトリンの抗糖化作用によって肌バリアを高めるとともに、ターンオーバーを正常に戻し ニキビ予防や改善に効果を発揮します。

糖化についての記事は、こちらを参考になさってください!

 

=デトックス作用=

体内に溜まった老廃物や毒素が原因で、ニキビや肌荒れアトピー性皮膚炎になるケースがあります。どくだみ茶に含まれるクエルシトリン・イソクエルシトリンの効果で便通が良くなり、腸内に溜まった毒素も排出されることで、腸内環境が整い美肌効果を発揮します

 

どくだみ茶を飲むことで解毒され血液が浄化し、腸内環境も良くなってニキビやアトピー性皮膚炎に効果を発揮するんですね。

 


スポンサードリンク

 

どくだみ茶のにおいが苦手な人は?

臭いを我慢する親子

どうしても、どくだみ茶の独特のにおいが気になる場合には、はとむぎ茶や玄米茶・ほうじ茶などお好みのお茶とブレンドして飲むと飲みやすくなります。

ブレンドする目安は、1対1でいいです

慣れてきたら色々と比率を変えたり、ブレンドするお茶を変えたりプラスしたりして、オリジナルのお茶を作ってみてください。また、シナモンやカルダミン・クミンなどのスパイスを加えてもいいですよ。^^

そこまでするのは面倒くさいな〜という時は、こちらがオススメです!

どくだみ風呂でさらに美しく!

入浴する女性のイラスト

どくだみ茶はお茶として飲むだけではなく、お風呂に入れて入浴剤としても利用できます。

=どくだみ風呂の効果=

血行促進による冷え性の改善や新陳代謝のアップ、美白やデトックス効果が期待できます。

◯美肌効果
どくだみ風呂に入ると皮脂の分泌が活発になり、新陳代謝が上がることで肌のくすみや黒ずみの解消を助け、シミの予防や美白効果が期待できます。

また、どくだみには殺菌・抗菌・消炎作用があるため、細菌やカビが原因で起こるニキビや湿疹・あせもなどにも効果を発揮してくれます。特に最近では、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を軽減する作用があるとして注目を集めているんです。

 

◯ダイエット効果
新陳代謝が上がることで脂肪の分解・燃焼が促進されるので、ダイエット効果も得られます。

 

◯リラックス効果
どくだみ風呂にすることで保湿効果・温浴効果が高まります。

血行促進とリラックス効果で、肩凝りの改善や自律神経のバランスも整えてくれます。また、お風呂上がりの湯冷めも軽減されるため、その後「眠りにつきやすい」という効果も期待できるんです。

 

=どくだみ風呂の作り方=

お湯をはった浴槽に、どくだみを入れるだけなので簡単です!

◯乾燥葉を使用する場合
手に入れば、どくだみの葉を陰干しにして作ってもいいですし、もしくは市販の乾燥茶葉を使うといいです。

市販のお茶パックに、どくだみの乾燥葉をひとつかみ入れます。そのパックをそのまま湯船に入れるだけでどくだみ風呂の完成です!ティーパック入りの茶葉なら、そのまま湯船に入れるだけでOK!

とても手軽にできてにおいも控えめですが、生の葉に比べると効能は落ちてしまいます。

 

◯生の葉を使用する場合
まずは、茎と葉を分けます。葉の裏側まで丁寧に洗ってください。大きいな葉は小さく切って成分を出しやすくします。

こちらも。市販のお茶パックに入れて湯船に浮かべるだけでどくだみ風呂の完成です。葉の量は片手に一握りを目安にしてください。

生の葉は、時期が限られていますし、においが苦手な人にはオススメしません。しかし、旬の時期(6月)のどくだみの葉は水分率が高く、エキスも濃厚なものが期待できます。

どくだみの生の葉から出るクロロフィルという成分は、肌の生まれ変わりをサポートしてくれますし、デカノイルアセトアルデヒドという成分は痒みの軽減効果がありますので、ぜひ一度は試してみてください。

 

◯抽出エキスを使用する場合
どくだみの生の葉、もしくは乾燥葉を一掴み市販のお茶パックに入れます。生の葉の場合は、前項と同じように下処理をしてください。

鍋に400〜500mlnの水を入れ、15〜20分煮出します。それをお好みの量で湯船に入れまぜれば完成です。

生の葉で作った抽出エキスが薬効は一番高いですが、においも一番強いので、お好みに合わせてお使いください。

 

なかなか、ここまで手間をかけるのは大変だというときには、市販のエキスを利用しましょう。

=どくだみ風呂の注意点=

最後に、どくだみ風呂で注意する点をいくつかご紹介します

  1. シャワーで洗い流す
    どくだみには独特の臭いがあるので、身体に臭いが残ってしまう可能性があります。湯船から出たら必ずシャワーで洗い流しましょう。
  2. 残り湯で洗濯をしない
    洗濯物に色や臭いが付いてしまう恐れがありますので、お風呂の残り湯を洗濯に使うのはやめましょう。
  3. 肌に合わないことも
    基本的に副作用が少ないと言われているどくだみ風呂ですが、肌に異常が現れるような場合はすぐに使用を中止してください。

今日のおさらい

 ドクダミは、10種類の薬効があるとされている生薬
 生薬名は「十薬(じゅうやく)」という
 主に東アジアに分布し、日本でも至る所に生息している
 ドクダミには生葉のときは特徴的な強い臭いがある
 乾燥させお茶にすると臭みはなくなり渋みも少なく、まろやかになる
 味や香りが苦手な場合は他のお茶とブレンドするとよい
 解毒と血液浄化・腸内環境の改善がカギ
 どくだみ風呂は生の葉を使用する方が効果が高い

今日は、「どくだみ茶」がニキビやアトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギーに最適な理由と、「どくだみ風呂」の効果と作り方についてを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

ニキビや吹き出物に悩んでいる方、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーをお持ちの方、また便秘がちの方におすすめな「どくだみ茶」です。美容・健康のために毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

お腹を押さえて痛がる女性

2014.11.9

ノロウイルスの症状と感染経路|正しく予防、冬までに知っておくべきポイント

そろそろ風が冷たい季節になって来ましたね。これから気をつけなければならないのがノロウイルスです。ノロウイルスはウイルス性食中毒の原因物質のひ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る