黄砂アレルギーの症状や予防策・検査をするには?PM2.5まで連れてくる

ゴールデンウイークも終わり、そろそろ花粉症が落ち着いてきた私ですが、あなたはいかがですか?しっかり花粉症対策はできましたか?

花粉症対策の記事はこちらです → 「花粉症を食べ物で対策しよう!基本的な対策と注意すべきポイントも」

花粉の飛散量は減りましたが、同じ時季に中国から飛んでくる黄砂によるアレルギーで、同じような症状を起こす人もいますので注意が必要です。

今日は、“黄砂アレルギー”について紹介させていただきますので、ぜひチェックしてみてください!

関連記事はこちらです ⇒ 「エアコンのカビで止まらない咳を治療!夏型過敏性肺炎や咳喘息は?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

黄砂は、どこから来るの

砂漠のイラスト

黄砂は、中国のゴビ砂漠タクラマカン砂漠などに強風が吹いて、大気中に巻き上げられる砂のことです。

この黄砂が日本海を渡って日本にやってくるとき、非常に細かい砂ぼこりとなります 。空が黄色くかすんで見えたり、洗濯物が汚れたり車に黄色っぽい砂が積もるなど、私が住む西日本でもよく起こります。

黄砂でアレルギー?症状は?

日本まで飛んでくる間に、黄砂に大気中の化学物質細菌などが付着してきます。

このために、吸いこんでしまうと気管支ぜんそくなどの原因にもなりますし、目に入るとアレルギー性結膜炎を起こしたり、鼻に入るとアレルギー性鼻炎を起こし、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど花粉症と同じような症状を引き起こします。

さらに、黄砂に含まれるカビ・ダニ・ホコリなどが原因のアレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎などを発症する場合もあります。

黄砂は花粉より怖い?

花粉黄砂イラスト

スギ花粉は直径30~40μm、黄砂は約4μm、黄砂の中にも含まれるPM2.5は2.5μm以下と花粉に比べ、かなり小さい粒子です。

そのため体内の奥深くまで入り込みやすく危険なんです。そうなるとアレルギー症状だけでなく、肺炎や喘息といった呼吸器系疾患に繋がります 。さらにPM2.5が血液中に入って心臓疾患になることも。

こうした事態を防ぐには、体内に入れないことが大切。最近ではPM2.5対応の高機能マスクや、黄砂・花粉を防ぐためのメガネも広まっています。

黄砂の影響を受ける地域は、花粉症対策以上に気をつける必要がありそうです。

PM2.5の関連記事はこちらを参考になさってください!

 

黄砂は、ほぼ周年に渡ってやってくる

黄砂のイラスト

黄砂は、気象条件によりいつの季節でも飛びますが、その中でも3月・4月をピークに、2月から5月にかけての飛来が9割です。

スギやヒノキの花粉症が落ち着く頃です。アレルギー症状が出やすい人は、注意が必要です。

黄砂アレルギーの予防対策

花粉症女性のイラスト

  1. 高性能マスク
  2. メガネ
  3. 飛来のひどい日は外出しない
  4. 布団や洗濯物は外に干さない
  5. 空気清浄機を活用する

 

外から帰ってきたら手や顔を洗い、うがいをする。外のほこりをできるだけ室内に持ち込まないようにするなど、花粉症対策と同じです

また、うがいは喉だけでなく「鼻うがい」も行うと症状の緩和に役立ちます

 

高性能マスク、こちらを参考になさってください!
☑ amazonで探す  ☑ 楽天市場で探す

メガネは、こちらを参考になさってください!
☑ amazonで探す  ☑ 楽天市場で探す


我が家では、こちらの空気清浄機を使用しています。

0.3µmの微小な粒子を99.97%以上、集じんしてくれるので、黄砂もPM2.5も安心です。参考になさってください!

 

黄砂アレルギーかどうかを検査できるの?

実験をしている女性スタッフ

まず、「黄砂」そのものがアレルギーを引き起こすアレルギー物質ではありません。

黄砂に付着している排ガスやPM2,5などの有害物質だったり、ダニの糞やカビといったものがアレルゲンとなります。そのため、検査で「黄砂アレルギー」を明らかすることは難しいかも知れません

それでも、黄砂が飛散する季節(2月~5月)になんらかのアレルギー症状が出たら、まずはアレルギー科を受診してみることをお勧めします。

「黄砂アレルギー」という診断は出ないかもしれませんが、同じ時期に発症する「花粉症」や「寒暖差アレルギー」など、他の原因による症状なのかどうかはわかります。

原因が分かれば予防や対処がきちんとできるので、症状の軽減ができますよね。

悪化する前に病院へ行きましょう。

 

寒暖差アレルギーについて詳細は、こちらを参考になさってください


今日のおさらい

レ点3 黄砂は中国の砂漠からやってくる
レ点3 黄砂に付着した大気汚染物質などでアレルギーが起きる
レ点3 花粉より粒子径が小さく危険である
レ点3 PM2.5を一緒に連れてくる
レ点3 2月〜5月にかけて飛来する
レ点3 対策はマスクやメガネなど花粉症と同じ
レ点3 室内では空気清浄機が必須
レ点3 検査で「黄砂アレルギー」を明らかすることは難しいかも

今日は、黄砂アレルギーの症状や予防策、検査についても見てきましたがいかがでしたでしょうか?

私が住む西日本では、花粉症対策に引き続き黄砂対策も必要なようです。

今、アレルギー症状が出ていない人も、いつ発症するか分かりません。

私は大丈夫!などと思わないで、今から対策をしておいた方がよいかもしれませんね。

 

アレルギー対策に有効な「アスタキサンチン」については、こちらを参考になさってください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.2.19

花粉症を食べ物で対策しよう!基本的な対策と注意すべきポイントも

先日、PM2.5の記事を書いたときはかなり気温が上がっていましたが、また真冬に戻ってしまいましたね。しかしながら、2月に入ってから花粉の量が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る