PM2.5はどこから?原因や危険な理由と対策も!

最近、気温が急激に上昇し、そろそろ花粉の心配が出てきました。しかし、花粉以前に問題になっているのが大気汚染物質の「PM2.5」ではないでしょうか?
今日は、この「PM2.5」について紹介させていただきますので、是非チェックしてみてください!

関連記事はこちらです ⇒ 「花粉症を食べ物で対策しよう!基本的な対策と注意すべきポイントも」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

PM2.5 って、めっちゃ危険?

花粉症女性のイラスト

大気汚染物質である「PM2.5」は、タバコよりも危険と言われます。タバコより、もっと肺の奥深くに侵入して体に害を与えるからです。

中国の大気汚染による「PM2.5」が日本にも飛来し、私たちの健康に大きな障害を引き起こすと懸念されています。この数年間、地球温暖化も手伝って中国のゴビ砂漠の乾燥が進み、多量の黄砂が日本へも届くようになりました。

黄砂の中にも含まれる「PM2.5」が、肺などに悪影響を及ぼすと以前から心配されていました。

それは、「PM2.5」が従来から大気汚染の原因として対策が進められて来た10μm以下の粒子である「浮遊粒子状物質(SPM)」よりも小さい、直径2.5ミクロン以下 ということでさらに厄介な物質なんです。

中国の恐るべき大気汚染

中国北京の天安門広場では、ちょうど1年前の2013年2月に「PM2.5」の大気中濃度が1立方メートルあたり469μgを記録しました。

これはアメリカ環境保護局EPAの大気質指数の479に相当し、301以上が危険と言われる中で極めて危険な数値です。ちなみに日本の安全基準は35、外出控えは70μgで勧められていることを考えると恐ろしい数値です。

中国では過去30年に肺がんによる死亡数が465%も増加しています 。肺がんの主因のひとつである喫煙率は過去10年間に増えていないことを考えると異常な上昇です。

さらに、ある報告書には中国では大気汚染による死亡が、毎年75万人もあると記載されているそうです。

大気汚染はなんで起きた?

「PM2.5」や大気汚染がこれほど重症化してしまったのは、中国のエネルギーが石炭に依存しているためのようです。

石炭は単位発熱量あたりの二酸化炭素(炭酸ガス)排出量が最も多い化石燃料です。石油資源に乏しい中国が現在の経済発展を続けるために石炭を燃やすしつづけているから です。

他にも原因が

空気汚染の原因は、石炭火力発電だけでなく、ディーゼル車のトラックやバスの排ガス、車のガソリンの不完全燃焼、焼畑農業、伝統的なたき火などもあります。

PM2.5が危険な理由

NGを出す医者のイラスト

1. 大気中にとどまる酸化水銀や鉛などの重金属と、その他の有機化合物に長期間付着する

2. 鼻毛のような人体の防御機能ではブロックできない
(サイズが小さいため、どこにでも入りこみ、悪さをするそうです。しかも通常の集塵装置では小さすぎて捕捉できない

PM2.5が心臓に悪さ

ディーゼル排気の吸入で心臓の心内膜に炎症を起こすという報告があります。日本では、SPMの総排出量の約40~60%はディーゼル自動車由来の排気微粒子(DEP)であり(東京都環境科学研究所年報,1989)、そのSPMの約80%は粒径 2.5μm以下の微粒子(PM2.5)であると言われています。

心臓や心臓を支える血管を悪くしたり、その他の臓器を弱めると言われています。

PM2.5から身を守る方法

  • 空気が汚れているときには建物の外に出ない
  • 家に入る前に、衣類をはたく
  • 空気清浄器を使用する(ただし、オゾン発生機能付きの空気清浄器は避ける)
    ※オゾンはPM2.5発生原因のひとつであり、より小さいためより肺の奥深くに達し、かつ有毒物質である
  • 掃除機の使用は避け水拭きをする(掃除機は微粒子を空中に巻き上げてしまうから)
  • 布団や洗濯物を室外に干さないこと
  • どうしても屋外で過ごす必要があるときは、“N95かP100”などの高性能マスクを使用する。
  • 屋外での喫煙は控える(「PM2.5」とタバコの煙を同時に吸うことになり、超~最悪です)

今日のおさらい

レ点3 「PM2.5」は、タバコよりも危険
レ点3 中国の大気汚染による「PM2.5」が日本に飛来している
レ点3 中国では過去30年に肺がんによる死亡数が465%も増加している
レ点3 石炭火力発電や、ディーゼル車の排ガスなどが「PM2.5」を作り出している
レ点3 サイズが小さいため、どこにでも入りこむ事が出来る
レ点3 心臓や心臓を支える血管を悪くしたり、その他の臓器を弱める

私の知り合いも先日、仕事で福岡へ行く際に飛行機から福岡上空を見て恐ろしくなったそうです。上空が黄色く淀んでいたそうです。

それだけ「PM2.5」が増加傾向にあり、日本に・アジアに・いや世界に影響を及ぼしていると実感したと言っていました。

「PM2.5」が増えるということは、石炭の使用量が増えているということでもあり、それは二酸化炭素の増加を示しており地球温暖化に拍車をかけているのではないでしょうか?

これから地球は、どうなってしまうのか非常に心配です。私が生きている間は、今とたいして変わらないかもしれないけど、子供や孫が生きていく地球は大きく変化していると思います。それが良い方向に変化してくれることを切に願います。

とりあえず、現状で身を守る最善の方法はマスクを付けることだと思います。私の場合は、インフル・花粉対策もあって12月~5月頃までは使用していますが、今後は年中マスクが必要になるのでしょうかね?

 
「高性能マスク、こちらを参考になさってください」
☑ amazonで探す  ☑ 楽天市場で探す

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

診察室の医者と医者と患者

2018.12.1

インフルエンザ予防に効果あり!私が実際に試してみた5つの方法を紹介

今年も風邪やインフルエンザの時期がやってきました。毎年この時期になるとマスクを離せなくなります。喉の乾燥は一番の敵ですからね 。 2週間前…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る