家族がマイコプラズマ肺炎になったとき|誰でもかかる病気です

ベンチに座ってマスクをして咳をする女性

知人が、肺炎にかかりまさした。

季節的に、肺炎か~。 と思いましたが、どうやらマイコプラズマ肺炎だったようです。マイコプラズマ肺炎は一年中かかる病気だそうで、高齢だった知人は一週間の入院が必要でした。今日は、この「マイコプラズマ肺炎」について紹介します。

関連記事はこちらです ⇒「RSウイルスがインフルエンザより怖いわけ!|乳幼児・高齢者が危ない」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

まず肺炎とはどんな病気?

肺炎は細菌やウイルスに感染することによって肺に炎症が起こる病気です。肺炎の原因となる細菌は人の体の中に日常的に潜んでいるものもあり、加齢や風邪、インフルエンザ、さまざまな病気によって抵抗力が落ちたときに肺に入り込んで炎症を起こし肺の一部が水浸しになる、それが肺炎という病気です。

症状としては、、発熱、咳、痰(たん)、胸痛、呼吸困難などがあげられます。肺炎による死亡者は日本人の死因のうち、がん、心臓病に次いで3番目に多く、そのうち97%は65歳以上です。肺炎には乳幼児から高齢者まで誰でもかかる病気ですが、年齢が上がれば上がるほど死亡率が高くなり、高齢者にとっては命取りになる病気です。

肺炎の病原体には、肺炎球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマ菌、クラミジア菌などさまざまな種類がありますが、最も多いのが肺炎球菌とされています。

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマは正式に「Mycoplasma pneumoniae」という名前の微生物で、気管や喉などの気道に感染することが特徴です。細菌より小さく、ウイルスより大きい。また、細菌にもウイルスにもない性質を持っています。通常、ウイルスは人間の細胞の中でしか増えませんが、マイコプラズマ肺炎はウイルスとは違い、栄養があれば人間の細胞外でも増殖します。

また、細菌には体を保つために外側に細胞でいう膜のような壁がありますが、マイコプラズマ肺炎には細菌のもつ壁がありません。ペニシリンやセフェム系などを代表とする抗生物質の多くは細菌にある壁を壊すことで殺菌しますが、壁の無いマイコプラズマ肺炎に対しては、これらの抗生物質では全く効果がありません。

マイコプラズマ肺炎の症状は

マイコプラズマ肺炎は主に気道に感染します。呼吸系に感染すると、上気道炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎になります。肺炎は、肺炎球菌による肺炎と違うため、「非定型肺炎」、「異型肺炎」と呼ばれます。

<主な症状>
 喉の痛み
 鼻水、鼻づまり
 37℃程度の微熱から39℃以上の高熱まで
 乾いた咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続くことも)
 喘息がある人は喘息の悪化、喘鳴(ゼイゼイ・ゴロゴロ・ヒューヒューといった呼吸)
 胸の痛み、疲労感
 呼吸がしにくい呼吸困難

乳幼児に感染した場合は風邪程度で済みますが、学童期頃になると肺炎を起こします。同じように大人が感染した場合も肺炎になります。免疫力が強いほど、肺炎になりやすいのです。子どもに比べて、大人、特に高齢者は重症化するリスクが高く、胸に水が溜まる「胸水貯留」や呼吸不全を引き起こす場合もあり、ときに入院が必要となります。

マイコプラズマ肺炎の熱は夕方から上がり朝方に下がるのが特徴です。咳もだんだん強くなってきます。日中は元気なので登園・登校している子もいます。治療をしなければ7~10日ほど熱が続いた後で自然に治ります。

感染と潜伏期間は

感染から発症までの潜伏期間は1週間から3週間ぐらいで、4週間に及ぶこともあるようです。尚、この潜伏期間中は第三者へ二次感染を起こす期間ですので注意が必要です。 季節では秋から春先にかけて多いのが特徴で、年齢的には5歳~25歳までが感染しやすい年代であり、最も多い発症年齢は8~9歳です。

しかし、高齢になっても発症するケースもあり誰でもかかる病気です。感染ルートは飛沫感染と接触感染の2種類です。そのため、学校や会社など集団生活をしている環境で感染が拡がってしまいます。また、一度免疫を獲得しても免疫が持続しないため何度も繰り返し感染する可能性がある点も忘れてはいけません。

以前は、4年毎の夏季オリンピックの開催年に流行が見られたため、「オリンピック病」と呼ばれたこともありましたが、現在では毎年みられるようになりました。

治療法は

マイコプラズマ肺炎の治療は、自然治癒によって回復を計るのが基本です。通常の風邪と比較すると治療期間はやや長くはなりますが、しっかりと水分補給し安静を保つことで、症状は治まり体力も回復してきます。投薬は、マクロライド系抗生剤(エリスロマイシン、クラリスやクラリシッド、ジスロマックなど)を処方されたり、咳や鼻水、鼻づまりといった症状に応じて薬が処方されたりします。

適切な時期に投与すると2~3日で解熱します。ただ発熱や咳が始まって3~4日目まではマイコプラズマ肺炎と風邪の区別はできません。4~5日目のレントゲンで初めて診断できます。しかし最近、抗生剤による治療で問題になっているのが、マクロライド系抗生剤に耐性を持つマイコプラズマ肺炎の増加です。

2000年頃は15%程度でしたが、2006年には30%、2008年には40%、2011年には約90%にも及ぶとの報告もあるようです。「マクロライド耐性マイコプラズマ肺炎」の場合でもマクロライド系の抗生剤での治療が第一選択となりますが、症状によっては別の抗生剤「テトラサイクリン系抗生剤(ミノマイシンなど)やニューキノロン系抗生剤」を使用することもありますが、8歳未満では歯牙黄染のリスクなどの副作用を考慮する必要があります。

マイコプラズマ肺炎の予防

マイコプラズマ肺炎は自然治癒または、抗生剤で治りますが、予防が重要です。特に流行している時期には、人混みを避ける。マスクの着用。十分な睡眠と栄養をとる。手洗いと、うがいを徹底する。風邪やインフルエンザの予防と同じく、飛沫感染と接触感染への対策になります


今日のおさらい

レ点3 マイコプラズマは微生物で、気管や喉などの気道に感染することが特徴
レ点3 細菌より小さく、ウイルスより大きい。また、細菌にもウイルスにもない性質を持っている
レ点3 乾いた咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続くことも)
レ点3 熱は夕方から上がり朝方に下がるのが特徴
レ点3 子どもに比べて、大人、特に高齢者は重症化するリスクが高い
レ点3 感染から発症までの潜伏期間は1週間から3週間ぐらい
レ点3 自然治癒または、抗生剤で治る

今日は、「マイコプラズマ肺炎」について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

マイコプラズマには肺炎という名が付いていますが、重症化することは少なく、だいたい、自然治癒や外来治療で治ります。しかし、マクロライド系の抗生物質が効かない場合や他の肺炎などを合併したりすると、重症化することもありますので症状が現れたら、ただの風邪だと思わずに注意深く観察し早めの受診を心掛けたいものです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

育毛剤「髪殿」

2016.10.3

ただいま育毛中、実況生中継!《part10》|薬用育毛剤「髪殿」の定期購入を開始しました

前回、「ただいま育毛中、実況生中継!《part9》|髪殿ミニボトル30ml「特別価格¥1080円」から始めます」を紹介した時には、お試し品の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る