二日酔いにコーヒーは効果あり?それとも悪化する?本当はどっち?

カフェラテの俯瞰写真

これから年末年始にかけて、お酒を飲む機会が増えますよね!忘年会に新年会、クリスマスにお正月、我が家では子供の誕生日もあって、みんなでわいわいとパーティーづくしで嬉しいけど、うっかり飲み過ぎちゃうこともあるんですよね。

そうなると、次の日は二日酔いで辛い思いをするわけです。>_<

そんなことを繰り返している私ですが、二日酔いにコーヒーが良いと聞いたので調べてみました。すると効果ありと言う意見と二日酔いが悪化するという意見に分かれてしまいました

そこで今日は、本当にコーヒーが二日酔いに効くのか?それとも悪化させてしまうのか?また、その理由について掘り下げていきますので、是非チェックしてみてください。

理解を深める為に、はじめに二日酔いになる原因から簡単に見てみましょう

関連記事はこちらです ⇒ 「コンビニコーヒー、添加物の危険性は?|砂糖とミルクは必要ですか?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

そもそも二日酔いとは?

二日酔いの原因は、当たり前ですが飲みすぎです。

翌日までアルコールが残ってしまうほど飲んでしまった結果が、あの辛~い頭痛や吐き気です!他にも胃痛や胸やけ、下痢なども起こります。

二日酔いが起こる原因は、大きく分けて2つあります!

1つ目は、「アセトアルデヒド」という毒性の物質です

アルコールは体内に入ると胃から20%、小腸から80%が吸収され、その大部分が肝臓で分解されアセトアルデヒドという物質に変化します。さらに酢酸へと形を変えて全身をめぐります。酢酸は水と二酸化炭素に分解され、最終的には汗や尿、呼気中に含まれて体外へ排出されます。

しかし、アルコールを摂取しすぎるとアセトアルデヒドが分解されずに全身にまわってしまいます。すると神経細胞に影響を与え、二日酔い特有の頭痛や吐き気が現れます。

2つ目は、「胃食道逆流症(逆流性食道炎)」です

アルコールが胃酸の分泌を促し、胃酸過多になります。胃の入り口は逆流を防ぐために下部食道括約筋によって普段は細く締まっていますが、お酒を飲み過ぎるとアルコールの作用で緩んでしまいます。

そうなると胃液が食道に逆流してしまい、吐き気・胸焼け・胃のムカムカといった二日酔いの症状を発症します。

  1. 肝臓の処理能力を超えるアルコールの摂取

  2. アルコールの作用で、胃液が逆流

 

つまり、アルコールによる副作用と言いますか・・・「飲みすぎ」なんです。

あと原因として考えられるのは、脱水低血糖です。これらも、アルコールの作用により引き起こされます。

それでは、コーヒーが二日酔いに効くのかどうかを見ていきましょう

本当にコーヒーは二日酔いに効くのか?

二日酔いの主婦

初めにお伝えしましたが、二日酔いの頭痛や吐き気の原因の一つが体内に残った毒素(アセトアルデヒド)です。

アセトアルデヒドには血管を拡張させる作用があります。拡張した血管が神経を圧迫することによって頭痛が引き起こされます 。そこで、コーヒーに含まれるカフェインがチカラを発揮してくれます。

カフェインには血管を収縮する作用があるため 、アセトアルデヒドによって拡張された血管を元に戻し頭痛をやわらげてくれます。また、カフェインには肝機能をアップする効果 もあるのでアセトアルデヒドの分解を助けてくれるんです。

さらには、利尿作用も高いため、尿として体内の毒素を追い出すこともできます

これが、コーヒーが二日酔いに効くメカニズムです

二日酔い以外の健康効果も凄いです!

・コーヒーの健康効果・

  1. 認知症・アルツハイマー病・パーキンソン病の予防効果
  2. 覚醒作用
  3. 仮眠に最適
  4. リラックス効果
  5. ダイエット効果
  6. 胃の活性化(消化の補助)
  7. 便秘解消(整腸作用)
  8. ガンの予防
  9. 脳腫瘍の予防
  10. 動脈硬化の予防
  11. 肝硬変の予防
  12. 2型糖尿病の予防
  13. 冷え性の解消
  14. 二日酔いの解消
  15. 運動能力の一時的な上昇
  16. うつ病の予防
  17. ニキビの予防
  18. 美白効果(アンチエイジング効果)
  19. むくみの解消
  20. 消臭効果

 

コーヒーには、嬉しい健康効果がたくさんありますね。^^

詳しくはこちらの記事で紹介しています。参考になさってください!

 


スポンサードリンク

 

コーヒーを飲むときの注意点は?

・脱水症状と低血糖・

注意したいのは、脱水低血糖による二日酔いの頭痛です。

アルコールの利尿作用で、飲んだお酒の量以上に水分が失われることで起こります。また、低血糖も頭痛や体のだるさといった二日酔いの原因となります。大量のアルコールを飲むと、肝臓がアルコールの分解にかかりきりになり、糖分をつくりだすことができなくなってしまい低血糖に陥ります

もしあなたがこの脱水症状を起こしていたら、コーヒーを飲むことでカフェインの利尿作用が加わり、さらに脱水へと向かう可能性も

二日酔いが酷いときは、そうならないために水やスポーツドリンクを一緒に飲むようにしましょう。スポーツドリンクには、糖分やミネラルも含まれていて低血糖の改善にもなります。

また、ブラックで飲むよりも砂糖やミルクの入ったカフェオレなどを飲む方が、弱った胃腸にも優しく低血糖にもいいですね

※ミルクというのは、牛乳や生クリームのことです。間違っても、コーヒーフレッシュは使わないでくださいね。油と水と添加物の混ぜ物なので、逆に胃に悪いかも…。

詳細は「コーヒーフレッシュが危険、トランス脂肪酸とは」をご覧ください

 

コーヒーを飲むと二日酔いが悪化する?

既に答えが出てしまいましたが、軽度の二日酔いなら普通にブラックで飲んでも大丈夫なのですが、重度の場合は飲み方を工夫しないと悪化します

恐らくこのことで、「二日酔いにコーヒーを飲むと悪化してしまう」という話しになるのでしょう!

結論は、コーヒーは正しい飲み方をすれば、二日酔いに効果ありです!間違えた飲み方をすると逆に悪化させます

では次に、正しい飲み方を紹介しますので参考になさってください。

二日酔いにコーヒーの正しい飲み方!

OL

<軽度の二日酔いの場合>

  • ブラックでも、砂糖・ミルク入りでもお好みでOK!
  • ホットでもアイスでもお好みでOK!
  • 多くても、一日に4杯まで
  • 水やスポーツドリンクを一緒に飲みましょう

 

<重度の二日酔いの場合>

  • ブラックは、胃腸を刺激するのでNG
  • 砂糖・ミルク入りで飲みましょう
  • できればホットで飲みましょう(アイスは胃腸を刺激してしまう
  • 一日に2〜3杯まで
  • 水やスポーツドリンクを一緒に飲みましょう

 

※軽度の場合でも、胃腸に違和感があるときは、砂糖とミルクを入れて飲むようにしましょう。

コーヒーは二日酔いに関わらず、飲みすぎるとプラスの効果を打ち消してしまいますので注意が必要です

コーヒーの正しい飲み方・間違った飲み方については、こちらを参考になさってください

 

アルコールの分解スピード

「アルコールの分解スピード」を、ご存知ですか? 参考になさってください!

肝臓は、いわばアルコールの分解が行われる「処理工場」です!

その分解スピードには個人差がありますが、一般的に体重約60kg~70kgの人で1時間に処理できるアルコールは、およそ5g~7g程度です。

ビールロング缶(500ml)のアルコール含有量が約20gです。これを分解するには、約3~4時間かかる計算になります。

遺伝的にお酒に弱い人や女性は、分解にさらに長い時間がかかります。


今日のおさらい

 二日酔いの原因は、アセトアルデヒドと胃液の逆流と脱水と低血糖
 カフェインが頭痛をやわらげる
 カフェインが肝機能を高めアルコールの分解を補助
 カフェインの利尿作用でアセトアルデヒドを排出
 コーヒーを飲む際、脱水と低血糖に注意
 コーヒーは正しく飲めば二日酔いに効果あり
 コーヒーは間違った飲み方をすれば逆効果

今日は、本当にコーヒーが二日酔いに効くのか?それとも悪化させるのか?また、その理由について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

コーヒーを飲むと二日酔いは緩和されるのか?答えは、正しく飲めば緩和される。でしたね!

飲み方次第で、緩和もさせるし、悪化もさせる。コーヒーは諸刃の剣だったんです

これから二日酔いになったときは、正しい飲み方を思い出して試してみてくださいね。

二日酔いにならないのが一番ですけどね^^

私は、りんごやトマトでの対策をオススメしています!

二日酔いの朝に最適なりんごについて紹介しています。参考になさってください!

二日酔いの朝にトマトジュースが効く理由などを紹介しています。参考になさってください!

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

インフルエンザワクチンと注射器

2018.10.13

インフルエンザ予防接種の効果と副作用!時期や回数・接種すべき人は?

そろそろ、インフルエンザの予防接種の予約をした方がいいのかな〜〜?昨シーズンは、ワクチン不足で慌てましたからね。子供は本来2回のところ、1回…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る