トランス脂肪酸って体に悪い|噂はほんと?

最近は、健康をキーワードにした食材がブームですが、みなさんも日常から健康に気を配っていらっしゃることと思います。そこで、自分が口にしている油の種類を意識したことはありますか?

今日は、普段口にされている油について紹介させていただきますので、ぜひチェックしてみてください。
 
関連記事はこちらです ⇒ 「危険な日本の食事情|買ってはいけない食品」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

スポンサードリンク

 

植物性油脂から生成されるトランス型脂肪酸が健康に及ぼす影響とは

あなたは植物性という言葉に弱くないですか?

私は、植物性と聞くと「おっ、カラダに良さそう!」そんな風に勝手にイメージしていました。なんでだろう~?不思議ですね!

動物性のバターよりも、植物性のマーガリンを自然と選んでいましたね。でも、実際は違っていました。

トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物なんです。トランス脂肪酸は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を低下させるもので、動脈硬化をはじめ、心臓疾患・ガン・免疫機能・認知症・不妊・アレルギー・アトピーなどへの影響が報告されています。

ですが、日本人の一般的な食生活においては、トランス脂肪酸の摂取過剰によるリスクを心配する必要はないとの見解が強いため(強かったため)、日本では特段の規制はされていません。では、「普通」の食事をしていない人にとっては、深刻な問題になるということになるのでは?

実際のところは、「普通」の食事を定義するのも難しいと思います。なぜなら、昔と違って欧米食が当たり前になった時代に生活している私たちですから、しかもファーストフード・ファミレス・コンビニと飽和状態の国で昔ながらの食生活をしている人がいるでしょうか?

食生活に深く浸透するトランス型脂肪酸

みなさんはトランス型脂肪酸という脂肪酸をご存知でしょうか?耳にしたことが無かったとしても、普段の食生活で摂取されていると思います。

例えば、家庭でも天ぷらや豚カツを植物性油で揚げた時など、植物性油のような不飽和脂肪酸を多く含む油を、高温で加熱処理した時に生成されます。

他に、マーガリンやショートニング(無水マーガリン)・ホイップクリーム などの食材にも含まれています。

これらの食材を利用してつくられる食品は無数に存在します。トランス脂肪酸は、私達の生活に深く浸透しているようです。そろそろ、日本でも健康に及ぼす影響について考える必要がありそうです。

花粉症やアトピー性皮膚炎との関係

もともと脂肪酸は、生物学的には生体を構成する細胞膜の基本成分です。私達の体を構成する細胞膜の脂肪酸は、免疫学的には炎症や免疫を促進(抑制)する局所ホルモンであるプロスタグランジン系の元となります。

ところが、今回ご紹介したトランス型脂肪酸は生体内でプロスタグランジン系を作る元として使うことができません。そのためにトランス型脂肪酸を含む細胞膜は局所での炎症反応の調節に障害が起きる可能性があるそうです。

なので、花粉症の症状にプロスタグランジン系が明らかに関係している人は、トランス型脂肪酸の摂取は控えた方が良いみたいです。

もし、皮膚の細胞膜がトランス型脂肪酸を多く含むと、生体を構成する細胞膜が不安定になるために、外部からの刺激に弱くなるそうです。

そのため、マーガリンの摂取量とアトピー性皮膚炎との関係も示唆されています

諸外国では含有量の表示義務や規制も

米国から輸入された加工食品を見ると、総脂肪量、飽和脂肪酸量、コレステロール量の表示があります。これらが冠状動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)の危険因子となるからです。

そのために消費者に注意を促すために脂肪に関して表示が義務付けられています。それに加えて、2006年1月までに冠状動脈疾患の危険因子となるトランス型脂肪酸含有量も義務づけられる事になりまた

さらに、腸の慢性炎症疾患でクローン病という難病がありますが、ドイツではマーガリンの摂取とクローン病の因果関係が証明されました。そのためにマーガリンの使用が制限されています。

日本ではアメリカのように総脂肪量、飽和脂肪酸量、コレステロール量の表示を義務化する動きはありませんし、トランス型脂肪酸の表示の義務も当然ありません。また、マーガリンの使用の制限もありません。

授乳中の方は特にトランス脂肪酸に気をつけましょう! 

母親がトランス型脂肪酸を摂取すれば母乳中に分泌されます。急速に成長している乳児が取り込んだトランス型脂肪酸を自分の細胞膜に使うとアレルギーやアトピー体質になりやすくなるそうです。

マーガリンを使用しない、加熱調理にはオリーブ油を使う、マーガリンや植物油を使用した加工食品は極力、買わないなどの配慮が必要なのではないでしょうか。

マーガリン・ショートニングの作り方

マーガリンやショートニング(無水マーガリン)は、不飽和脂肪酸を多く含む室温で液体の植物性の油脂に、化学的に水素を添加し過熱処理して工業的に合成します。

液体から固体(半固体)の油脂となりますが、同時に生産中にトランス型脂肪酸が生成されてしまいます。

実際、マーガリンやショートニングは多いものでは、その脂肪酸の10%以上がトランス型脂肪酸となっているものもあります。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品

<オイル系>

マーガリン、ピーナッツバター、マヨネーズ、コーヒーフレッシュなど

<お菓子系>

ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど

<インスタント・レトルト系>

カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど

<ファーストフード・ファミリーレストラン系>

チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど

<冷凍食品系>

から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど

 

毎日、コーヒーを飲まれる方は、こちらも参考になさってください


今日のおさらい

レ点3 トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物。
レ点3 トランス脂肪酸はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させるもので、動脈硬化をはじめ心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレル ギー、アトピーなどへの影響が報告されている。
レ点3  諸外国では表示義務や規制があるが日本では表示義務、規制はない。
レ点3  授乳中にトランス脂肪酸を摂取すると乳児はアレルギーやアトピー体質になりやすくなる。
レ点3  マーガリンやショートニングは、その脂肪酸の10%以上がトランス型脂肪酸となっている。

今日は、トランス脂肪酸について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

もともと自然界にはない人工的に作られた油です。諸外国では表示義務や規制があるのに、日本では表示義務すら無いという恐ろしい実態でした。日本も早く外国に追いついてもらいたいものです

こちらもご覧ください「トランス脂肪酸から身を守るには|ついにアメリカで使用禁止へ!」

 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

お腹を押さえて痛がる女性

2014.11.9

ノロウイルスの症状と感染経路|正しく予防、冬までに知っておくべきポイント

そろそろ風が冷たい季節になって来ましたね。これから気をつけなければならないのがノロウイルスです。ノロウイルスはウイルス性食中毒の原因物質のひ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る