糖化を防ぐ方法、老化の原因は甘いもの|糖化は老化と病気を引き起こす

前回の記事「危険!砂糖はやっぱり毒だった|自然界には存在しない」の中で、砂糖に依存すると老化が進むことに触れましたが今日は、その原因である糖化について紹介させていただきます。

“糖化”はシミ・シワ・たるみだけでなく、カラダの老化をも促進します。

関連記事はこちらです ⇒ 「老化の原因は体のサビつき!増加する現代人の活性酸素対策」

人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

「糖化」は「酸化」より恐い

「糖化」とは私たちの体内にあるタンパク質と、食事で摂取した「糖」が結びつくことで、糖化したタンパク質が生成され、体内に蓄積してしまうことです。この糖化したタンパク質がAGEsです。 「糖化」が進むと、肌の老化やさまざまな病気につながります。 甘いものを食べ過ぎると太るのは当然ですが、肌や体の老化にも直結しているのです。

「酸化は体のサビつき」ですが、「糖化は体のコゲつき」なのです。

酸化について興味のある方は、こちらもご覧ください

 

劣化タンパク質、AGEs(エージーイー)は蓄積される

AGEsは、一度できると分解されません。年齢とともに蓄積され増加していきます。
50代になると20代の1.5倍になります。
このAGEsという劣化タンパク質が増えることで、肌も体も老化していくのです。

「糖化」によって起こる症状と病気

お肌のトラブル

キメが粗くなる、シミ、シワ、くすみ、たるみ、カサつき、ゴワつき、ターンオーバー周期の延滞、肌の代謝低下など。

髪の毛

コシやツヤの低下、脱毛、抜け毛など。

病気

糖尿病、白内障、網膜症、アルツハイマー、血管、動脈硬化、関節症、骨粗しょう症、性機能障害、ガンなど。

AGEs(エージーイー)が3倍もあった

アルツハイマー病の患者さんの脳の前頭葉に、健康な老人と比べ3倍ものAGEsが存在していました。動物実験では、脳にAGEsを投与したところAGEsが神経への毒性をもつことも証明されました。

AGEs(エージーイー)は体外からも入ってくる

AGEsは体内で作られるだけではない。私たちは普段の食事からもAGEsを摂取しています。AGEsの含有量は食品によってかわります。肉類に最も多く、魚類がそれに続き、野菜や果物は少なめです。

AGEs(エージーイー)を減らす調理方法

食材中のAGEsの量は、調理方法で大きくかわります。AGEsは高温での調理が長く続くほど増加します。茹でもの・蒸しものといった水を使う調理では、 100℃までしか上がらないためAGEsの生成を抑制できます。

たとえば鶏肉料理を、水炊きにした場合のAGEs含有量を1とすると、フライパンで焼くとその約5倍、から揚げなら約10倍と跳ね上がります。
さらに怖いのが電子レンジによる温め直しです。高温での調理となるため1回の使用でもAGEsが増加します。何度も温め直すと、そのたびにAGEsは増えていきます。

糖化を防ぐ方法

ベジタブルファースト

糖化を抑制するには血糖値の上昇を抑えることが大事です。食べる順番を気を付けるだけでも効果はあります。野菜サラダや野菜の煮物やおひたしから食べて、お肉やご飯は後回しにします。同じ内容の食事でも「野菜を最初に食べる=ベジタブルファースト」にするだけで、血糖値の上昇を抑えられます。

  食物繊維の多い生野菜が、おススメ

食物繊維の多い野菜を、生のままで食べると効果があります。同じ野菜でもジュースや調理したものは、消化がよく吸収スピードが早いため、血糖値の上昇も早くなります。

  軽い運動

食後すぐに10分程度歩くと、血糖値の急上昇を防げます。 ウォーキングなどの運動ができない場合は、食事の後片付けやお風呂に入るなどの軽い動きをするだけでも違ってきます。

  糖分を摂りすぎない

甘いものを控えるのが一番です。普段飲んでいるジュースや缶コーヒーを、お茶やブラックコーヒーに替える。なるべくお菓子などの間食を減らしましょう。

  白いものから黒いものへ

白砂糖、白米、菓子パンなど精製されている食材は身体の中へ入ると血糖値を一気に上昇させます。玄米や黒砂糖などミネラルを含んでいる食材へ変更しましょう。

  抗糖化食材

ナッツ類がおススメ!
「アーモンド・カシューナッツ・ヘーゼルナッツ・マカダミアナッツ・ピスタチオ・ココナッツ・ピーカンナッツ」など。
「カモミールティー・どくだみ茶・ハマ茶・甜茶(てんちゃ)・ブドウの葉茶・ハーブティー」などを、食前もしくは食事中に飲むのもおススメ!
また、柑橘系のフルーツやお酢などの、クエン酸が多く含まれる食材も取り入れると効果的です!

ナッツについて興味のある方は、こちらもご覧ください


今日のおさらい

レ点3 糖化は肌や体の老化にも直結している
レ点3 AGEsは1度できると、分解されない
レ点3 AGEsは食材にも含まれる
レ点3 血糖値の上昇でAGEsは増加する

今日は、糖化について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
AGEsは1度できると分解されないため、体内に蓄積されてしまいます。ですから、できる限り生成を抑えるしかないのです。

糖化=老化・病気。 甘いもの=老化・病気。

毎日の食生活を見直しましょう。
隠れた砂糖について興味のある方は、こちらもご覧ください

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2016.4.10

温熱蕁麻疹の原因と対策|発症を誘う状況・発症しやすい人

以前に、「寒冷アレルギー」についての記事を書きました。最近、アレルギー関連の記事が続いていますが、今日は「温熱蕁麻疹(温熱アレルギー)」につ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る