指定添加物一覧(まとめ)その⑱|用途・安全性

瓶から取り出すゼリービーンズ

このページでは、指定添加物の一覧(まとめ)を紹介しています。

 

指定添加物一覧 その⑱

114. グリシン
115. グリセリン
116. グリセリン脂肪酸エステル
117. グリセロリン酸カルシウム
118. グリチルリチン酸二ナトリウム
119. グルコノデルタラクトン (別名グルコノラクトン)
120. グルコン酸

▶目次へ戻る

  スポンサーリンク


114. グリシン

●用途 調味料,強化剤

グリシンは、最も簡単な形をしたアミノ酸で、タンパク質の構成成分としても自然界に広く存在しています。他のアミノ酸類とは異なり異性体がない。グリシンは、化学的な合成による高純度のものが市販されていて日本では、食品添加物としての使用に、特に制限はなく、微妙な味の調整を目的として使用されます。

また、水産練り製品などに、やや多量に使用して、日持ちの向上を目的とし使用されることもあります。

115. グリセリン

●用途 製造用剤

油脂の構成成分であるので、石油を原料とする化学合成法でも作られますが、通常はヤシの実などの「油脂」を加水分解した天然グリセリンが使用されています。無色透明の粘稠性液体で吸湿性があり、ショ糖の0.5倍の甘味を持ち、水、エタノールと任意の割合で混合します。

用途としては、着色料、香料などの溶媒、冷菓の結晶化防止、乾燥食品や菓子類の保湿剤、チューインガムの軟化剤、冷凍食品の氷点降下剤から乳化剤グリセリン脂肪酸エステル等の原料まで、幅広く使用されています。

116. グリセリン脂肪酸エステル

●用途 乳化剤,製造用剤

グリセリンと脂肪酸のエステル化反応、またはグリセリンと食用油脂のエステル交換反応で作られます。脂肪酸の種類により、白色粉末から淡褐色の液体まで種類も多く、種類により性質も用途も異ってきます。

世界的にも広く使われていて、乳化剤市場の約半数を占めている代表的な添加物です。乳化だけでなく、分散、起泡、消泡、湿潤からデンプンやタンパク質の改質まで、多種の機能を持っていてマーガリン、乳製品、乳飲料、菓子類などに広く使用されています。

117. グリセロリン酸カルシウム

●用途 強化剤

グリセロリン酸カルシウムは、卵黄やレシチンの構成成分として存在するもので、工業的にはグリセリンとリン酸塩を反応させグリセロリン酸塩を作り、これをカルシウム塩類と反応させてグリセロリン酸カルシウムにします。

白色結晶性粉末で無臭。わずかな苦味と吸湿性を有し、170℃で分解します。健康食品や菓子類など栄養目的で使用されます。

118.グリチルリチン酸二ナトリウム

●用途 甘味料

グリチルリチン酸二ナトリウムは、甘草の抽出物をさらに精製して水に溶けやすいナトリウム塩にしたもので、砂糖の約200~700倍の甘味度があります。「甘草」と同様に、醤油と味噌の塩辛さを和らげる目的での甘味づけと、味の調整に使用されます。

119. グルコノデルタラクトン (別名グルコノラクトン)

●用途 酸味料,製造用剤

グルコノデルタラクトンとグルコン酸は、本質的には同じ物質でグルコン酸には、高濃度になると分子内で環状化してグルコノデルタラクトンになり、結晶化する性質があります。グルコノデルタラクトンは、この性質を利用してグルコン酸の水溶液を濃縮して析出したグルコノデルタラクトンを取りだし、精製して得られます。

このグルコノデルタラクトンは、水に溶けて徐々にグルコン酸に戻る性質があり、食品添加物としては使いやすい白色の結晶又は粉末状のグルコノデルタラクトンが、一般的に使用されています。主要用途は、豆腐用の凝固剤、また膨脹剤の酸性成分としての使用。その他には、一般的な酸味料及びpH調整剤などがあります。

120. グルコン酸

●用途 酸味料,製造用剤

グルコン酸は、ブドウ糖を酸化して得られるグルコン酸を精製して作られます。酸化の方法は、化学的な方法と、発酵法があります。グルコン酸には、高濃度になると分子内で環状化してグルコノデルタラクトンになり、結晶化する性質があります。

またグルコノデルタラクトンは、水に溶けて徐々にグルコン酸に戻る性質があります。食品に使われるグルコン酸は、グルコノデルタラクトンとグルコン酸の混合水溶液(グルコン酸として50%)であり、グルコン酸液とも言われます。

液状のため、酸剤としての用途は少なく、酸味料及びpH調整剤として使用されます。また、加工食品を製造するためのタンク洗浄にも使用されます。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

ココアパウダー

2016.11.20

早くも流行の兆し、ココアでインフルエンザ予防|ココアのさらなる健康パワーが凄い!

今年もインフルエンザの季節が近づいて来ました。毎年、予防摂取を受けているおかげか8年前を最後に罹っていませんが、やはりこの時期はマスクが欠か…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る