腸管出血性大腸菌O157の特徴|家族が感染したら~注意すること

前回、「O157増加中!食中毒の危険が迫る|家庭でできる予防法」を紹介しました。
今年は昨年の2倍のペースでO157が増加しているというニュースが流れていましたので、今日は“腸管出血性大腸菌O157”についてもう少し紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「ノロウイルスの基礎知識|冬が来るまでに知っておくべきポイント」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

腸管出血性大腸菌O157とは

大腸菌は、家畜や人の腸内にも存在します。ほとんどのものは無害ですが、このうちいくつかのものは、人に下痢などの消化器症状や合併症を起こすことがあります。病原大腸菌と呼ばれ、中には毒素を作り出し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす、腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあります。

代表的なものが「腸管出血性大腸菌O157」で、そのほかに「O26」や「O111」などが知られています。

危険な「ベロ毒素」

腸管出血性大腸菌は、毒力の強い「ベロ毒素(志賀毒素群毒素)」を出し、溶血性尿毒症症候群(HUS)などの合併症を引き起こすのが特徴です。溶血性尿毒症症候群が発症する機構は十分には解明されていませんが、この毒素が身体の中で様々な障害を起こすことによって、全身性の重篤な症状を出すものと考えられています。

感染したときの症状

菌が口から入って、通常2~3日後に腹痛、 下痢、嘔気、嘔吐、発熱などの症状がでます。その後、血が混じった下痢になります(真っ赤な色の下痢が出る場合があります)。人によっては1週間以上経過してから発症することもあります。

恐ろしいのは稀に溶血性尿毒症症候群(HUS)を合併することがあることです。そうなると感染された方の一部には亡くなる方も出てきます。

腸管出血性大腸菌O157の特徴

<毒が強い>
O157はベロ毒素という毒をつくり、血便を伴う激しい下痢を起こす。

<感染しやすい>
一般の 食中毒は、「約100万個」程度と、多量の細菌が侵入しないと症状が現れませんが、O157は「約100個」程度という少ない数で発症する。

<すぐに症状がでない>
菌が体内に入ってからすぐに症状が出るわけではなく、2日から9日、平均約5日経ってから症状が出る。

O157の感染源は?

通常、牛などの家畜が腸の中に持っています。牛自体は菌を持っていても症状が出ることは少ないので、外見だけでは保菌(菌を持っていること)しているかは分かりません。この菌がどのようにして人に感染するのでしょうか?

いくつかのルートが考えられます。

  1. 保菌している牛が食肉として提供される際に、菌が食肉に付いてしまう可能性が最も多いと思われます。
  2. 牛を飼育している環境が汚染されて、その周辺で作られている野菜などに菌が入ってしまう可能性。
  3. 感染している人が調理を行った場合には、食べ物に菌が付着して、それを食べた人達が感染する可能性。
  4. 家族など生活を共にする人が感染し、感染者が触ったものを介して感染する可能性。

家族が感染したら~注意すること

感染者が使ったものは、すべて消毒しないといけないわけではありませんが、感染者の便で汚染された可能性がある部位は消毒が必要です。

●トイレと洗面所を中心に消毒しましょう

  • トイレでは、便座はもちろん、便器のリモコン・手すりやドアノブなど
  • 洗面所では、蛇口やタオル掛けなど

感染者が触れた可能性のある部分を特に、市販の消毒用アルコールやハイターなどを使って消毒します。

※感染者の便で汚れた下着・寝具・シーツなどは、家庭用漂白剤などにつけおき消毒をしてから洗濯します。

●よく手洗いをしましょう
感染者、本人は調理や食事の前、トイレの後は、石鹸を使い流水でよく手を洗い消毒用アルコールなどを使って消毒します。
家族など生活を共にする人も、食事前などは石鹸を使い流水でよく手を洗ってください。

●患者は学校に行ってもいいの?
O157の感染は、感染症法では菌の陰性化を確認するまで飲食物 に直接接触する業務は制限されていますが、お子さんの登校については学校保健法で学校医などが学校での感染のおそれがないと認めるまで、校長が出席を停止させることができることとなっていますので、学校にご相談ください。

●お風呂やプールは入っても大丈夫?
大腸菌は塩素に弱く、公用プール・温泉・公衆浴場等は、消毒などの安全管理の対象となっていますので、過剰に心配する必要はありません。

患者さんが自宅でお風呂を利用する場合は、免疫力の弱い乳幼児や高齢者は患者の前に入浴するようにします。

  • お風呂の水は毎日替え、タオル類は1人で1枚を使い、共用は避けてください。
  • 患者さんは、下痢をしているときはシャワーだけにしてください。

今日のおさらい

レ点3 O157は、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす
レ点3 通常2~3日後に、人によっては1週間以上経過してから発症することもある
レ点3 特徴・・・「毒が強い」、「感染しやすい」、「すぐに症状がでない」

今日は“腸管出血性大腸菌O157”について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?
大腸菌の中でも病原大腸菌と呼ばれ中には毒素を作り出し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす、とても恐ろしい腸管出血性大腸菌O157。日頃から手洗いなどをしっかりして菌を寄せ付けないことが最大の予防になります。

予防については、「O157増加中!食中毒の危険が迫る|家庭でできる予防法」を参考になさってください。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

女性の寝姿

2016.9.22

実践してみた!「裸寝、ノーパン健康法」|これでカラダも頭皮も若返り

育毛生活の延長線上で最近、気になっているのが「裸寝健康法」もしくは「ノーパン健康法」です。血行が良くなる、新陳代謝が良くなる、ストレスが減少…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る