これからの季節、危険です!「寒冷アレルギー」って知っていますか?|予防法と治療法

赤いマフラーの女性 

気温が下がるこれからの季節、気をつけなければいけないことが沢山あります。前回はノロウイルスについて紹介しましたが、今日は「寒冷アレルギー」について紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「アレルギー 関連記事 まるわかりガイド | 目次」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

 
寒冷アレルギーの症状はさまざま

体温より低いものに接することで起こるアレルギーの一種です。冷気のほか、氷や雨、アイスクリームなど、冷たいものはすべて寒冷アレルギーを引き起こす原因となり得ます。
寒冷アレルギーの症状には、以下のようにさまざまなものが挙げられます。

寒冷じんましん
皮膚の温度よりも冷たいものに触れることが刺激となって、赤みやかゆみをともなうじんましんが発生します。手、足、背中、お腹に出やすいです。

  鼻水、鼻づまり
気温が下がってくると常に鼻がつまったり、鼻水が出るようになります。

  喉の腫れ、咳
冷たい空気を吸ったり、冷たい飲み物を飲んだりすると喉の腫れや咳が起こります。

  食欲不振
外気温の低下や、冷たいものを食べたり飲んだりすることで胃腸の調子が悪くなり、食欲が減退します。

  アナフィラキシー症状
ごく稀に、血圧低下・呼吸困難などを伴うアナフィラキシー症状を起こし死亡することもあります。

なかでも、じんましんの症状が一般的に多いようです。

寒冷アレルギーが起きる環境

  • 冬の気温が低い環境化にさらされる 。
  • 冷たい風に当たる。
  • 冷たい飲み物の入った缶やグラスなどを触る。
  • 冷たい物を飲食する 。
  • 水で手を洗う 。
  • 冷房の風が直接当たる。
  • 暖かい部屋から寒い部屋に移動する。
  • 運動後に汗が冷えた 。
  • 風呂上がりにカラダが冷えたとき。
  • 裸足で冷たいフローリングを歩く 。
  • プールなどでカラダが冷えたとき。

寒冷アレルギーの予防法は?

原因が寒冷ですので予防法は、寒冷を避けることが一番です。具体的にはカラダの温度変化を抑えることが大切になります。

  •  カラダを極端に寒くさせないように、服装を選びます。
  • いつでも体温調節ができるよう脱いだり着たりできる服装を選びます。
  • 寒い日にはマスクをして、粘膜への寒冷刺激を抑えます。
  • 運動したあとは体を冷やさないように、タオルで汗をぬぐいます。
  • 冬場は脱衣場をよく温めます。お風呂でも十分に温もり、上がったら素早く着替えて体温の低下を防ぎます。
  • 冬場はお湯で手や顔を洗います。
  • 冷たい物の飲食は避けます。
  • プールなどは避けます。

寒冷アレルギーの治療法

薬の内服
一般的な抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬が有効です。ただし、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬で治癒できるわけではありません。

外用薬
抗ヒスタミン薬やステロイドの配合された軟膏を塗ることで、かゆみを鎮めます。

寒冷脱感作
冷たいシャワーを体の一部に繰り返しかけ、アレルギーがでなくなったら徐々にその範囲を広げていく治療方法です。

多くのじんましんで共通して言えるのは、年齢や環境の変化・食生活などで体質が変わり、完治することがあります。よく医師と相談して、しっかりと治療に望むことが最も大切だと言えるでしょう。また、温熱・寒冷じんましんとも鍼灸院ではよく診る症状で、自律神経系の治療をすると良くなる人もいますので自律神経の調整を行っている鍼灸院に相談してみるのもよいでしょう。

当たり前のことですが

生活リズムを整える
体調が悪いとアレルギーが起こりやすくなります。疲労、睡眠不足は避けましょう。

暴飲暴食を避け、便通を整える
便秘、下痢などの胃腸障害を起さないよう心がけましょう。腸内環境正常化は皮膚の代謝を促します。

ストレスを溜めない
精神的負荷は、カラダにさまざまな異変を引き起こします。アレルギーにも関係します。


今日のおさらい

レ点3 寒冷アレルギーは、じんましんだけでは無く、さまざま
レ点3 カラダを冷やす環境が良くない
レ点3 予防はカラダの温度変化を抑えることが重要
レ点3 自律神経系の治療をすると良くなる人もいる

今日は「寒冷アレルギー」について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

このようなアレルギーの存在すら、知らなかった方もいるのではないでしょうか?寒冷アレルギーはカラダが冷えることで起きますが、逆にカラダを温めることで起きる「温熱アレルギー」も存在します。他にも発汗が原因で起こるアレルギー(コリン性じんましん)など、あまり聞きなれないものもあります。

いずれにせよ、これらを予防するためにも普段から規則正しい生活とバランスの良い食事、適度な運動と質の良い睡眠を心がけたいものです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.7.5

ニセモノ食品は、こう作る!| 味も見た目も騙される、最新のコピー技術《part2》

私たちが普段、口にしている食品がすべて“ニセモノ”だったとしたら、あなたはどうしますか?最近の加工技術は凄く、素人には見分けのつかない「コピ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る