夏本番、スイカで予防「夏バテ」知らず|美容効果も絶大「抗酸化成分」リコピン・グルタチオンの力

もうすぐ梅雨明け、夏本番がやってきます。以前、「美肌効果、スイカの奇跡|皮に果肉の2倍も!」でスイカの美肌効果について紹介しました。
今日は夏本番に向けて「夏バテ予防」に最高なスイカの力について紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「夏本番に最高のビールが太るわけ|それでも飲みたい季節です」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

体内毒素を排出するスイカの力とは

スイカに含まれる「グルタチオン」には、解毒を司る肝機能を高める作用があります。スイカは果肉の約90%以上が水分なので栄養価は低いと思われがちですが、実は体内の毒素を排出したり抗酸化作用のある成分が豊富に含まれていたりとパワフルな食材なんです。

<グルタチオンの健康効果>

美白効果
生活習慣病の予防・改善効果
肝機能を高める効果
眼病を予防する効果

スイカの美容効果と利尿作用

スイカには、他の野菜や果物にはほとんど含まれない「シトルリン」が含まれます。「シトルリン」は奇跡の美容成分といわれ、血管を若返らせ血流を改善する効果のあるスーパーアミノ酸です。冷え性やむくみ意外に、抗酸化作用やコラーゲンの分解を抑える効果があるため、肌を保湿したり、紫外線から肌を守る効果があります。

また、他のアミノ酸とともに体内で発生するアンモニアを無害な尿素に変換させて排泄する働きもありますし、ナトリウムとのバランスを保つカリウムも豊富に含まれていますので、余分なナトリウムの排出を促し利尿作用を高めてくれます。カリウムは、むくみや熱中症,夏バテ防止などに効果を発揮します。

カラダを守る抗酸化成分たち

これからの季節、キツイ紫外線を浴びるとカラダに大量の活性酸素が発生しやすくなります。その活性酸素を除去してくれるのが抗酸化成分です。

<リコピン>
トマトに含まれていることで有名な成分ですが、スイカにはトマトの約1.4倍のリコピンが含まれています。リコピンは強い抗酸化力が特徴で、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持っています。血糖値を下げたり,動脈硬化の予防,ガン予防,喘息の改善,美白効果,ダイエット効果などが期待できます。

<シトルリン>
シトルリンは抗酸化作用により、「美肌」をもたらす「紫外線からの保護」「天然保湿因子」「コラーゲンの保護」「保湿作用」といったアンチエイジングを実現します。また、シトルリンは末梢の血流を改善してくれますので、冷え症や足のむくみを改善してくれます。

<ビタミンC>
お肌にできるシミやソバカスは、メラニン色素の生成が原因です。ビタミンCが持つ抗酸化力で、メラニンの生成を抑制したり、還元したりします。また、ビタミンCはコラーゲンの合成を促しますので、はり,弾力のある若々しいお肌を作ることができます。

夏バテ解消に役立つスイカ

スイカは他にも、免疫力を高めるβ-カロテン,疲労回復に役立つビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンC,カルシウム,リン,鉄等のミネラル,アルギニンなどが含まれています。夏バテで疲れたカラダに、また夏バテ予防として最高の栄養補給になります。暑さと紫外線で夏バテしやすい時期ですので、必要な成分をしっかり補いましょう。

皮まで食べよう豊富な栄養素

果肉よりも皮の部分を食べると利尿作用や美容効果が高いようです。皮には果肉の2倍のシトルリンが含まれますので硬い薄皮を除いた白い皮の部分も是非、食べておきたいです。お漬け物にしたり、薄切りにして炒めたり、煮たりと、いろいろな食べ方があります。また、種にも脂質やタンパク質,リノール酸,カリウムが多く含まれています。

そのまま食べると消化が悪いですが、スムージー用にミキサーで砕けば、種の中の良質な油を摂取することができます。


 今日のおさらい

レ点3 スイカには体内の毒素を排出したり、抗酸化作用のある成分が豊富に含まれている
レ点3 美容効果の高い「シトルリン」が含まれている
レ点3 抗酸化成分が豊富に含まれている
レ点3 夏バテ解消、また予防として最高の栄養補給になる
レ点3 皮の部分にも栄養がたっぷり

今日は、夏本番に向けて「夏バテ予防」に最高なスイカの力を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

美容効果もバッチリありますので、女性にはとても嬉しい食材ではないでしょうか。これからの暑い季節、スイカを食べて乗りきりましょう。ただし、スイカには体を冷やす作用もありますので、食べ過ぎには気をつけてくださいね。冷え性などの悩みがある人は、ホットドリンクと一緒に食べるようにすると良いですよ。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.7.5

ニセモノ食品は、こう作る!| 味も見た目も騙される、最新のコピー技術《part2》

私たちが普段、口にしている食品がすべて“ニセモノ”だったとしたら、あなたはどうしますか?最近の加工技術は凄く、素人には見分けのつかない「コピ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る