スーパーフルーツ「エルダーベリー」の抗酸化力が凄い|特許技術で健康増進!

エルダーベリー

海外では風邪の予防対策に優れている食べ物として有名な「エルダーベリー」ですが、みなさんご存じでしょうか?果実のベリー種で、ブルーベリーの5倍、クランベリーの8倍のアントシアニンを含んでいるハーブでもあります。
今日は、スーパーフルーツとも呼ばれる「エルダーベリー」について紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「老化予防! SOD酵素の活性化に役立つ食べ物と運動|あなたは気にしたことありますか?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

エルダーベリーとは

エルダーベリー(和名:西洋ニワトコ)は、ヨーロッパや北米および中央アジアに生息する、スイカズラ科の高さ2~3mの灌木(カンボク)で便秘・皮膚炎・風邪などへの効能が期待されているハーブです。古代ローマ時代には「万能の薬箱」と呼ばれ、万病を治す民間薬として実、花、樹皮、葉、根など余すところなく使用されてきました。実と花には、高い栄養価が認められていて現在では、実と花の部分が主に使用されています。白色のお花

初夏にエルダーフラワーと呼ばれる小さな白い花を咲かせて、その後エルダーベリーと呼ばれるブルーベリーに似た黒っぽい紫色の果実をつけます。収穫は9月頃になりますが、そのままでは酸味が強くて食べられませんので、ワインやジュース、ジャム、シロップなどに加工された食品やサプリメントとして現代でも多くの方に親しまれています。

エルダーベリーには、ポ黒っぽいベリーリフェノールやビタミン類が豊富に含まれており、動脈硬化や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病予防に効果があります。また、疲れ目予防や視機能の維持や改善、免疫力アップ、風邪などの感染症予防や回復に効果があり、インフルエンザの予防効果も確認されています。

※完熟する前の青い実や種には、毒素が含まれているので食べられません。

エルダーベリーの抗酸化力

このエルダーベリーに含まれる成分は、抗酸化物質を含むポリフェノール(アントシアニン・タンニン・ルチン)やビタミンAやビタミンCが含まれています。そのため、カラダの酸化を防いで老化防止に役立ち、お肌の健康・美白にも効果を発揮します。

2014年の研究では、他の果物に比べてこの抗酸化物質が豊富に含まれていることが明らかになりました。エルダーベリーに含まれているアントシアニンは、なんとブルーベリーの5倍・クランベリーの8倍にもなります。

アントシアニンとは

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用、また強い抗菌特性もつ成分です。アントシアニンは食用植物に存在し、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ビルベリー、ラズベリーなどのベリー類が有名で、アサイー、カシス、ブドウ、ナス、プルーン、紫キャベツなどにも含まれています。

これらに共通するのは、赤や青、紫といった色素ですが、アントシアニンは植物が紫外線から実を守るための色素成分であるため、紫外線にさらされる時間が長いほどその含有量が増えていきます。

アントシアニンと活性酸素

私たちのカラダは日々、サビが生じています。これがよくいわれる“酸化”です。私たちは生きているかぎり、酸素をとりこみ続けています。酸素は、肺から血液中に入り全身の細胞に運ばれ、ミトコンドリアという小さな器官でエネルギー代謝に利用されますが、その代謝の過程で酸素の一部が毒性の強い「活性酸素」に変化します。

本来ならば、強い攻撃力で体内に侵入したウィルスや細菌、カビから私たちを守ってくれる「活性酸素」ですが、増えすぎてしまうと健康な細胞まで攻撃し、“酸化”させてしまい生活習慣病やガンなどを引き起こす原因になります。また、老化にも深い関わりがありアンチエイジングの大敵です。

「活性酸素」は、激しい運動や紫外線、ストレス、大気汚染、医薬品、添加物が含まれる食品の摂取などで増加しますが、現代人の生活の中でこれらを完全に排除することは不可能です。

そこで注目されているのが、アントシアニンです。

アントシアニンは、この活性酸素を除去する「抗酸化作用」が非常に優れていますので、積極的に摂取することで病気の予防やアンチエイジングにも強い効果を発揮します。

 

活性酸素については、こちらをお読みください

 

マグネシウムも豊富なエルダーベリー

エルダーベリーには、私たちの体内の300以上もの重要な生化学反応に不可欠なミネラル、マグネシウムも非常に豊富に含まれています。

マグネシウムは、神経や筋肉の機能を補助したり、免疫機能を維持し、安定した心拍の維持、骨強度にも貢献します。また、血中のグルコースレベルを保ち、エネルギーとタンパク質の産生を促進しています。そして、抗酸化物質とマグネシウムの組み合わせで乳酸の産生が抑えられるので、激しいトレーニング、その他のカラダを動かしたあとの疲労回復が早くなります。

臨床試験でエキスの有効性が証明され、医療出版物で発表

BerryPharma AG社は、ヨーロッパのイタリアに製造拠点があり、エルダーベリーエキスを、世界で最も多く生産しています。エキスは100%ヨーロッパ産の有機栽培で、浸透膜濾過プロセス(メンブレンフィルター方式)で抽出されたエルダーベリーエキス、Rubini(BerryPharma AG社の特許)は、インフルエンザAおよびインフルエンザBウイルスの増殖を阻止することが解っています。

さらに、臨床試験では、上気道感染症の原因となる細菌を滅菌することも証明されています。メンブレンフィルター方式といわれる抽出方法により、ベリーの持つ自然の力を最大限に引き出すことに成功しました。

エルダーベリーの健康メカニズム

<抗ウィルス作用>

エルダーベリーは、ウイルスの表面上の糖タンパク質スパイク(赤血球凝集素)を不活性化すると考えられ、細胞膜に付着するウイルスが細胞に侵入することを阻止します。

<免疫力の改善>

エルダーベリーは、免疫細胞において重要なタンパク質の産生を増加させることによって、免疫を強化する効果があることも証明されています。免疫細胞は、タンパク質(サイトカインおよびケモカイン)を分泌します。私たちのカラダが攻撃を受けると、免疫細胞は、そのサイトカインを放出し、別の免疫細胞は、それを受け、協調反応を起こしながら、免疫治癒効果を促進します。 

<エルダーベリーの健康効果> 

● 血流改善作用

● 免疫力の改善

● 抗ウィルス作用

● ストレスへの抵抗力を高める効果

● 美肌、美白効果

● 便秘やむくみの解消

● 目の健康維持

● 老化や病気の予防

● 筋肉痛の緩和

● 疲労回復

エルダーベリーを使った製品

エルダーべりーエキスを使った製品エルダーべりーエキスを使った製品

シロップ、ドロップ、トローチ、アンチエイジングトニック、咳止めシロップ、ゼリー、カプセルなど、たくさんの製品が販売されています。

アメリカでは、クランベリーの次にエルダーベリーが好まれていて、近年ベリーを使った製品の中で、エルダーベリーの売上高は最も早く成長しています。


今日のおさらい

レ点3 「万能の薬箱」と呼ばれ、万病を治す民間薬として古くから使われていた

レ点3 エルダーベリーに含有するアントシアニンはブルーベリーの5倍・クランベリーの8倍

レ点3 アントシアニンは、ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用、強い抗菌特性もつ

レ点3 エルダーベリーには、ミネラル、マグネシウムも非常に豊富に含まれている

レ点3 臨床試験でエキスの有効性が証明され、医療出版物で発表された

 

今日はスーパーフルーツ、「エルダーベリー」について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

エルダーベリーに含まれている豊富なマグネシウムと、抗酸化および抗菌効力のあるアントシアニンの組み合わせで、カラダ全体の健康が保たれるという素晴らしい効果が期待できます。またエルダーベリーは、私たちの健康を改善するだけでなく、肌の奥底から自然の力で老化を予防してくれるのも嬉しいことです。

免疫機能のサポートに、風邪やインフルエンザの予防にと様々な用途で活躍してくれそうですね。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.4.29

私は絶対、アイスを食べません|隠された危険あなたは知っていますか?

本物のアイスクリームは乳脂肪たっぷりの牛乳に、卵黄・砂糖でできる栄養価の高い食べものです。 しかし市販品の多くは乳脂肪が少なく、増量のため…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る