サプリメントの基礎を学ぼう|サプリメントってなんだろう?

サプリメントの写真

サプリメント・健康食品・補助食品・栄養機能食品・特定保健用食品、いろいろ呼び名がありますが、みなさんは区別することはできますでしょうか?このページでは、まずサプリメントの定義を確認して見たいと思います。

関連記事はこちらです ⇒ 「サプリメントの正しい取り方|取り過ぎで健康被害も」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

 
サプリメントって食品なの?お薬なの?

サプリメントとは、食事を補う栄養補助、補給食品を全般的にさします。そもそもサプリメントは英語で「Supplement」のことであり、日本語に訳すと「補足・追加」という名詞及び「補う、追加する」という動詞になります。そして「Supplement」は「Dietary Supplement」(ダイエタリー・サプリメント)を略したものになります。

1994年にアメリカで成立した「DSHEA法」(Dietary Supplement Health and Education Act)という法律によって、ハーブ・ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品と定義づけられました。

アメリカでのサプリメントの位置づけは、通常の食事以外の形状で摂取できるものとされ、医薬品と食品の中間にあるものとして、明確にされています。しかし、日本の法律では人が口から摂取するものは「食品」か「医薬品」及び「医薬部外品」のどちらかとなり、「医薬品」及び「医薬部外品」は薬事法で次のように定められています。

 

この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。

一、 日本薬局方に収められている物

二 、人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)

三、 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

(薬事法 第二条第1項より抜粋)

 

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であって人体に対する作用が緩和なものをいう。

一、 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないもの

  イ、吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

  ロ、あせも、ただれ等の防止

  ハ、脱毛の防止、育毛又は除毛

二、 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの

三、 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

(薬事法 第二条第2項より抜粋)

 

そして食品は「食品衛生法」で次のように定められています。

この法律で食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、薬事法 (昭和三十五年法律第百四十五号)に規定する医薬品及び医薬部外品は、これを含まない。

(食品衛生法第四条より抜粋)

要するに医薬品及び医薬部外品以外で口に入れるものは全て食品と言うこと、つまりサプリメントも日本の法律では食品となります。

サプリ定義

サプリメントも健康食品

日本では健康食品に関する法律上の定義はなく、広く健康の保持増進に役立つ食品として販売されているもの全般を「健康食品」と呼び、「サプリメント」もそのなかに含まれています。例えばビタミンなどの錠剤やカプセル、またアミノ酸などの粉末は「サプリメント」と呼ばれていますが、青汁やルイボスティーなどは「健康食品」と呼ばれています。

しかし、どちらも日ごろの食生活で不足しがちな栄養素を補給するための食品です。大きな違いはなく、商品の印象によって表現を使い分けているだけです。

食品だから誰でも製造・販売できちゃう

アメリカのように法律によって定義づけされておらず、食品衛生法によってのみ管理されているだけです。そのため、医薬品に比べて規制が緩く製造や販売を誰でも簡単に行うことができます。その結果、粗悪な商品でも簡単に流通できてしまうという弊害が起きています。

さらに日本では薬事法の関係で医薬品的な効能効果の表示や、用法・用量などの表記は禁止されていて、痩せる・効く・治る・予防・不老などと表記すると薬事法違反と判断される可能性が高いため、パッケージや商品チラシには曖昧な表現でしか説明できず、消費者が商品を選びにくいという事にも繋がっています。

「栄養機能食品」と「特定保健用食品」と「保健機能食品」

「栄養機能食品」と「特定保健用食品(トクホ商品)」は保健機能食品制度というものの中に含まれます。

<保健機能食品制度とは>

健康食品のうち、国が安全性や有効性等を考慮し設定した規格基準等を満たした食品を「保健機能食品」と呼び、保健機能や栄養機能を表示することを認める制度です。

 
<栄養機能食品>

栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。


<特定保健用食品(トクホ商品)>

特定保健用食品(条件付き特定保健用食品を含む)は、食品の持つ特定の保健の用途を表示して販売される食品です。特定保健用食品として販売するためには、製品ごとに食品の有効性や安全性について審査を受け、表示について国の許可を受ける必要があります。特定保健用食品及び条件付き特定保健用食品には、許可マークが付されています。


今日のおさらい

レ点3 サプリメントとは、食事を補う栄養補助、補給食品全般のこと
レ点3 サプリメントとは、ダイエタリー・サプリメントを略したもの
レ点3 サプリメントは、日本の法律では食品となる
レ点3 サプリメントと健康食品は同じである
レ点3 「栄養機能食品」と「特定保健用食品」は保健機能食品である

今日は、サプリメントの定義について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?
サプリメントの市場規模は年間1.8兆円だそうです。日本人の6割以上が当たり前のように摂取している時代です。また、政府の成長戦略で決まった健康食品の表示規制緩和が解禁されると市場規模はさらに増大すると考えられます。

現在の商品数は4000〜5000ほどあると言われていますが、その中から自分にあった良いものを選ぶのは難しいですよね。まずは、しっかりとした知識を身に付けて良いものを選ぶ目を養えるようにしたいものです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.6.15

食品添加物をデトックスする方法!|あなたも体の中からキレイになれる

過去に「食品添加物を食べる前に減らす方法|まとめてみました」を紹介しましたが、実践されている人はどのくらいいるのでしょうか?簡単にできること…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る