「コリン性じんましん」は、かならず治る病気です|対処と予防を知る

こちらを見つめる女性

私は、皮膚が弱くちょっとした刺激で湿疹がでます。今の時期は花粉に反応して湿疹が出ます。つい先日、皮膚科でアレルギーの薬を処方して貰いました。また、これからの時期、汗をかくことで反応してしまう汗アレルギーにも悩まされます。今日は、この汗アレルギーの関与も指摘されている「コリン性じんましん」について紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「汗アレルギーの予防と対策|誰でも発症の恐れあり」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

汗に反応するコリン性じんましん

コリン性じんましんは発汗による刺激で発症してしまう、じんましんです。多くは運動、温熱、精神的ストレスによる発汗で起こりやすく、皮膚の赤味、1mm〜3mm大の膨疹、かゆみを伴います。これが増大して小さな膨疹がいくつも融合した地図状の大きな赤い膨らみになることもあります。

他の症状としては、ピリピリした痛み(人によっては激痛)。希に、めまいや頭痛、悪心、腹痛、下痢、低血圧、痙攣発作、呼吸困難などもあります。症状は数分から30分で、長くても数時間で治まります。腕を中心に部分的に発生しますが、手のひらや甲には出ません。10~20代の青年期に多く、希に30代にも見られます。

発症のメカニズム

コリン性じんましんの発生メカニズムの一つに、発汗を司るアセチルコリンという神経伝達物質が関与していると考えられています。また、自分の汗に含まれる成分によってアレルギーを起こす汗アレルギーの関与も指摘されています。

それらが刺激となって、皮膚の血管周辺にある肥満細胞(マスト細胞)を刺激してヒスタミンなどのかゆみ物質を放出させます。これが血管を拡張させ血液中の水分が血管の外に漏れ出し、赤みのある膨疹が生じます。

アセチルコリンとは

アセチルコリンは自律神経の中に留まり、副交感神経をコントロールしています。脈拍を遅くしたり、心拍数を低下させることで、唾液や汗の量を調整してくれる生命維持に欠かせない物質であるわけです。しかし、このアセチルコリンが過剰に分泌すると、血管が拡張され皮膚に軽い腫れが起こり、かゆみを伴います。

コリン性じんましん、どんな時になる?

  1. 運動や入浴で体温の上昇、汗をかいたとき
  2. 精神的な緊張によって汗をかいたとき
  3. ストレスを感じているとき
  4. 熱いもの、辛いものを食べたとき
  5. スパイスの強い料理を食べたとき
  6. アルコールを飲んだとき
  7. 急激な温度変化にさらされたとき

対処と予防

  1. 体を温めないようにする
  2. 急激な温度変化を避ける
  3. お風呂はぬるめの温度にする
  4. 体温調節のしやすい服装(いつでも脱いだり着たりできる)を心掛ける
  5. 直射日光を避ける
  6. 汗をかいたらすぐに拭く
  7. 熱いもの、辛いものやスパイスの強い食べ物は避ける
  8. アルコールを控える
  9. 暴飲暴食をしない
  10. 精神的ストレスを受けないようにする
  11. 睡眠不足、疲れなどの肉体的ストレスを避ける
  12. 生活のリズムを整えてストレスに強い体にする

医療機関での治療は

抗ヒスタミン薬(内服薬,外用薬)、抗アレルギー薬(内服薬)で、じんましんの症状を緩和します。汗アレルギーが原因の場合は、アレルゲンとなる汗を低濃度,少量から触れさせて徐々に量を増やし、汗に対する過敏性を抑えていく減感作療法がとられることもあります。また、香蘇散(コウソサン)などの漢方薬を勧められる場合もあります。


今日のおさらい

レ点3 発汗による刺激で発症する
レ点3 症状は数分から30分で、長くても数時間で治まる
レ点3 10~30代で発症
レ点3 発汗を司るアセチルコリンという神経伝達物質が関与していると考えられている
レ点3 汗に含まれる成分によってアレルギーを起こす汗アレルギーの関与も指摘されている
レ点3 投薬治療、減感作療法がある

今日は「コリン性じんましん」について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

コリン性じんましんは“かならず治る”と言われています。5年か10年かは個人差がありますが、遅くとも30代を過ぎると治る傾向が高いようです。その時期が来るまで、お医者さんと相談しながらの治療と日頃の予防での対処が、必要なようです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

研究室での実験風景 キャプチャ画像

2016.3.13

菌・ウイルス関連記事 まるわかりガイド | 目次

当ブログサイトで、菌・ウイルスに関連する記事が人気で多くの方に訪問して頂いております。そこで、関連記事に素早くアクセスして頂けるように、この…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る