コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の症状は?検査方法と治療について

コーヒー豆とホットコーヒー

適量のコーヒーはたくさんのメリットをもたらしてくれますが、飲み過ぎると逆効果に!また、コーヒーに含まれるカフェインやタンニンでアレルギーを起こしてしまうこともあります。

今日は、コーヒーが原因で起こるアレルギーについて紹介させていただきますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事では、コーヒーアレルギー(カフェインアレルギー)とカフェイン中毒の違いや見分け方、アレルギーにならないための対策、なってしまったときの対処。また、アレルギー検査についてまとめています。

関連記事はこちらです ⇒ 「朝からコンビニコーヒーのメリット・デメリット|正しい飲み方・間違った飲み方」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

コーヒーアレルギーの症状

アレルギーでかゆい

自分がコーヒーアレルギーだと気づいていない人も多いようです。

コーヒーアレルギーは「遅延型アレルギー」なので、コーヒーを飲んでも症状が出始めるのに数時間かかかります

また、「遅延型アレルギー」の症状は、頭痛・めまいなど、一見すると体調不良と見分けが難しくアレルギーと気づかないことが多いんです。

症状としては次のようなものが現れます

  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • だるい
  • 手の震え
  • くしゃみ
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 蕁麻疹
  • かゆみ
  • 口の中がイガイガ
  • 口内炎
  • 貧血

 

食物アレルギーを思い浮かべると、すぐに蕁麻疹が出てかゆくなったり、喘息の発作のようになってしまったり、アナフィラキシーなどを想像しますが、これらは「即時型アレルギー」と呼ばれるもので、タイプが違うんです。

即時型のようにすぐに症状が現れれば、今、口にしたものが原因だと気づきますが、コーヒーのように数時間後に発症ということになれば気づきにくいのは当然ですよね(ーー;)

「遅延型アレルギー」のもう一つの特徴として、摂取し続けることによって症状が重くなっていく傾向があります

一杯の珈琲を飲んだだけでも体調が悪くなる場合は、コーヒーアレルギーを疑ってみてください。

コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の違いと見分け方

AとBを比較するイラスト

コーヒーアレルギーの原因の一つである、カフェインについて見ていきましょう。

コーヒーアレルギーは、「カフェインアレルギー」・「カフェイン過敏症」とも言われますが、中毒との違いは何でしょうか?

:カフェインアレルギー:

少量のカフェインで症状が現れます。 

アレルギーは、身体を守ろうとする免疫のしくみの異常によって起こるもので、カフェインに対して過剰に反応してしまった結果です。

 

:カフェイン中毒:

中毒には、急性のものと慢性のものがあります

カフェインの過剰摂取によって起こるのが急性中毒で、体がカフェインを体外に追い出そうとする急性の症状を言います。

体内にカフェインが過剰になると、交感神経が活性化しすぎて悪影響を及ぼします。血管が狭くなって血流が悪くなったり胃酸過多が起こってしまったりと、本来の体の機能が維持できなくなってしまいます。

 

つぎに、カフェインを常用することで起こるのが慢性中毒(依存症)で、精神疾患の一つになります。

摂取し続けないと体に不調が起こるため、やめることができなくなり、カフェインがきれると禁断症状が起こります。

 

カフェイン中毒による症状も、コーヒーアレルギーによる症状と良く似ているので区別がつきにくいんです。

カフェイン中毒の症状には次のようなものがあります

  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 震え
  • 胃痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 一時的な不眠
  • 興奮
  • 感覚過敏
  • 焦り・不安
  • 顔面の紅潮
  • 心拍数の増加
  • 精神錯乱
  • 幻覚・幻聴・妄想
  • パニック発作
  • 過呼吸
  • 手足のけいれん
  • 貧血

 

カフェインの中毒症状と依存症の違いなど詳細はこちらを参考になさってください。

 

:アレルギーと中毒の見分け方:

コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の違いを見てもらいましたが、見分け方は分かりましたか?

見分け方をまとめると、次のようになります

<摂取量>

少量で発症するかどうか?

少量=アレルギー
多量=中毒

 

<発症までの時間>

摂取から発症までの時間はどうか?

短い=中毒
長い=アレルギー

 

<症状>

表面的な症状が現れるか?

蕁麻疹=アレルギー
体調不良=中毒

カフェイン中毒の場合は、具合が悪くなることがほとんどで蕁麻疹などの症状が出ることは稀です。

 


スポンサードリンク

 

コーヒーアレルギーにならないためには?

白衣を着た学者

これは、アレルギー全般に言えることですが、花粉症と同じである日突然発症してしまいます。

コーヒーアレルギーも同じで、昨日までは大丈夫だったのに・・・。(ーー;)

ということがあります。

アレルギーを発症しないためには、普段から過剰摂取を避けることが大切です

また、毎日同じものを食べ続けたり・好き嫌いが多い・ストレスに弱いといった人は、アレルギーを発症しやすいといいます。

バランスの取れた食事・ストレスを溜めない・十分な睡眠をとるなど、当たり前のことを疎かにしないことです

コーヒーアレルギーになってしまったら?

残念ながら、コーヒーアレルギーになってしまったら対処療法をとるしかありません。頭痛薬・吐き気止め・蕁麻疹を抑える薬。といったように、症状に合わせて対処するしかありません。

しかし、コーヒーのような遅延型アレルギーの場合は、1日おきに摂取するなどの対処で症状を緩和できることもありますので、試してみる価値はあります

ただし、アレルギー検査をしてみて陽性のレベルが高い場合には、数ヶ月間コーヒーを飲まないように医師から指導されることもあります。

コーヒーアレルギーの検査方法は?

予防接種を受ける患者のイラスト

コーヒーアレルギーの検査方法は、自宅で検査キット を使って調べる方法と病院で検査 する方法があります。

自分にどんな食物アレルギーがあるのか手軽に調べることができるのが検査キットです。しかし、検査キットが3万円弱と高額となってしまいます。

一方で、病院での検査は健康保険適用の場合で2,000円〜5,000円程度で、検査項目によって変わります。

ただし、アレルギーらしき反応が見られず、本人に自覚症状もない段階で行う検査は全額自己負担となります。アレルギー症状の自覚が本人にあって所定の条件を満たしている場合に限って、健康保険が適用されます。

金額は検査方法や病院によっても違うようですので、健康保険が適用されるかも合わせて事前に確認してから受診されて下さい。近所にアレルギー科があればそこで検査できますし、アレルギー科がない場合、皮膚科や耳鼻科でも検査を受けることができますので確認してみてください。


今日のおさらい

 コーヒーアレルギーは遅延型アレルギーのため自覚しにくい
 コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の症状は良く似ている
 少量のカフェインで発症するのがアレルギー
 アレルギーの場合はコーヒーを摂取してから発症までに数時間かかる
 蕁麻疹が出るのはアレルギー
 コーヒーアレルギーも他のアレルギーと同じで、ある日突然発症する
 アレルギーを発症しないためには普段から過剰摂取を避けることが大切
 コーヒーアレルギーになってしまったら対処療法をとるしかない
 検査方法は自宅で検査キットを使って調べる方法と病院で検査する方法がある

今日は、コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の違いや見分け方、アレルギーにならないための対策、なってしまったときの対処。また、アレルギー検査についても見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

毎日、コーヒーを飲んでいると知らず知らずのうちに、アレルギーを発症している可能性もあります。

症状が軽く見過ごしてしまっているだけかもしれません!
アレルギーとは気づかず、ただの体調不良と勘違いしているのかもしれません!

慢性的な体調不良など、思い当たるところがあれば、一度コーヒーアレルギーを疑ってみてください。

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

吊るされたてるてる坊主が二つ

2019.3.19

梅雨のカビ対策おすすめは?喘息や肺炎にならないためにやるべきこと!

ゴールデンウィークが終わると、やっと花粉症の症状が落ち着いてくる私ですが、次なる敵は湿気です! 穏やかな気候もつかの間。すぐにジメジメと不…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る