温熱アレルギー(温熱蕁麻疹)|予防策と治療法

以前に、「寒冷アレルギー」についての記事を書きました。最近、アレルギー関連の記事が続いていますが、今日は「温熱アレルギー」についても紹介したいと思います。

関連記事はこちらです ⇒ 「コリン性じんましん」は、かならず治る病気です|対処と予防を知る」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

温熱アレルギーって?

温熱アレルギーは、お風呂上りや暖房器具、運動後など、体温の上昇が原因で起きる蕁麻疹です。温熱蕁麻疹は、温熱(皮膚の温度が40度~50度くらいに上がる)また、蚊に刺された時のような皮膚の赤味、そしてわずかな腫れが特徴で強いかゆみを伴います。

始めは肌がピリピリする程度ですが、症状はすぐに悪化し、強いかゆみが取れなくなることもあります。体温よりも温かいものに触れることで起こり、冬に多く発症します。気温が低い場所から高い場所へ移動しただけでも、体の温まりで発疹が出現します。

発症のメカニズム

発疹ができる原因は、ヒスタミンという物質が集中してしまうことです。体温の上昇や発汗が刺激となりヒスタミンが放出されてしまいます。このヒスタミンが血管に作用し神経に刺激を与えることで、発疹とかゆみが生じます。手や足、太もも、背中に出やすい傾向があります。

発症を誘う状況 

  • 入浴の際、冷た体で急に熱いお湯に浸かったとき
  • 運動をして急激に体温が上がったとき
  • 冬の寒い日に厚着をして体温が上がったとき
  • コタツやエアコンなどで体が温まり過ぎたとき
  • 暖房器具の温風が直接、体にあたったとき
  • カイロや湯たんぽなどを使って、体の一部が急激に温まったとき
  • 寒い屋外から暖かい室内に入ったとき
  • 温かい飲み物を飲んだとき
  • 肌が乾燥してバリア機能が弱まっているとき

発症しやすい人

  • 寒がりの人
  • 血行が悪い人
  • やせ型の人
  • 乾燥肌の人
  • 敏感肌の人

予防策と治療法

  • 暖房器具の温風が直接、体に当たらないようにする
  • 室内外の温度差をできるだけなくす
  • 厚着に気をつける(着脱しやすい服装)
  • お風呂はぬるめの湯にゆっくりと浸かる
  • カイロや湯たんぽ、コタツなどはできるだけ使わない
  • 普段から体を温め、血行をよくする努力を(冷えた体が急に温まることで発症するため)
  • 保湿を心がけて、肌のバリア機能を高める
  • 生活リズムを整え、疲労、睡眠不足は避ける(体調が悪いとアレルギーが起こりやすくなるため)
  • 暴飲暴食を避け、便通を整える(腸内環境正常化は皮膚の代謝を促します)
  • ストレスを溜めない(精神的負荷は、アレルギーにも関係します)

温熱蕁麻疹の治療で一番は、肌への刺激になる温熱を遠ざけることです。次に、かゆみの原因となるヒスタミンを抑える内服薬を使用します。かゆみが強い場合は抗ヒスタミンが配合された軟膏薬を使用することもあります。症状が重い場合はステロイド薬の内服や注射、塗り薬を併用することもあります。

発疹が出たときの応急処置としては、患部を濡れタオルなどを使って冷やすことで、かゆみを緩和します。掻きむしって肌を傷つけないためにも、応急処置は有効です。


今日のおさらい

レ点3 体温の急上昇、体温よりも温かいものに触れることで発症する
レ点3 発疹ができる原因は、ヒスタミンという物質が集中してしまうこと
レ点3 患部の温度は50℃近くになることもある
レ点3 皮膚温度がとても高くなるのが温熱アレルギーの特徴
レ点3 手や足、太もも、背中に出やすい傾向がある

今日は「温熱アレルギー(温熱蕁麻疹)」について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

寒冷アレルギーと逆にはなりますが、同じ温度差が原因のアレルギーです。暖房の使い方や着る物に注意が必要です。また、温熱蕁麻疹以外にも、体が温まることで蕁麻疹の症状が重くなるものもあり、もしかすると温熱蕁麻疹ではなく、別の病気の場合もあります。

たとえば、コリン性蕁麻疹は発症メカニズムや症状が似ており、温熱蕁麻疹と間違えている人もいるようです。ですから、蕁麻疹の症状が繰り返し発症するようであれば病院で診察してもらい原因を明らかにし、正しい対処ができるようにしましょう。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.6.15

食品添加物をデトックスする方法!|あなたも体の中からキレイになれる

過去に「食品添加物を食べる前に減らす方法|まとめてみました」を紹介しましたが、実践されている人はどのくらいいるのでしょうか?簡単にできること…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る