ソルビン酸・ソルビン酸カリウム、保存料はメリットの方が大きい!

あらゆる食品に保存料が使用されている。 「ソルビン酸・ソルビン酸カリウム」 食品ラベルで見たことがある人もいると思いますが、この物質は保存料、防腐剤のひとつです しかし、先に言ってしまうと、そのメリットの方が大きいと私は考えています。 なぜそういった保存料が必要なのか冷静に考えてみました。

関連記事はこちらです ⇒ 「食品添加物、保存料の役割と種類。よく使われる保存料も紹介」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

保存料なし=腐りやすい

一番に言えることは、保存料の極めて低い毒性に対し得られるメリットが大きいです。

保存料が入っていないと、当然腐りやすくります。 我々が、冷蔵庫に食べ物を入れておくだけで安心して保管できるのは、こうした保存料のおかげです。 保存料なし、ということは腐りやすいという意味なのです。ハムやソーセージだって保存料が入っていなければ、開封して数時間で菌が繁殖してしまいます。

毎日見えない部分で我々の安全を守ってくれているのが保存料なのです。

ソルビン酸カリウムと名前こそ不気味ですが、細菌が代謝できないだけのもので、天然の植物ナナカマドの果実が腐敗に強いことから見いだされた成分です。 決して自然に全く存在しない、得体の知れない成分ではありません。

細菌の代謝を阻害する成分

ソルビン酸は有機酸なので、細菌が乳酸などと間違えて栄養源として取り込むことで効果を発揮します。細菌はソルビン酸を取り込んでも代謝できないので、成長・繁殖ができなくなってしまいます。

細菌と人間では生物が違いすぎるので、毒性は別次元です。人間はソルビン酸で有害作用が出る臓器がないため、基本的には無毒と言えるでしょう。

当然、腸内細菌は一部ソルビン酸を食べて具合が悪くなるでしょうが、腸内細菌の総量から考えると笑っていいレベルです。

ソルビン酸のLD50(半数致死量)は7.4~12.5g/kgと言われています。

しかし、食塩で4g/kgですので数値を見ても安全と言えるでしょう。

保存料というだけで拒否反応を示してしまいがちですが、メリット・デメリットを考え、

正しい判断ができるよう知識を身に付けたいものですね。

参考資料

【ソルビン酸】

二重結合を二つ含む一価のカルボン酸。

化学式 C5H7COOH

ほとんど無味無臭の白色針状結晶。

天然にはナナカマドの果実中に存在。保存料・防腐剤として食品に添加される。

【ソルビン酸カリウム】

ソルビン酸のカリウム塩で,ソルビン酸と同様の目的で食品添加物として使われる。


今日のおさらい

レ点3 保存料は極めて低い毒性に対し得られるメリットが大きい 
レ点3 保存料は私たちの生活を支えている
レ点3 ソルビン酸のLD50(半数致死量)は食塩より安全

今日は保存料のソルビン酸・ソルビン酸カリウムについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

私たちの生活を便利にしてくれている食品添加物ですが、安全なものもあれば危険なものもあります。危険性があるからとすべてを無くす訳にも行かないでしょう。添加物のおかげで細菌に感染せずにいられることもあります。

うまく付き合っていくことが一番なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ココアパウダー

2016.11.20

ココアでインフルエンザ予防、早くも流行の兆し|7つの健康パワーが凄い!

今年もインフルエンザの季節が近づいて来ました。毎年、予防摂取を受けているおかげか8年前を最後に罹っていませんが、やはりこの時期はマスクが欠か…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る