過敏性肺炎 「夏型過敏性肺炎」 |治療も予防も、カビ退治

白い洗面台

前回、「家族がマイコプラズマ肺炎になったとき|誰でもかかる病気です」でマイコプラズマ肺炎について紹介しましたが、今日は過敏性肺炎、その中でも「夏型過敏性肺炎」について紹介します。夏風邪をひいたり、咳が長く続くなどの症状がある人は疑わしいです。

関連記事はこちらです ⇒ 「腸管出血性大腸菌O157の特徴|家族が感染したら~注意すること」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

過敏性肺炎って?

過敏性肺炎は、抗原の反復吸入によって起こるアレルギー性肺炎です。急性のものと慢性のものとがあり、急性のものでは原因抗原から離れると回復しますが、慢性になると病変と症状は続き、進行することもあります。

職場や家庭内のカビなどを吸入することによって発症するため、旅行などで環境が変わると調子が良くなったけど自宅に戻って来たらまた「夏風邪」っぽい症状がでてしまう。このような場合はかなり疑わしいのです。また、職場が変わったり引っ越しをしたりで環境の変化によって咳が止まらなくらなる場合も疑いが強くなります。 

<主な過敏性肺炎>

▶ 夏型過敏性肺炎

高温多湿になる夏季に発症しやすく、冬季にはみられません。風通しや日当たりが悪く湿気の多い場所を好むトリコスポロンというカビが抗原です。

▶ 換気装置肺炎(空調肺、加湿器肺)

清掃を怠ったエアコンや加湿器に生じたカビ類を吸い込むことによって発症します。

▶ 農夫肺

北海道や岩手県などの酪農家にみられ、干し草の中にいる好熱性放線菌というカビが抗原です。

▶ 鳥飼病

鳩やインコなどの鳥類を飼育、あるいはその周辺で生活している人に発症します。鳥類の排泄物(糞、尿、唾液など)にふくまれる蛋白質が抗原です。

▶ 職業性の過敏性肺炎

キノコ栽培業者がキノコの胞子を吸入することによって発症したり、製造業者がポリウレタンの原料であるイソシアネートを吸入することで発症します。

<その他の抗原>

▶ 養蚕業、サトウキビ、ナメコ栽培、小麦粉取り扱いなど。

夏型過敏性肺炎

日本では、家庭内に存在する真菌であるトリコスポロンを抗原とする過敏性肺炎が最も多く、70%近くを占めています。トリコスポロンというカビは、温度が20℃以上、湿度が60%以上になると活動をはじめ高温多湿になるほど繁殖し、胞子をたくさん飛ばします。そのため真夏を中心にして6月~9月頃にかけて、特に注意を必要とします。

トリコスポロンの繁殖場所

古くなった木材や畳、カーペットなどで繁殖しやすく、そのため古い住宅に多くみられていました。ところが最近は、マンションの気密性の高さが、カビの繁殖に適した室内環境をつくる要因となっています。とくに風通しが悪く、湿度が高くなりやすい場所は注意が必要です。たとえばキッチンのシンク周辺、洗面所やバスルーム、脱衣所、洗濯機置き場周辺、北側の押入れや窓のサッシ回りなど。

また、エアコンの内部がトリコスポロンの繁殖場所となることも。エアコンを一年中使用する家庭では、室内環境(温度、湿度)がカビに向いていると、季節に関係なく一年中、注意が必要となります。

夏型過敏性肺炎の症状

急性のものは特定の抗原を吸い込んでから数時間後に咳、発熱、呼吸困難などを発症し、抗原から離れると回復します。しかし、慢性のものでは抗原と症状の関係はなくなり、抗原から離れても病変は回復しなくなります。風邪とよく似た症状なので、ほとんどの人はたいした病気とは思わず、放置しがちです。

病院でも風邪と診断されることが多く、抗生物質などで一時的に症状が改善されるので、治ったと勘違いしてしまいます。初めて発症した人は、夏の終わり頃に咳や熱(38度前後)が出やすい傾向がみられます。それが急性の夏型過敏性肺炎の段階です。しかし、この段階ではレントゲン検査では影が出にくく、見過ごされることも少なくありません。

慢性化すると、熱は微熱程度で、咳だけが残るケースが多くなります。そのため今度は、ぜんそくなどと間違えることもあります。喫煙者の場合は、発症するといきなり慢性化の症状があらわれ、咳が続き、息切れを起こすような状態になることがあります。

治療法

治療の基本は原因となっている抗原の吸入を避けることです。自宅などの環境が原因の場合は、家の中の掃除や消毒、カビの発生源の除去(キッチン、洗面所、バスルーム、押入れなど)、風通しをよくするなどの対策が必要です。場合によっては、自宅のリフォームや転職を考える必要もでてきます。症状が強い場合は入院してステロイド薬による治療をおこなうこともあります。

予防策

<カビの発生源を絶つ>

▶ 水洗いできる場所は、通常のカビ取り剤などで除去し、乾いてから消毒用アルコールを塗る。
▶ 畳に繁殖した場合、内部まで入り込んでいることもあるので取り替える。

<カビが繁殖しない環境を作る>

▶ 室内の温度、湿度管理に注意する。
▶ 室内の換気を心がける。
▶ キッチンや洗面所などの水回りは、日頃から水はねをふき取り、湿気を防ぐことが大事。
▶ バスルームは、入浴後に壁などの湿気をふき取る、もしくは換気装置を使う(我が家では、2ヶ月に1度、カビ抑制剤も使用しています)。
▶ カーテンに隠れた窓辺もカビが発生しやすいので、こまめに掃除する。
▶ エアコンも定期的に掃除する。季節の変わり目でしばらく使わないときは、送風運転などで内部を乾燥させると、カビが生えにくくなります。数年に一度は、専門業者などに依頼して掃除してもらう。


今日のおさらい

レ点3 高温多湿になる夏季に発症しやすいアレルギー性の肺炎
レ点3 トリコスポロンというカビが抗原
レ点3 風通しが悪く、湿度が高くなりやすい場所で繁殖する
レ点3 エアコン内部で繁殖する
レ点3 急性のものと、慢性のものがある
レ点3 風邪とよく似た症状なので、誤診しやすい
レ点3 治療、予防はカビの発生源を、絶つ

今日は、「夏型過敏性肺炎」について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

夏になると毎年風邪をひく、咳が出るという人は一度、呼吸器専門医の診察を受けましょう。夏カゼだから咳が長引くんだ、なんて考ているとかなり危険な状況になるかもしれません。慢性化すると肺繊維症や間質性肺炎につながりますので、最悪の場合は死に至るケースも予想されます。特にタバコを喫う人は気をつけてください。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2016.9.11

ただいま育毛中、実況生中継!《part9》|髪殿ミニボトル30ml「特別価格¥1080円」から始めます

前回、「ただいま育毛中、実況生中継!《part8》|続編スタートします!」を紹介した時には、ちょうど「髪殿ミニボトル30ml」が手元に届いて…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る