梅雨のカビ対策おすすめは?喘息や肺炎にならないためにやるべきこと!

吊るされたてるてる坊主が二つ

ゴールデンウィークが終わると、やっと花粉症の症状が落ち着いてくる私ですが、次なる敵は湿気です!

穏やかな気候もつかの間。すぐにジメジメと不快感たっぷりの梅雨がやってきます。洗濯物の室内干しも増え、気になるのは「カビ」です!

今日は、梅雨のカビ対策について基本からオススメな方法まで、また咳喘息や過敏性肺炎にならないために気を付けることなどを紹介させていただきますので、ぜひチェックしてみてください!

関連記事はこちらです ⇒ 「過敏性肺炎 70%が夏型過敏性肺炎|トリコスポロンが原因、治療と予防策は?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

カビの生息場所ってどこ?

元気なカビ菌 イラスト

カビが繁殖できる環境は、適度な温度と適度な湿度がたもたれ酸素と栄養源があることです。

酸素と食品やホコリ・石鹸カスや木屑・人の垢などの栄養源があって、次のような環境が揃えば どんどん増殖してしまいます。

=気温=

5~35℃の範囲で繁殖し、最も増殖しやすい温度は20〜30℃です。

0〜50℃の範囲であれば死滅せずに活動できるので、冷蔵庫の中でも安心できません。氷にだってカビが生えますからね!

 

=湿度=

60%を超えると発生しやすくなり、70%を超えると活発に繁殖し、80%を超えるとあっという間に増殖します。

カビの発生を防ぐには湿度を60%以下に保つことが必要ですので、梅雨の時期には除湿機が必須になります。

 

つまり・・・。

家の中で最もカビが発生しやすい場所といえば、浴室・洗面所・キッチンなどの水周りです。

その他、湿気がこもりやすい押入れ・クローゼットや下駄箱・洋服タンス。結露により水分が付着しやすい窓サッシ・壁なども。

また、部屋の隅や家具の裏側なども空気がよどみやすく、またホコリも溜まりやすいのでカビが繁殖しやすい場所です。

さらには、エアコン・除湿機・空気清浄機・洗濯機などの家電にも。そして厄介なことに、掃除を怠るとエアコンや空気清浄機からカビがばら撒かれることもあるんです 。

結局、どこにでもいるんじゃん!

そうなんです。カビにとって日本の気候は居心地が良いみたいです。(ーー;)

梅雨の基本的なカビ対策

弱ったカビ菌 イラスト

では、この日本でどのように対処すればよいのでしょう?

カビが生息するには、「温度・湿度・栄養・酸素」の条件が揃っている環境です。

この条件を崩してやればいいんです

家の中の酸素を失くすと、カビも死にますが人間も死んじゃいます。なので、酸素を失くす案はボツです^^;

考えられることは、「除湿・低温・栄養源を絶つ」この3つの対策になります。

では、一つづつ見ていきます。

① 除湿  ⭕️

家の中の湿度を下げることです。60%以下を目標に乾燥させましょう。

といっても、梅雨の時期に暖房なんてつけれませんからね。なかなか60%以下を保つのは難しいですが、エアコンのドライ運転はもちろんのこと、除湿機も活用しましょう。あと扇風機やサーキュレーターを使うと効果的です!

家の中の空気を常に動かしてやることが大事です。

我が家では、除湿機と扇風機と空気清浄機で空気の流れを意識して作っています。もちろ、エアコンはドライ(冷房除湿)運転をしています。

雨が降っていない日は、窓を開けて換気する方法も意外と効果があるみたいです!

ただし、屋内より屋外の湿度が高いときに窓を開けると、空気とともに外の湿気が室内に入り部屋の湿度を上げてしまうので注意が必要です。外気の湿度が高い時間帯は窓を開けず、60%くらいのときに窓を開け換気をすれば多量の湿気が室内に入らず、部屋の湿気を外に出すこともできます。

快晴の日なら、気温が高くなるお昼から午後にかけて湿度が低めになりますが、曇りや雨の日は終日湿度が80%以上ということもありますので、そういうときは除湿器に頼る方が良いでしょう

我が家で使用している除湿機は、IRIS OHYAMAのコンプレッサー式です。
参考になさってください!

 

② 低温  ❌

カビが最も増殖しやすい温度は20〜30℃です。ということは、室温を20℃未満にすれば良いことになりますが、それだと私たち人間も寒すぎますよね。クーラー病にかかってしまいます。

健康的な冷房の設定温度は26℃~28℃ですので、低温にするというのも難しいですね~。^^;

これも、ボツです!

クーラー病にならないために、こちらの記事も参考になさってください

 

③ 栄養源を絶つ  ⭕️

これは、こまめな掃除が一番です。

掃除機をかけるときは、室内にホコリやカビの胞子が拡散されないように窓を開けて換気をしながらしましょう。雨の日に窓を開けると逆に湿度を上げてしまうことにもつながるので、そこは気を付けてくださいね。そういう場合は、空気清浄機を活用すると便利です。

また、エアコンや空気清浄機など家電の掃除も忘れずに

以上のように、私たちにできるカビ対策の基本は、①の除湿③の栄養源を断つための掃除です。

この二つを実行することで、カビが繁殖する条件を崩すことができます。^^

しかしですよ…。 

毎日、掃除するのも大変だし、除湿するにも限界がありますから。なかなか簡単には行きませんよね。

なので我が家では、文明の利器(化学の力)に頼っちゃってます。^^

とても効果があって、これで掃除がかなり楽になりました。参考になさってください
※クリックするとAmazonにジャンプします。

あと、クローゼットや下駄箱などには、定番の除湿剤も利用しています。


スポンサードリンク

 

梅雨のカビ対策 おすすめ10選!

菌をやっつける家族 イラスト

基本的なカビ対策は分かりました。では、次にもう少し具体的な対策を見てみましょう。

  1. 換気を行い空気の流れを作る(窓を開けたり、住宅に設置されている換気システム)
  2. お風呂から上がったら換気扇をまわす(換気扇が無い場合は、排湯し窓を開ける)
  3. 洗濯物はできるだけ部屋干しを避ける
  4. 梅雨寒の時、窓が曇ったらすぐ換気をする
  5. 家具の裏側に3~5センチほどのすき間をあける
  6. 調理中は必ず換気扇を使い調理後もしばらく回す
  7. キッチンは排水溝や水切りかごにゴミを溜めておくのを止め、こまめに掃除をする
  8. 押し入れやクローゼット・下駄箱は、定期的に扉を開け空気の入れ替えをする(扇風機やサーキュレーターの使用が効果的)
  9. 洗濯機は定期的に洗濯槽クリーナーを使用してカビを除去する
  10. エアコンは冷房後、30分~60分ほど送風運転し内部を乾燥させてから停止する

送風運転のないエアコンの場合は?

エアコンを操作する親子

先ほど、「エアコンの冷房を使った後は、送風運転をしてから停止した方がいいよ~と」お伝えしましたが、エアコンの機種によっては「送風運転」の機能(リモコンに送風ボタン)がないものもあります。

我が家のリビングのエアコンがそうです。また、子供部屋のエアコンはリモコンに送風ボタンはありませんが、冷房運転を停止すると自動的に送風運転に切り替わる優れものです。^^

では、我が家のリビングのエアコンの場合はどうするかというと、「自動運転」ではなく「冷房運転」で、設定温度を一番高くします 。設定温度が室内温度より高い状態になることで、送風運転に近い状態で内部のシロッコファンが回って風を送り出してくれます。

風量も自動ではなく手動にしてくださいね !自動のままだとシロッコファンが止まってしまいます。

エアコン内部を乾燥させたいと考えると、暖房運転をすればいいじゃん!

って思うかもしれませんが、暑い時期に暖房は無謀です。^^; 

また、冷房を使った直後に暖房運転に切り替えることは、エアコンにとっても負担のようで場合によっては故障の原因にもなりますのでおやめくださいね。

喘息や肺炎にならないためにやるべきこと!

カビアレルギーでマスクをする女性

最後に、カビが原因で喘息や肺炎にならないために何をすべきか紹介します。

エアコンが原因でアレルギー症状が出てしまう人は意外と多く、蕁麻疹や湿疹・くしゃみや鼻水などの鼻炎・アレルギー性結膜炎・咳やたんが止まらなくなる・気管支炎・さらには咳喘息や過敏性肺炎など、さまざまな症状があります。

これらの原因となるのがカビです!

エアコンの内部で大量発生してしまっていること。また、エアコンの風によって室内のカビやホコリが舞い上がることで、アレルギーを発症してしまいます。

喘息や肺炎にかからないめには、掃除をすることが一番大切であって、いかにアレルゲンとなるカビやホコリを発生させないかが重要なんです!

こまめな掃除と、カビを発生させないための工夫が最大の防御になります

カビが原因で起こるアレルギーの対処法など詳細はこちらを参考になさってください


今日のおさらい

 カビの発生場所は、酸素・湿度・温度・栄養源の条件が揃った環境
 カビにとって日本の気候は条件が良く繁殖しやすい
 カビの活動温度は0〜50℃
 カビは70%を超えると活発になる
 エアコンや空気清浄機の掃除を怠るとカビがばら撒かれることも 
 曇りや雨の日は湿度が80%以上になることも
 私たちにできるカビ対策は、除湿と栄養源を絶つための掃除

今日は、梅雨のカビ対策について基本からオススメな方法まで、また咳喘息や過敏性肺炎にならないために気を付けることなどを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

カビは高温多湿で栄養源となる物があると繁殖してしまうわけですが、逆を言えば湿度を管理し掃除をしっかりとしていれば、カビは発生しづらくなると言えますよね!

カビは一度発生してしまうと、条件さえ揃えば一気に増殖してしまいますので、まずは発生しないように万全の対策を取りましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

器に入れられたプレーンヨーグルトと牛の置物

2018.12.24

花粉症シーズンが来る前にヨーグルトで対策!種類と量やタイミングも紹介

私も花粉症を発症してから数年がたちました。 花粉症をはじめとするアレルギー体質の人は腸内バランスが乱れている事が多く、腸内細菌のバランスを…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る