エアコンのカビで止まらない咳を治療!夏型過敏性肺炎や咳喘息は?

エアコンと室内のカビ

「夏場になるとなぜか咳が止まらなくなる」そんな経験がありませんか?

夏場にエアコンをつけた室内に入ると、咳が出るという人は意外と多いようです。中には、蕁麻疹や湿疹が出てしまう人も。そのまま放っておくと重症化する恐れもあります

今日は、エアコンと咳の関係性や季節的な要因、また治療や予防と対策についても紹介させていただきますので、最後までお付き合いください。

関連記事はこちらです ⇒ 「クーラー病の症状や原因と5つの対策|自律神経の乱れから頭痛や熱も」

人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

エアコンのカビでアレルギー?

カビアレルギーでマスクをする女性

ひょっとしたら、エアコンアレルギーかもしれません!

「エアコンアレルギー」という病名はありませんが、エアコンが原因でアレルギー症状が出てしまう人は意外と多くいます。

症状としては、蕁麻疹や湿疹・くしゃみや鼻水などの鼻炎・目が痒くなるアレルギー性結膜炎・咳やたんが止まらなくなる・胸が苦しくなる気管支炎・さらには喘息など、さまざまなものがあります。

原因としては、エアコンの内部でカビが大量発生してしまっていること。また、エアコンの風によって室内のカビやホコリが舞い上がることです。こうした、室内のカビホコリが抗原となってアレルギー反応を起こします

次に、カビやハウスダストが原因となる病気について見てみましょう。

エアコンのカビで夏型過敏性肺炎?

まず、こちらの症状が当てはまるか確認してみて下さい!

  • エアコンのある屋内に入ると、空咳(からぜき)がでる
  • 息切れ
  • 発熱
  • 呼吸困難

※空咳とは痰(たん)のでない乾いた咳。

 

どうですか?これらの症状が当てはまるようであれば、「夏型過敏性肺炎」にかかっているかも知れません。

主に「トリコスポロン」というカビが原因で起こるのが、「夏型過敏性肺炎」という病気です!

初めて夏型過敏性肺炎を発症した人は、夏の終わり頃に咳や熱(38度前後)が出やすい傾向がみられます。それが急性の夏型過敏性肺炎の段階です。

長期間に渡りカビを吸い込むことで、慢性化することもあります。慢性化すると熱は微熱程度で、咳だけが残るケースが多くなります。

激しい咳が特徴的な病気には、マイコプラズマ肺炎や百日咳・結核などがありますが、最近では5月〜10月にかけての咳は、まず夏型過敏性肺炎を疑います

過敏性肺炎についての詳細は、こちらを参考になさってください

マイコプラズマ肺炎についての詳細は、こちらを参考になさってください

 

エアコンのカビで咳喘息?

まず、こちらの症状が当てはまるか確認してみて下さい!

  • 数週間〜数ヶ月以上続く、空咳(からぜき)がでる
    ※ひどい場合は、一年以上続くこともあります。
  • 夜間や朝方に咳が出やすい
  • 長話をすると、のどが渇いたり枯れたりする
  • 喘鳴(ぜんめい)のような、ヒューヒュー・ゼーゼーといった呼吸音はない
  • 発熱や痰(たん)などの症状はほとんどない

※空咳とは痰(たん)のでない乾いた咳。

 

どうですか?これらの症状が当てはまるようであれば、「咳喘息」にかかっているかも知れません。

夏型過敏性肺炎との大きな違いは、発熱の症状がないことです。

「咳喘息」は、慢性的に咳が続く気管支の病気です

一般的な喘息と同じで、咳喘息にかかっている人の気道は健康な人よりも狭く、わずかな刺激に対しても過敏に反応してしまいます。

そのため、普通であれば問題にならないようなエアコンの冷気が引き金となってしまったり、次のようなものが原因となって発症することがあります。

  • 「ダニ」
  • 「カビ」
  • 「ホコリ」
  • 「犬、猫などの動物の毛やフケ」
  • 「花粉」
  • 「運動」
  • 「飲酒」
  • 「タバコの煙」
  • 「天候、湿度の変化」
  • 「屋内外の温度差」
  • 「ストレス」

 

似たものに、急激な気温差で起こる「寒暖差アレルギー」というものもあります。

詳細はこちらを参考になさってください。

 

咳喘息は風邪に併発して起こることが多いため、風邪をひいたあとに2〜3週間以上つづく咳であれば、咳喘息の可能性があります。

男性よりも女性に多い傾向があって、特にアレルギーのある人に多いとされています

咳喘息は「気管支喘息」の一歩手前の状態です!

放っておくと3人に1人は、本格的な気管支喘息に移行するといわれていますので、早めに治療することが大切なんです。


スポンサードリンク

 

エアコンカビが原因の過敏性肺炎・咳喘息の治療は?

予防接種を受ける患者のイラスト

それでは、夏型過敏性肺炎と咳喘息の治療法を別々に見てみましょう。

・夏型過敏性肺炎・

治療の基本は、原因となっている抗原の吸入を避けることです。自宅などの環境が原因の場合は、まずエアコンの内部を確認してみましょう!

どうですか?カビは繁殖していませんか?

次に、空気清浄機を確認してみてください!特に加湿機能がついたものは、カビが生えやすい ので小まめな掃除が必要なんです。

我が家は横着ものなので、加湿機能のない空気清浄機に買い替えました^^;

イヤ~  この空気清浄機はいいですよ!

掃除がめっちゃ楽です^^ 掃除機で吸わすだけ!フィルターの寿命も10年ですって(ほんまかいな~?若干、怪しんでいます^^;)。

後は、洗濯槽・キッチン・洗面所・バスルーム・押入れなど、カビが繁殖しそうな場所を確認しましょう。 

見つけたら、徹底的に掃除・消毒してやります 。水洗いできる場所は通常のカビ取り剤などで除去し、乾いてから消毒用アルコールを塗っておくと、カビが生えにくくなります。

さらに、風通しをよくするなどの対策も必要です。

場合によっては自宅のリフォームや転居、職場を替える必要もでてきます。症状がひどい場合は、入院してステロイド薬による治療をおこなうこともあります

 

我が家が、購入した空気清浄機はこちらです。参考になさってください!

・咳喘息・

咳喘息の治療には、気管支拡張薬(気管支を拡張させて空気の通り道を広げる薬)や吸入・経口のステロイド薬を使います。また、抗アレルギー薬を使用することもあります。

気管支拡張薬を使って咳がある程度治まれば咳喘息と診断され、吸入ステロイド薬を使った治療を開始します。最近では、吸入ステロイド薬と気管支拡張薬を一つの薬として配合した喘息治療薬も出ていて、こうした薬が処方されることもあります。

そして、夏型過敏性肺炎と同様に、原因となる抗原を取り除くことです

まずは、エアコンのお掃除から始めましょう!

日常生活での予防と対策

掃除道具のイラスト

つぎに、夏型過敏性肺炎と咳喘息の予防と対策について別々に見てみましょう。

・過敏性肺炎の予防と対策・

<カビの繁殖しやすい条件を作らない!>

浴室やキッチンなどの水周りをこまめに掃除しましょう。また、エアコン・加湿器・除湿機・空気清浄機・洗濯機などの家電も、こまめに掃除しましょう。

=カビの生育する条件=

①高湿度 

湿度が60%を超えると発生しやすくなり、80%を超えるとあっという間に増殖します。

②温度 

5~35℃の範囲で発育します。最も増殖しやすい温度は20〜30℃です。

③栄養

糖類を好みます。それ以外の食品・石鹸カス・体の垢なども栄養源にします。

 

=カビの駆除方法=

①除去

廃棄出来るものは廃棄処理する。

②消毒

消毒用エタノール・塩化ベンザルコニウム液・次亜塩素酸などを使い消毒する。

③乾燥

換気扇・扇風機・乾燥機・ドライヤーなどを使い乾燥する。

 

我が家では、カビ対策としてこちらの商品を利用しています。とても効果があって助かっています^^
※クリックするとAmazonにジャンプします。

 

・喘息咳の予防と対策・

<風邪やインフルエンザに気をつける>

風邪やインフルエンザにかかってしまうと気道の粘膜が炎症を起こしてしまうため、わずかな刺激にも反応し気道の収縮が起こります。そうなると咳喘息を発症しやすくなってしまいます。

今シーズンも、インフルエンザが大流行しました。外出時のマスクなど基本的な予防策はしっかりと行いましょう

インフルエンザ予防については、こちらを参考になさってください!

 

<たばこの煙に気をつける>

たばこの煙は気管支を刺激します。特に、たばこの副流煙は咳喘息を悪化させる原因となりますので、禁煙はもちろんのこと副流煙も吸わないよう気をつけましょう。

<飲酒に気をつける>

お酒の飲み過ぎに注意しましょう。アルコールを摂取すると体内でアセトアルデヒドという物質が発生します。このアセトアルデヒドは気道を収縮させる働きがありますので、咳が出やすい状態になります。

<掃除をこまめにする>

アレルギーを起こさない環境を整える必要があります。ハウスダスト・カビ・花粉・ペットの毛などアレルゲンの排除は不可欠です。

過敏性肺炎と同様にこまめな掃除を心がけましょう

<寒暖差に気をつける>

急激な気温の変化は、咳喘息の発作を引き起こします。日中の寒暖差や屋内外の気温差、エアコンの冷気に当たらないなど気を使いましょう

寒暖差アレルギーの危険性もありますので注意が必要です。

寒暖差アレルギーの詳細はこちらを参考になさってください。

 

<ストレスを溜めない>

ストレスも気道を過敏にさせる原因となります。日頃から適度な運動を行うなどストレス解消を心がけましょう。また、睡眠や休養を疎かにしないことも大切です。

<食生活に気をつける>

当たり前のことですが、暴飲暴食を避けバランスの良い食事を心掛けましょう。


今日のおさらい

 エアコン内部のカビやハウスダストで、アレルギーを起こす
 暑い時期に罹りやすいのが「夏型過敏性肺炎」
 発熱がなく、数週間以上つづく咳は「咳喘息」の可能性
 咳喘息は、気管支喘息の一歩手前の状態
 カビの発生しない環境作りが大切
 掃除が一番の治療
 気管支拡張薬や吸入・経口のステロイド薬。また、抗アレルギー薬が処方される

今日は、エアコンと咳の関係性や季節的な要因、また治療や予防と対策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

近年、増え続けるエアコンが原因となるアレルギー症状!新たな現代病とも言えるかも知れません。しかし、快適で安全な生活をするには、エアコンは欠かせない存在となっています。

生活を支えるはずのエアコンが、病気の原因となってはいけません。そのためには、普段から掃除をすることが大切であって、いかにアレルゲンとなるカビやホコリを発生させないかが重要となってきます

定期的な掃除と、カビを発生させないための予防策を実施してみてください!

 

梅雨のカビ対策は、こちらを参考になさってください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ココアパウダー

2016.11.20

ココアでインフルエンザ予防、早くも流行の兆し|7つの健康パワーが凄い!

今年もインフルエンザの季節が近づいて来ました。毎年、予防摂取を受けているおかげか8年前を最後に罹っていませんが、やはりこの時期はマスクが欠か…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る