指定添加物一覧(まとめ)その⑬|用途・安全性

動物の形をしたカラフルなグミ

このページでは、指定添加物の一覧(まとめ)を紹介しています。

 

指定添加物一覧 その⑬

78. 塩化アンモニウム
79. 塩化カリウム
80. 塩化カルシウム
81. 塩化第二鉄
82. 塩化マグネシウム
83. 塩酸

▶目次へ戻る

  スポンサーリンク

78. 塩化アンモニウム

●用途 製造用剤

合成法で作られた白色の結晶性粉末で、塩味、清涼味がある。加熱により比較的低温で分解し、アンモニアと塩化水素となるので、膨脹剤の主原料。パン、ビスケット、カリントウ、せんべいなどに使用されています。

安全性は、急性毒性が強い。気道・肝臓・肺・脾臓・副腎髄質に障害。染色体異常。などの記載があります。

79. 塩化カリウム

●用途 調味料

塩化カリウムはその苦い辛味(塩味)より、食塩(塩化ナトリウム)の代替品として、幅広く使用されています。天然には、海水の中にも含まれていますが、カリ岩塩として塩化ナトリウムと塩化マグネシウムと共に混合塩として存在しています。

最近の工業的な製法では、海水から塩化ナトリウムを取り除いた残りの液から精製する方法が主体になっています。食塩の代替として、各種の減塩食品に使用されています。

80. 塩化カルシウム

●用途 強化剤、製造用剤

食品添加物としては、カルシウムの補填・強化の目的で使用されます。また、豆腐製造の際の凝固剤として単独あるいは塩化マグネシウムなどとの併用で使用されます。

81. 塩化第二鉄

●用途 強化剤

塩化第二鉄は、塩酸と鉄の反応によって得られる代表的な鉄塩で、極めて水に溶け易い黄褐色の結晶又は塊です。潮解性(水を吸って溶け出す性質)があるため、取り扱いには注意が必要です。不足する鉄を補ったり、強化する目的で、調整粉乳や離乳食などで使われています。

使用量に対する制限はありませんが、量が多過ぎると、食品が黄色に着色したり、鉄の味がついたりするために、添加量は必然的に制限されます。

82. 塩化マグネシウム

●用途 製造用剤

海水を濃縮して食塩を分離して得られた母液(苦汁:にがり)中に約20%含まれています。母液を濃縮し、塩素処理を行って臭素を除去し、さらに濃縮、精製します。無~白色結晶、粉末、粒状です。たん白質を凝固する作用があり、豆腐用凝固剤「にがり」として広く使われています。その他、水産練り製品等の製造にも使われています。

83. 塩酸

●用途 製造用剤

代表的無機酸で、食塩水の電気分解で製造されます。無~淡黄色液体で、刺激性のに臭気があります。動植物たん白質を分解してアミノ酸調味料の製造用に使われたり、缶詰みかんの皮むきに使われています。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

マーガリン

2016.6.26

トランス脂肪酸、「狂った油」から身を守るには|ついにアメリカで使用禁止へ

食品に含まれる「トランス脂肪酸」、何年も前から危険性が指摘されていますが、まだそれほど一般に広まっていないように思います。あなたはトランス脂…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る