カラメル色素 けっこうヤバイ添加物|その噂、ホント?

前回、「食品添加物の着色料は危険、天然と合成を一覧で紹介!」で着色料について紹介しました。“よく使われる着色料”の章で「カラメル色素」について、少しだけ触れましたが…。

この「カラメル色素」に危険性があるかもしれないという話をきいたので、今日はもう少し掘り下げてみたいと思います、是非チェックしてみてください。

関連記事はこちらです ⇒ 「コチニール色素が使われた食品を一覧で紹介|着色料は危険?アレルギーも?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

カラメル色素とは

まずは「カラメル色素」の概要を、簡単に紹介しておきますね。

褐色の着色料として、使用する食品添加物です。

用途が最も広く、着色料の80%以上を占めます。

コーラ、紅茶、黒ビール、菓子類、ソース、しょう油、スープ、つくだ煮など。

その他、薬品、化粧品、ペットフードにも使われています。

主な製造法は、デンプンや糖蜜(砂糖精製時の廃糖蜜)に酸やアルカリを加え、加熱処理して工業的に生産します。

 「カラメルⅠ」は糖類を加熱してつくる昔ながらの方法です。

「カラメルⅡ」は糖類に亜硫酸を加えて加熱してつくります。

「カラメルⅢ」は糖類にアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱してつくります。

「カラメルⅣ」は糖類に亜硫酸とアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱してつくります。

以上の4種類が既存添加物として許可されています

不親切な食品表示

食品表示は、いづれも「着色料(カラメル)」,「カラメル色素」と表示することが認められています。

ということは、4種類のうちどれを使用しているのか、私たち消費者には分からないという、なんとも不可解なルールになっています。

このへんも、「危険じゃないの~??」って言われる要因の一つかも知れませんね!

一日摂取許容量(ADI)が設定されているカラメル色素

 カラメルII・III・IVに対しては一日摂取許容量(ADI)が設定されています。

※ ADI: Acceptable Daily Intake (一日摂取許容量)とは、食品添加物や農薬など意図的に食品に使用される物質について、 一生涯毎日摂取しても健康への悪影響がないとされる、一 日あたりの摂取量のことです。

通常、体重 1kgあたりの物質量「mg/kg/体重/日」で示されます。

ADIの決定は、まず、ラットやマウスの実験動物を使った毒性試験で、一回だけ摂取した 時の影響・一生涯継続的に摂取した時の影響・生まれ てくる仔への影響・遺伝子への影響・発がん性の有無 などを調べます。

それぞれの試験で毒性を示さなかった量のうち、最も小さい値を無毒性量(NOAEL:no-observed adverse effect level(mg/kg/日))としています。

この無毒性量は実験動物に対するものなので、ヒトに適用するために無毒性量に通常100倍の安全係数を使って算出します

これは、実験動物とヒトの間で感受性の違いによる安全性を10倍、ヒトの性別・年令・健康状態などの違いによる安全性を10倍と見込み、かけ合わせて100倍としたものです。

※長年の経験的・実証的な知見により、一般に100倍の安全係数を使うことによって安全性を確保できるとされていますが、試験データが不足している場合などは、200倍~500倍の安全係数が採用されることもあります。

 

添加物名:カラメルⅠ

  ADI: 特定しない

添加物名:カラメルⅡ

  ADI: 0~160mg/kg bw/day

添加物名:カラメルⅢ

  ADI: 0~200mg/kg bw/day、 固形分として0~150mg/kg bw/day

添加物名: カラメルⅣ

  ADI: 0~200mg/kg bw/day、 固形分として 0~150mg/kg bw/day

 

例えば、「カラメルⅡ」であれば 、「ADI: 0~160mg/kg bw/day」ですから、

体重60kgの人で考えると

一日で9.6gの量を毎日、生涯に渡り摂取したとしても大丈夫

ということです。

こうやって数字でみると分かりますが、相当な量を食べても大丈夫なんです。て、いうか…。

そんな量を食べる方が無理な話ですよね?

じゃあ、なんで危険だという噂が流れたのだろう?


スポンサードリンク

 

Acceptable Daily Intake (ADI)だれが設定してるの

研究者の男女 イラスト

一日摂取許容量(ADI)の設定を含め、食品添加物や農薬などの安全性の評価は、リスク評価機関である食品安全委員会(内閣府)が実施しています。

着色料は毎日様々な食品に使われているため、国内のみならず世界中でその使用の安全性について協議がされています

世界機関である国際連合食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が合同で管轄する組織「Joint Expert Committee on Food Additives」(JECFA)に世界中から寄せられた安全性データを基にして、「1日に摂取しても安全な分量」とする「Acceptable Daily Intake」(ADI)が決められています。

日本からも、食品安全委員会の専門委員も含め専門家がJECFAに参加しています。JECFAによる安全性評価の結果は、日本を始め各国において添加物の指定・基準設定等の際の参考資料として用いられています。

結局どうなの?  何が問題なの?  ただの噂?

まず、次の引用分を見てください。

引用元:「FOOCOM.NET

問題になっているのは、4-メチルイミダゾール(4-methylimidazole 、4-MI)という物質。カラメル色素を製造する時にできる副生成物である。そのため、カラメル色素を多く含む食品に多く、飲料やビール、醤油やコーヒー等、さまざまな食品に含まれる。人類が長年にわたって食べてきた物質であり、米国などはカラメル色素における限度を250ppmと設定し、管理している。日本は、4-MIについては規制値を設けているわけではないが、カラメル色素についてはかなりの試験結果に基づいて、食品添加物として使用を認めている。
ところが最近、にわかに4-MIが問題視されるようになった。話が“盛り上がった”のは、カリフォルニア州の動きに拠るところが大きい。

同州は、発がん性や生殖毒性の懸念のある物質を「Proposition 65」という名称でリスト化しており、食品がこれらの物質を一定量以上含む場合には、同州での販売の際には食品に表示をしなければならない。4-MIは昨年、リストアップされた。表示しなくてもよい安全量(No Significant Risk Level)を、1日あたり29μg以下とした。

これをたてにして、米国の市民団体「Center for Science in the Public Interest」(CSPI )は、さまざまな種類のコーラの含有量を調べて「この基準を超えている」と指摘し、米国食品医薬品局(FDA)にも禁止を要請した。また、日本のNPO法人「食品と暮らしの安全基金」(小若順一代表)も7月、「コカコーラから発ガン性物質検出」というプレスリリースを出した。

どうやら、この話題が噂のもとになっている見たいです。

しかも、そもそも「4-MI」のヒトでの発がん性は、はっきりとしていないそうです

米国毒性プログラム(NTP)の動物実験結果では、

●マウスでは肺に異常が出て明白な発がん性の証拠あり。
●ラットは、オスのラットで発がんの証拠なし、メスは不確実な証拠はある。

 という、なんともはっきりしない結果でした。


今日のおさらい

レ点3 着色料の中で用途が最も広く使用総量が最も多い
レ点3 製造方法により4種類に分かれる
レ点3 食品表示から種類の判断まではできない
レ点3 ADIが設定され安全性は担保されている
レ点3 発がん性の噂はあいまい

今日は「カラメル色素」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

たいていの食品に使われているので、よく見かける添加物名だと思います。それゆえに、安全性について厳しく見られるのではないでしょうか。

食品表示から種類を判別できないのは、「必要性がない、安全性は担保されている」とも、取れます。いずれにせよ、ADIが設定され管理されていますので、それほど過敏になる必要もないと思います

そもそも、摂取量が少ないわけですから。

発がん性についても、実は私たちは普段から発がん性物質を摂取しています

例えば、「ハム(ソーセージ)と レタス」を一緒に食べると、お肉に含まれる「アミン」とレタスの硝酸イオンが、唾液中で亜硝酸イオンに変化します。 これがアニンと反応することで発がん性物質のニトロソアミンが発生します。

また「焼き魚と 醤油」を一緒に食べると

焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンと、醤油に含まれる亜硝酸が融合し、ニトロソアミンがつくられます。

要するに、摂取する量が少なければ問題ないということですね。

よく使われている着色料について興味のある方は、こちらもご覧ください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

洗髪中の女性

2018.7.14

頭皮を冷やす冷水シャワーの育毛効果|血流改善・皮脂抑制!

健康のためにお風呂やサウナでカラダを温めたあとに、冷水を浴びるという健康法は有名ですよね?ヨーグルトのCMでもやっていましたが、北欧ではサウ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る