カモガヤ花粉症の時期はいつ?喉のいがいが食物アレルギーとの違い

道端の野草

ゴールデンウィークが終わればスギやヒノキの花粉が落ち着いてくるはずですが、なぜか症状がよくならない。咳が止まらない!喉がいがいがする!

そんな経験はありませんか?

もしかすると、それはカモガヤによる花粉症かも知れません。カモガヤ花粉症はキチンと対処すれば、症状をグッと緩和することができます。

今日は、春先から初夏にかけて飛散するカモガヤの花粉ついて、症状や対策・食物アレルギーとの関係も見ていきますので、最後までお付き合いください。

関連記事はこちらです ⇒ 「花粉症シーズンが来る前にヨーグルトで対策!種類と量やタイミングも紹介」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

カモガヤとは、どんな植物?花粉の時期は?

カモガヤ(雑草)

カモガヤはイネ科の雑草で、河川敷や公園・道路わきなど、どんな場所にでも生えている子供の背丈くらいある植物です。

イネ科は、花粉を風に乗せて受粉させる「風媒花」という植物のため、花が咲く季節になるとたくさんの花粉を飛ばします

イネ科の花粉の飛散時期は4月〜11月と比較的長く、カモガヤの花粉は4月〜7月がピークで、スギやヒノキよりも長い期間飛散します。ゴールデンウィークから梅雨の時期にかけて症状がでるわけです

カモガヤ花粉症の特徴は?

カモガヤ花粉症の特徴的な症状としては、喉がいがいがすることです

喉に痒みや・いがいがした感じ・異物感・痛みなどを感じることがあって、 これは「口腔アレルギー症候群」と呼ばれるものです。

カモガヤ花粉症などイネ科の花粉症にかかると、メロンやスイカを食べると突然、唇や口・喉などに、イガイガ感・かゆみ・腫れなどを感じることがあります。これは、「プロフィリン」と呼ばれるタンパク質が原因で、花粉に多く含まれアレルゲンとなる物質です

プロフィリンは、花粉以外にも果実・葉・根にも存在します。メロンやスイカのほかに、キウイフルーツ・オレンジ・ライチ・トマト・ジャガイモ・タマネギ・セロリ・米・小麦などにも含まれます。

プロフィリンは熱に弱いので、生のまま食べた時には症状が現れやすく、熱処理されたジュースや缶詰・ジャムなどであれば、アレルギー症状は起こりません。

その他のアレルギー症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・鼻のかゆみ・目のかゆみなど、スギ・ヒノキ花粉症の症状とほぼ同じです。

食物アレルギーと口腔アレルギー症候群の違いは?

AとBを比較するイラスト

「口腔アレルギー症候群」も「食物アレルギー」と同様に、特定の食物を食べることで起こるわけですが、一般的な食物アレルギーと何が違うのでしょうか?

=症状の違い=

一般的な食物アレルギーも口腔アレルギー症候群も、「特定の食物を食べるとアレルギーを発症する」という点では同じです

2つの違いは、症状の現れ方です。

一般的な食物アレルギーでは、蕁麻疹や湿疹・下痢など全身に症状が現れます

一方、口腔アレルギー症候群の場合は、唇や口・喉に症状が現れ全身に症状が現れることは稀なんです。

 

=アレルゲンの違い=

牛乳や卵などの一般的な食物アレルギーを引き起こすアレルゲンは、熱や消化酵素に強いため胃や小腸で分解されず、そのまま腸から吸収され全身に症状が現れます。

一方、口腔アレルギー症候群の原因となるアレルゲンは熱や消化酵素に弱いため、加熱した果物や野菜では症状がでない。また、胃や小腸といった消化器で容易に分解されてしまうため、口や喉の直接接触した部位だけに症状が起こるんです。

 

カモガヤ花粉症の危険性!

熱中症の子供

イネ科の草の花粉はスギやヒノキの花粉に比べて小さいので、体内に侵入しやすく厄介な花粉 と言えます。また、カモガヤ花粉症の多くの人は、他のイネ科植物である「ハルガヤ・オオアワガエリ・ギョウギシバ」などの花粉にも反応してしまいます。

スギの花粉よりも目の痒みなどの症状が強く、イネ科の植物の中では特にアレルギーの発症率が高いとされているんです。

大量の花粉を吸いこんでしまったり、アレルギー反応が強く出てしまうと、アナフィラキシーと言って咳や喘息・呼吸困難・めまい・蕁麻疹・全身のむくみ・腹痛・下痢・嘔吐などの症状を起こすことがあります。

更に激しい場合には、急激に血圧が低下し意識がなくなるなど、ショック状態に陥る「アナフィラキシーショック」を起こし、命を落とすこともあるため注意が必要です

イネ科の食物、とくに小麦に注意する必要があります。

カモガヤ(イネ科花粉症)の季節に、パンやうどん・フライなどの小麦製品を食べて数時間以内に運動をすると、「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」という強いアレルギー症状を起すことがあります。

4月~7月の季節は小麦の食べ過ぎに注意しましょう。また、イネ科の油(米油、コーン油)にも気をつけてください。


スポンサードリンク

 

カモガヤ(イネ科)花粉症の対策

白衣を着た学者

1.群生地に近づかない

スギやヒノキのような背の高い樹木の花粉は、風にのると数十Kmも遠くまで飛びますが、背丈が1m前後の雑草であるイネ科は数十mから数百mしか飛びません

ですから、空き地や河原など、雑草の生えている場所を避けるだけでかなり症状は抑えられます 。もちろん、外出時にマスクをしたり、室内に花粉が溜まらないようにマメに掃除をしたりすることも大切です。

また、カモガヤの花粉は気温が高くなる午後に飛散しやすいので、換気や洗濯物干しは午前中にするのがおすすめです。

2.食事に気をつける

先ほども触れましたが、イネ科の植物を食べ過ぎないようにしましょう

  • お米
  • パンや麺類の小麦

また、アレルギーを起こす可能性のある、メロンやスイカ・キウイフルーツ・オレンジ・ライチ・トマト・ジャガイモ・タマネギ・セロリなどにも気をつけましょう。

一般的な花粉症対策

では最後に、イネ科の花粉症にも共通する一般的な花粉症対策を見てみましょう!普段から、できるだけ花粉の影響を少なくするため、次のことを心がけてみてくださいね。

1.こまめに掃除をする

花粉は知らず知らずの間に、室内に入り込んでいます。カーペットや畳・カーテン・ソファーなどにも付着しますので、こまめに掃除することが重要です。

掃除の際は、舞い上がる花粉やホコリを吸い込まないようマスクをしましょう

2.窓の開閉は慎重に

換気のためには窓開けが大切ですが、花粉が多く飛ぶ時間帯には閉め切る ようにしましょう。Yahoo!天気の花粉レーダーなどを使って、時間帯をチェックしてみてください!

また、玄関ドアの開け閉めも素早く行いましょう。

3.洗濯物はよくはたいて取り込む

外干しした洗濯物にも花粉が付着しています。よくはたいてから取り込みましょう 。その際、掃除の時と同様にマスクをしましょう

4.ストレスをためない

ストレスをためると、アレルギー症状は悪化してしまいます。お風呂は湯船に浸かってリラックス して下さい。睡眠時間も十分に とりましょう。

5.たばこやアルコールを控える

たばこは喉や鼻の粘膜を荒らし、症状を悪化させてしまいます。また、アルコールは鼻の粘膜を充血させ、鼻づまりをひどくすることに!症状が出ているときは、どちらも控えましょう。

6.花粉の多い日はできるだけ外出を控える

テレビやYahoo!天気などの花粉情報をチェックして、花粉が多く飛ぶ日はできるだけ外出は控えましょう。

7・外出時のマスクは必須、帰宅後は洗顔とうがい

花粉シーズン中は、外出時に必ず花粉症用のマスクをしましょう 。また、帰宅したら手洗いはもちろんのこと、顔を洗い、うがいや鼻洗いでのどや鼻に付いた花粉もしっかり洗い流しましょう。

8.服装にも気をつける

外出時のコートや上着には、花粉が付きにくい素材を選びましょう。ウールや綿などよりも、ポリエステル製などで表面がツルツルした素材の物のほうが花粉は付きにくくなります。

マスクは当然ですが、メガネ(ゴーグル)を着用すると、より花粉の影響を防ぐことができます 。製品によって違いはあるでしょうが、お手頃な価格のものでも3/4くらいはカットできるそうです。

また、家に入る前に洋服全体をブラッシングもしくは、はたくなどして花粉を落とし、室内に持ち込まないようにすることも大切です。

 

高性能マスク、こちらを参考になさってください!
☑ amazonで探す  ☑ 楽天市場で探す

メガネは、こちらを参考になさってください!
☑ amazonで探す  ☑ 楽天市場で探す

 

9.空気清浄機を活用する

細心の注意をはらっていても、どうしても花粉は室内に入り込んでしまっています。空気清浄機を活用することで、グッと花粉の影響を減らすとができます

我が家では、この空気清浄機を使用しています。加湿機能がついていないタイプなので、掃除がめっちゃ楽で助かっています。しかもお安い^^

最近、二台目を購入してリビングと寝室で使用しています。参考になさってください!

10.アレルギー対策になる食事を

普段から、アレルギー対策になる食事を心がげましょう。ヨーグルトなど手軽に食べられるものから始めてみてください!

詳細は、こちらの記事を参考になさってください。

「花粉症を食べ物で対策しよう!基本的な対策と注意すべきポイントも」

 


今日のおさらい

 カモガヤはイネ科の雑草で河川敷や公園など、どんな場所にでも生えている
 カモガヤの花粉は4月〜7月がピーク
 特徴的な症状としては、喉がいがいがすること(「口腔アレルギー症候群」)
 「プロフィリン」と呼ばれるタンパク質がアレルゲンとなる
 スギやヒノキの花粉に比べて小さいので、体内に侵入しやすい
 「アナフィラキシー」という強いアレルギー症状を起すことがある
 雑草の生えている場所を避けるだけで、かなり症状は抑えられる

今日は、4月から7月にかけて発症するカモガヤ花粉症ついて、症状や対策・食物アレルギーとの関係なども見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

カモガヤ花粉症はキチンと対処すれば、症状を抑えることができます。群生地に近づかないことや食事に気を付ければ、かなり症状を緩和することができるでしょう。

一般的な花粉症対策と併せて行ってみてくださいね!

 

私は、ペパーミントを使った花粉症予防を実践しています!参考になさってください。

「ペパーミントで花粉症予防!ミント風呂が効く?効能や摂取方法、注意点など」

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

こたつで寝てしまった男性

2018.12.9

こたつで寝る危険・デメリットは?脳梗塞や心筋梗塞との関係!

子供の頃よく、こたつの中で寝ていた記憶があります。 ポカポカと気持ちいいんですよね〜^^なんとも言えないあの包まれた感じ、安らぎを感じるん…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る