食品添加物をデトックスする方法!|あなたも体の中からキレイになれる

過去に「食品添加物を食べる前に減らす方法|まとめてみました」を紹介しましたが、実践されている人はどのくらいいるのでしょうか?簡単にできることではありますが、忙しくて毎日やるのは無理という人も多いと思います。そこで今日は、摂取してしまった食品添加物を“デトックス”する方法を紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「食品添加物を食べる前に減らす方法|まとめてみました」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

デトックスとは

デトックスとは、体の中に留まってしまった「毒素」をカラダの外に排出してキレイにしようという健康法です。

●日常生活に溢れる「体外毒素」

現代では食品も多様化し、様々な食品添加物を当たり前のように使うようになりました。普段、スーパーでなにげなく手にしている食品にも、必ずと言って良いほど、添加物が使われています。また、野菜や果物を育てる際に利用される農薬やポストハーベスト、そして大気汚染によるダイオキシンなども毒となり私たちの体内に蓄積されていきます。

さらには、工業排水や家庭排水が海に流れ出し、その排水中の物質をプランクトンが食し、さらにプランクトンを魚が食し、食物連鎖によって私たちの体内に蓄積されていきます。


●自ら作り出す「体内毒素」

これは、体の中で出来た老廃物のことです。

  1. 腸の中で食物を消化する際に出来た老廃物(アンモニア・硫化水素・インドール・スカトール・アミン類など)※これらはすべて発癌成分であり同時にニオイ成分でもあります
  2. 生きていくために必要なエネルギーを作る際に出来た老廃物や、不要になった細胞を分解した際に出来た老廃物(乳酸・尿素・尿酸など)

このように加工食品はもちろん、野菜も魚介類も「毒素」を持っているとなると、現代の食生活では「毒素」から逃れることはできません。
そこで、体内から積極的に「毒素」を排出しようと言うわけです。

デトックスは、体の中をキレイに掃除するための大切な機能であり、私たちすべてに生まれつき備わっている能力でもあります。

こんな症状があったら危険!

  1. 手足がむくみやすい
  2. 風邪をよく引く
  3. 冷え性である
  4. 喜怒哀楽が激しい
  5. シワやシミが増えた
  6. 肌荒れ・乾燥しやすい
  7. 抜け毛が気になる
  8. 便秘が続いている
  9. 口臭や体臭が気になる
  10. 急激な体重増加
どうですか?当てはまる項目はありましたか?

一つでもあれば「毒素」による影響が出始めているのかも知れません。

デトックスの方法

毒素はどうやって排出される?多くは、便とともに排出されます。あとは、尿や汗などです。具体的には、便75%・尿20%・汗3%・爪1%・毛髪1%の割合で排出されるようです。

<水や、デトックスドリンクを飲む>

水を飲むと血液の循環がよくなって新陳代謝が活発になるので、必要な栄養分は吸収されやすく、不要な毒素は排出されやすくなります。水分を摂るときは、浄水器でろ過した水かミネラルウォーターが良いでしょう。ジュース類は、添加物がたっぷり入っていますので、デトックスには向きません。 水を、一日2リットルを目標に毎日、飲みましょう。

●緑茶

カテキンには、細菌が出す毒に対する解毒作用があります。コレラ毒素や腸管出血性大腸菌O157のベロ毒素などを解毒することから、食後に飲むと食中毒を防ぐといわれています。

●ハーブティー

ローズヒップやフェンネルなどがオススメ。利尿作用が強く、毒素を尿とともにたくさん排出する効果があります。


<食生活に気をつける >

排便と排尿によるデトックス効果をアップさせるには、水分補給もそうですが食事がとても重要です。食材の選び方や調理などの工夫で、体に毒素が入らないよう、また体内の毒素を排出しやすくなります。

調理の工夫に関しては、こちらを参考になさってください ⇒ 「食品添加物を食べる前に減らす方法|まとめてみました」

肉や魚よりも、無農薬の野菜中心の食生活をすることが、デトックスには大切です。食物繊維や水分を適度に含んだ野菜で、便秘を解消し、毒素をしっかり排出しましょう。

<入浴>

じっくりと汗をかくことができる半身浴は、自然な発汗を促して、体内に蓄積された有害ミネラルを排出します。半身浴にプラスして、足浴、手浴などからだの気になる症状に合わせた部分浴をしたり、入浴剤やアロマオイルを使うことも効果的なデトックス方法です。

< 適度な運動をする>

汗からも、少量ですが毒素を排出することができます。また、適度にカラダを動かすことは、便秘の解消やストレス解消にも有効です。毎日でなくてもOKなので、少しづつでもカラダを動かす習慣をつけましょう。

デトックス効果のある食べもの10種

1. 柑橘類
レモン、ライム、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類は、デトックス作用があることで知られています。ビタミンCを多く含むため、強力な抗酸化作用も期待でき、お肌の老化を防いでくれます。

2. ベリー類
ブラックベリー・ラズベリー・ブルーベリー・ビルベリー・クランベリー・ストロベリーやチェリーには甘くて水分が多く含まれ、ビタミン、抗酸化物質、ミネラル、食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれます。

3. クレソン
クレソンは天然の利尿作用がある事で有名です。ビタミンB、亜鉛、カリウムを豊富に含み、身体の毒素を排除してくれます。

4. リンゴ
リンゴは食物繊維やビタミンが含まれる事で有名です。他にも、フロリジンという抗酸化物質が胆汁の生産を助け肝臓の働きを高める事で、体内に蓄積した食品添加物や農薬などの不要な毒素を排出してくれます。

5. 玄米
玄米はビタミンBやセレニウム、マグネシウムや食物繊維が豊富で腸を綺麗に掃除したり、肝臓を強める解毒作用があります。

6. 生姜
生姜は消化不良を改善し、ガスの停滞やガスによる腹痛を緩和させる、腸へのデトックス効果の高い食品です。

7. キャベツ
キャベツにはスルフォラファンとグルタチオンという2種類の抗酸化物質を含み、体内に溜まった化学的毒素を排泄してくれます。

8. ガーリック
ガーリックは白血球を増加させるアリシンを含み、抗ウイルス性や抗菌性が高い天然の解毒食材です。特に生で食べる事がいちばん効果的なので、スープやサラダのドレッシングにすりおろして食べると良いでしょう。

9. ブロッコリーの芽(スプラウト)
発がん性物質を抑える解毒酵素(肝臓で作られる)を活性化することがわかっています。1度食べると、2日半ほど、解毒酵素の活性が保たれるため3日に1度、1パック程度食べることで、常に活性を保たれます。スルフォラファンという抗酸化物質がブロッコリーの20倍以上も含まれています。

10. オメガ3オイル
解毒に有効なのは、大麻油、亜麻仁油、アボカド油、またはオリーブ油。これらのオイルは腸壁を潤滑化し、毒素を吸収して排泄してくれます。


今日のおさらい

レ点3 デトックスとは、留まってしまった「毒素」を体の外に排出すること

レ点3 毒素には「体外毒素」と「体内毒素」がある

レ点3 毒素の多くは、便とともに排出される

レ点3 水分を摂り食生活に気をつけ入浴と運動を心掛ける

今日は、摂取してしまった食品添加物を“デトックス”する方法を学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

デトックスというと、それ用のサプリメントを飲んだりクリニックに通ったりしなければとイメージする人もいるとは思いますが、実際は日常生活でちょっと意識するだけで、デトックスは充分効果を発揮します。お金をかけなくても、特別大変なことをしなくても、できるデトックスで体の中からキレイになリましょう。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルトとベリーフルーツ

2017.2.28

40代でも痩せられる!楽ちんダイエット,結果報告|私が実践したダイエット法5つを公開

2017,11,23追記あり 以前にも、私が実践しているダイエット法を紹介し経過報告をしたことがありました。それは2014年の7月でしたが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る