マーガリンやショートニングは危険な油|トランス脂肪酸から身を守る方法

フライヤーで揚げているドーナツ

2018年6月、ついにアメリカで使用禁止になりましたトランス脂肪酸ですが、日本での対応はまだまだのようです。

全面禁止になったのは部分水素添加油脂(partially hydrogenated oils =PHOs)」で、これを原料としているのがマーガリン・ファットスプレッド・ショートニング・クリームなどの食品です。私たちが普段から食べているものだけに、心配になります。

今日はマーガリンやショートニングに含まれているトランス脂肪酸の危険性!また、トランス脂肪酸から身を守る方法について考えてみたいと思います。

関連記事はこちらです ⇒ 「アイスクリームに植物油脂、なぜ必要|トランス脂肪酸と添加物の危険性!」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

マーガリン・ショートニング・ファットスプレッドの違い

バターの代替え品としてマーガリン・ファットスプレッドが、ラードの代替え品としてショートニングが使われます。

<マーガリン>

油脂の含有率が80%以上をマーガリン、80%未満をファットスプレッドと区別されています。マーガリンの中には、100g当たり10g以上のトランス脂肪酸が含まれているものもあります。

<ファットスプレッド>

ファットスプレッドは、マーガリン類に属します。油脂含有率が80%未満のもので、家庭用のマーガリンとして販売されているものの多くはファットスプレッドです。マーガリンよりも水分が多いので柔らかくて塗りやすいのが特徴です。

<ショートニング>

常温で半固形状の油脂で、マーガリンから水分と添加物を除いて純度の高い油脂にしたもので、「無水マーガリン」とも呼ばれます。クッキーやビスケットなどの焼き菓子やパンに練り込んだり、アイスに添加したり、揚げ物用油として使われます。

トランス脂肪酸が危険な理由

マーガリンやショートニングの原料となる部分水素添加油脂(植物油脂または加工油脂と表示される)に含有する「トランス脂肪酸」が危険な理由をおさらいしましょう。

トランス脂肪酸は、「食べるプラスチック」や「プラスチックオイル」ともいわれていて、成分がプラスチックと似ているらしい・・・(実際には違います)。いったん体内に摂り入れるとなかなか排出されず蓄積されてしまいます。

トランス脂肪酸はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ、さらに肝臓に悪影響を及ぼし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減少させてしまうという2倍のマイナス効果を持っています。

私たちのカラダは、トランス脂肪酸を他の油と同じように処理しようとしますが、通常ではあり得ない分子構造をしているために処理しきれず溜め込んでしまった結果が、コレステロールのバランスを崩し動脈硬化をはじめ、心臓疾患・癌などのリスクを高めることに。

他にも、免疫機能・認知症・アルツハイマー病・パニック障害・ADHD・情緒不安定・うつ・集中障害・アレルギー・アトピー・不妊・糖尿病などのリスクも。

WHO(国連世界保健機関)の予測によれば、年間50万人以上がトランス脂肪酸の過剰摂取による心血管疾患で命を落としているといいます。

トランス脂肪酸が「食べるプラスチック」と言われる理由は、こちらを参考になさってください

 

腐らない・カビない・虫も寄らないマーガリン(ショートニング)

マーガリンがバターよりも低カロリー、低脂質でヘルシ-と謳われていたのは大きな間違いでした。マーガリンやショートニングは腐らないしカビも生えない、虫も食べません。

それって食品なの? と思いますが・・・。

実験では、ショートニングを使って揚げたファーストーストフード店のポテトは6カ月が経過しても腐りませんし、カビも生えませんでした。

また、フィンランドでマーガリンを日常的に使う人とそうでない人、1200人を追跡調査した研究が行われました。10年後、マーガリンを日常的に使った人の死亡率が1.4倍。心臓病の罹患率にいたっては、2.4倍という結果がでました。

私も子供のころ、マーガリンを塗ったトーストを毎朝食べていました。マーガリンがたっぷり入った菓子パン、これも大好きで良く食べていました・・・。こわっ!

それが原因なのかは分かりませんが、20歳で原因不明の皮膚病を患うことになりました。それから完治するまでに、なんと15年の時間を費やしました。いや〜〜長かったです。

トランス脂肪酸を含有する食品

では、トランス脂肪酸はどんな食品に含まれているのでしょうか?

外食や加工食品では、トランス脂肪酸のリスクが高い食品が非常に多くあります。少しでもリスクを低減できるようトランス脂肪酸を含む食品を知っておく必要があります。

それでは、食品表示を見てみましょう!

『マーガリン』
『ファットスプレッド』
『ショートニング』
『植物油脂』
『加工油脂』

このように表示されているものは、すべてトランス脂肪酸が含まれています。植物性油を原料に、植物油脂(加工油脂)を製造する際に副産物としつてトランス脂肪酸が生成されます。

そして、その植物油脂(加工油脂)を原料としてマーガリン・ファットスプレッド・ショートニングが製造されます。さらに、マーガリン・ファットスプレッド・ショートニングを原料として作られた最終製品がこちらです。

<最終製品例>

•ケーキ •パン類 •パイ •ピザ •クッキー •ビスケット •チョコレート菓子 •ラクトアイス •コーヒークリーム(フレッシュ) •ホイップクリーム •ドーナツ •ポテトチップス •スナック菓子 •カップラーメン •インスタント食品 •冷凍食品 •カレーやシチューのルー •マヨネーズ •揚げ物全般

見て分かると思いますが、私たちが普段から食べているものばかりです。


スポンサードリンク

食用油も中には危険なものも

通常の食用油の場合でも製造法によっては危険なものがあります。

<圧搾法と抽出法>

大豆や菜種などの食用油には「圧搾法」で搾られたものと、「抽出法」で化学的に作られた2種類があります。

「圧搾法」

  • 昔ながらの低温で搾る油です。
  • 安全で栄養の面でも優れています。

「抽出法」

  • 様々な薬品を使って油を溶かし出し、高温で無味無臭に精製する油です。
  • 効率的でたいへん安く製造できますが、多くのトランス脂肪酸を生成してしまう危険な油です。

※オリーブオイルの場合では、「エキストラバージン」と明記されているものだけが、圧搾法で作られていることが保障されています。安価なものには、搾りカスを高温・高圧で溶かし出したものが多く、危険な油です。

食用油に関しては、価格が安全性に比例しているようです。

トランス脂肪酸の含有量一覧表

次に、トランス脂肪酸を多く含む食品の一覧です。

食品名トランス脂肪酸含有量(g/100g)
バター2.2
マーガリン13
ファストブレッド13
ショートニング31
ホイップクリーム12
コーヒーフレッシュ3.4
生クリーム1.2
スポンジケーキ2.2
ドーナツ1.6
クロワッサン3.0
パイ生地7.3
クッキー3.8
ビスケット2.5
ポップコーン13
ポテトチップス1.5
スナック菓子類1.3
牛肉(ロース・サーロイン)1.4
牛肉(ハラミ)1.5
ラード1.1
牛脂2.7
植物油1.7
チーズ1.5
マヨネーズ1.7
カレーのルー1.6
ハヤシライスのルー4.6

ショートニングが飛び抜けています。マーガリンも当然、高い数値ですね。

ポップコーンが以外と高くてビックリしました!

トランス脂肪酸から身を守る方法

なにも規制されないこの日本の現状で、私たちはどうやって身を守れば良いのでしょうか?

答えは、「自分の身は自分で守る」

それしかありません。子供の場合は、親が守るしかありません。

毎日の買い物をしているママさん・パパさんが気をつけるしか、家族を守る方法がないんです。

  1. 食品表示を見て、買うものを選ぶ
  2. トーストには、マーガリンではなくバターを使う
  3. カップ麺など、インスタント食品は避ける
  4. 外食をする際は、ファーストフード店に行かない、揚げ物は頼まない
  5. スーパーで、お惣菜コーナーの揚げ物は買わない
  6. 油は未精製のもの、抽出法でなく圧搾法の油を選ぶ(キャノーラ油・ピーナツ油・オリーブオイル・ココナッツオイルなどを選ぶ)
  7. お菓子は和菓子やナッツ類を選ぶ(大福・団子・饅頭などの和菓子には、ほとんどトランス脂肪酸は含まれていません)、洋菓子を食べたいときは、バターを使った手づくりのものを選ぶ

以上のようなことを、気をつけて見てください!

毎日のことですから、これらを心がけるだけで全然違ってきます。トランス脂肪酸の摂取量を減らすことができるんです。

忙しくて、カップ麺に頼ることもあるかと思います。付き合いで、ファーストフード店に行かざるおえないこともあるかと思います。コンビニやスーパーなどで売られている、スナック菓子を食べてしまうこともあるかと思います。

すべてを避けることは、はっきり言って無理です。ですが、心がけしだいで結果はまったく違ってきます。私たちのカラダは食べたもので作られます。ですから、悪いとされるものは、極力減らし、良いとされるものはバランス良く摂る。当たり前のことですが、それが大事ではないでしょうか。

今の日本は、私たちの健康より経済を優先しているようです。アスベストや薬害エイズなどで起きてしまった悲劇を繰り返さないでほしい。

心からそう願います。

トランス脂肪酸が世界各国で、どう扱われているのか?日本の対応はどうか?詳細はこちらをご覧ください


今日のおさらい

 トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングの原料となる植物油脂に含有
 トランス脂肪酸がさまざまな病気を引き起こす
 ショートニングを使って揚げたポテトは腐らない
 マーガリンを日常的に使った人の死亡率が1.4倍。心臓病の罹患率は、2.4倍
 通常の食用油でも、製造法によっては危険なものも
 自分の身は自分で守る

今日はマーガリンやショートニングに含まれている、トランス脂肪酸の危険性などを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

海外で規制がかかっている油です。日本でも早く使用禁止にしてほしいというのが本心ですが、まだまだ時間がかかりそうです。せめて食品表示くらいは諸外国を見習う努力を見せてほしいです。

自主的に、トランス脂肪酸の低減に取り組む企業もあって、すでに「トランス脂肪酸フリー」の食材やパン・クッキーなども販売されていますので、こちらもご利用ください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

カフェラテの俯瞰写真

2018.10.31

二日酔いにコーヒーは効果あり?それとも悪化する?本当はどっち?

これから年末年始にかけて、お酒を飲む機会が増えますよね!忘年会に新年会、クリスマスにお正月、我が家では子供の誕生日もあって、みんなでわいわい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る