寒暖差アレルギーの症状や治療と対策|鼻水・くしゃみ・蕁麻疹・頭痛や熱も?

いや〜、今年の夏は暑かった!やっと朝晩、涼しくなってきましたね。といっても、日中はまだまだ暑い地域も多いと思いますが、コウロギや鈴虫の鳴き声も聞こえ始めてきたので、秋の訪れも近くなってきたのではないでしょうか。

ところで、春先や秋口など季節の変わり目に、体調を崩してしまう人も多いのでは?私も決まって、体調が悪くなります。湿疹が出たり、くしゃみ・鼻水が止まらなくなったりと、アレルギー反応に似た症状が出てしまいます。一日の中で気温の変化が激しくなり、寒冷刺激によって引き起こされているんです

今日は、寒暖差アレルギーについて紹介させていただきます。

関連記事はこちらです ⇒「寒冷アレルギーの症状と起きる環境|予防法と治療法は?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーは医学的には「血管運動性鼻炎」と言われ、主な症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・カラダの痒みなどがあります。血管運動性鼻炎は、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。

血管は寒いと縮み、暑いと広がります。寒暖差が激しいと血管の収縮が環境に追いつけなくなり、自律神経がパニックを起こしカラダに不調が現れるんです。

自律神経は、5°C以上の急激な気温の変化には対応できず、気温差が7℃以上になると、とくに症状が出やすくなるといわれています

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)の症状は?

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・咳・蕁麻疹・湿疹・イライラ・食欲減退・胃腸が弱る・下痢・頭痛・発熱(まれ)・睡眠障害・倦怠感・かゆみなど

 

アレルギー性鼻炎と症状は良く似ていますが、実はアレルギーの反応とは違うんです。アレルギー性鼻炎の場合、鼻から吸い込まれた花粉やハウスダスト・ダニといった抗原(アレルゲン)が、鼻の粘膜でアレルギー反応を起こすことで症状が現れます。

それに対して血管運動性鼻炎は、特定のはっきりとした原因が分かっていません。気候の変化や急激な温度差で起きますが、それ以外にも、タバコの煙や刺激の強い臭いなども症状を引き起こします。

一般的に痩せている人や筋肉量の少ない人 、自律神経の乱れやすい人が寒暖差アレルギーになりやすく、男性よりも女性の方が多いようです。

そういえば・・・。私の場合、ヘルニアの手術をしてからジム通いを止めて、さらにはダイエットで12kgも減量したのですが、それが原因の一つかも知れませんね?
いや~ まいりましたね。

「私が実践したダイエット法5つを公開」こちらも参考になさってください

 

花粉症や風邪との違いは?

先ほども言いましたが、アレルギー性鼻炎の症状と似ていますので、花粉症や風邪の症状と間違えてしまうことも!

<花粉症との違い> 

花粉症の場合目がかゆい・充血する鼻水や痰が黄色い
寒暖差アレルギーの場合目はかゆくない・充血しない鼻水や痰は透明

<風邪との違い>

風邪の場合鼻水や痰が黄色い発熱がある
寒暖差アレルギーの場合鼻水や痰は透明 発熱はまれ

 

花粉症対策についてはこちらを参考になさってください

 

寒暖差アレルギーの原因

冷えすぎ・急激な温度変化・過度なストレス・生活リズムの乱れ・過度なダイエット・刺激臭・タバコ・アルコールの過剰摂取・空気の乾燥・寝不足・ハードワークなど。

 

以上のような原因が考えられますが、寒暖差アレルギーには特定のアレルゲンがありません
また、風邪のような感染症とも違うので、鼻水から始まって喉の痛みや発熱など、免疫による防衛反応は起こりません。

寒暖差アレルギーでは熱が出ることはまれで、鼻水は水のようにサラサラしているのが特徴です。

寒暖差アレルギーの対策

寒暖差アレルギーを、一度発症してしまうとその症状を一時的に抑える薬はあっても、完治させる薬はありません。花粉症などのアレルギーと同じで外的要因が加われば、そのたびに症状が現れます

寒暖差の大きい季節には、自律神経がパニックを起こさないように、服装だったりエアコンの温度管理、食事だったりと生活習慣に気をつけて、症状が出ないよう予防するしかありません
まだ、症状が出ていない人もいつ発症するか分かりませんので、同じように気をつけていた方がいいと思います。

<カラダを冷やさないように気をつける>

  1. 寒暖差を感じないよう洋服を調節する
  2. 汗をかいた時はすぐに着替える
  3. 寒い日にはマスクを着用する(乾燥した冷たい空気で鼻の粘膜を刺激しない)
  4. お風呂はシャワーですませずに、湯船に浸かってカラダの芯から温める(リラックスすることで自律神経を整える)

<適度な運動で体力・筋肉をつける>

寒暖差アレルギーを発症しやすいのは、筋肉量の少ない高齢者や女性と言われています。筋肉をつけることで、体内の熱を保つことができるので、気温差に対応する力がつきます。ウォーキングやストレッチなど、適度な運動を意識的に取り入れて、基礎代謝をあげていきましょう。

<食生活に気をつける>

エネルギーとなるタンパク質や、疲労回復に良いビタミン・ミネラルなどを積極的に摂取しましょう。また、生姜やにんにくは血行を促進する効果が期待できるのでオススメです!

<自律神経のバランスを整える>

自律神経には主に昼間、カラダを活発に動かす交感神経と、夜間にカラダを休める副交感神経との2種類があります。

ストレスが多い生活をしていたり、夜更かしをしてしまうなど不規則な生活リズムでいると、交感神経が過剰に働き自律神経のバランスが崩れてしまうんです。

規則正しい生活とストレスを溜めない工夫が必要です。自分なりのリラックスできる方法を見つけたり、お風呂にゆっくり入ることも自律神経を整えるのに効果的です。

寒暖差アレルギーの治療法

医療機関での治療は症状を抑える対症療法が基本となります 。内服薬は、自律神経の働きを整える抗ヒスタミン薬、鼻の炎症を抑える点鼻薬は、副腎皮質ホルモン(ステロイド)薬が処方されることが多いです。

薬物治療を行っても改善がみられない場合は、レーザーや電気で鼻の粘膜を焼くといった手術が行われることもあります。


今日のおさらい

 寒暖差アレルギーは、医学的には「血管運動性鼻炎」と言う
 主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・カラダの痒みなど
 寒暖差アレルギーは、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こる
 気温差が7℃以上になると、とくに症状が出やすくなる
 アレルギー性鼻炎の症状と似ているが、アレルギーの反応ではない
 生活習慣に気をつけて、症状が出ないよう予防するしかない
 治療は症状を抑える対症療法が基本、完治は難しい

今日は、寒暖差アレルギーについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

寒暖差アレルギーは、完治は難しい病気とされていますが、服薬はもちろん軽い運動やストレスの軽減、規則正しい生活を心がけることで症状を緩和させることができます。また、クーラー病(冷房病)とも良く似ていますので、併せて対策をとると、なお良いと思います。

「クーラー病の症状や原因と5つの対策」も参考になさってください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

スマホを触る女性

2018.6.17

スマホ老眼にならないために、やること9つ! まとめてみました

あなたも「老眼」ではありませんか?最近、手元の文字が見づらかったり、ぼやけたりしていませんか?まだ若いから、老眼なんて〜。そう思ってるあなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る