脳内で糖尿病がおこる、認知症(アルツハイマー病)|アミロイドβ、糖鎖との関係

砂糖の危険性については、みなさんもよく聞いていると思います。糖質の摂りすぎでさまざまな病気を発症してしまいます。なかでも認知症(アルツハイマー病)は脳の糖尿病といわれ、脳内インスリンの分泌が関係しています。今日は、3型糖尿病ともいわれる認知症(アルツハイマー病)について紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「砂糖中毒!糖質が脳をバカにする | 砂糖中毒から抜け出す方法」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

糖尿病がアルツハイマー病を引き起こす

脳内の記憶や学習をつかさどる「海馬」部分を調べた結果、アルツハイマー病の人は、インスリンを生成する遺伝子の働きが弱く、インスリンを作る酵素量もアルツハイマー病でない人の約2分の1しかなく脳内が糖尿病状態になっているといいます。

血糖値を調整するインスリンの低下で脳内のエネルギー代謝が悪化した結果、神経細胞が死滅してアルツハイマー病が進行します。また、糖尿病はアルツハイマー病の発症リスクを高めるだけでなく、症状を悪化させます。

アルツハイマー病の原因物質 “アミロイドβ”がたまる

糖尿病とはインスリンの異常で血中のグルコース(ブドウ糖)が細胞に入っていけなくなる病気です。ブドウ糖などの栄養素が供給されなくなるので細胞の栄養失調状態が起こり、免疫不全となり感染症などを引き起こします。

なぜインスリンが働かなくなるのでしょうか?それは、インスリンは出ていても細胞表面の糖鎖との連携がうまくいっていないために起こります。つまり糖鎖が正常に働いてこそインスリンの役目が果たせるのです。

特に慢性的にインスリンが出過ぎでしまう人(お寿司とうどん・ラーメンとごはん等、炭水化物の食べ過ぎ)や、2型糖尿病の人、糖尿病予備軍、このような人は特に気をつけないと、インスリン分解酵素が炭水化物質の分解で使われ、アルツハイマー病の原因物質といわれる“アミロイドβ”の分解に回らず、脳内にたまりやすいのです。

つまり、アルツハイマー病にかかりやすいのです。

“アミロイドβ”がたまり始めるのは40代から

やはり普段の食生活が大切です。炭水化物の食べ過ぎや高脂肪なもの、甘いものなどを食べ過ぎると太るだけでなく脳に悪影響を与えます。アルツハイマー病の原因物質 “アミロイドβ”がたまり始めるのは早い人で40代から。中年太りを避けることは糖尿病などの生活習慣病予防になるだけでなく、アルツハイマー病予防にもつながります。

糖鎖機能を高めよう

アルツハイマー病患者の脳内のインスリンの働きは糖鎖機能の回復により改善します。実際に、糖鎖栄養素摂取により、初期のアルツハイマー病だった70歳女性が8年たった今でも、健常者と変わりない会話で日常生活を送れているそうです。糖鎖栄養素を取り入れることで予防になるのです。

他にも

  1. 免疫力向上
  2. 抗酸化力向上
  3. 解毒力(デトックス)の強化
  4. 細胞の再生(脳神経・けが・肌再生)

 などに役立ちます。

そもそも糖鎖(とうさ)とは?

人間の体には、約60兆個の細胞が存在すると言われていますが、その細胞1つ1つを見ていくと、細胞の表面に約500本~数10万本に及ぶ産毛のような形をしたものを確認することができます。

この産毛のような形をしたものが「糖鎖(とうさ)」と呼ばれるもので、細胞同士の認識や相互作用に関するコミュニケーションの役割を担い、「アンテナ」又は「センサー」の働きをしています。

糖鎖はグルコース(ブドウ糖)を始めとする、8種類の糖質の複雑な組み合わせで出来ています。糖鎖は、その先端が触れることで様々な情報を細胞内に取り入れています。たとえば免疫細胞では、細菌やウイルス、毒素、癌細胞、その他様々な異物がやって来た時、そのアンテナの先端が触れることでそれが何者なのかを判断しているのです。

また最も重要なホルモン情報も、糖鎖のアンテナが取り入れています。それと細胞同士も、アンテナが触れ合うことで、互いに話し合いをしています。細胞同士が連絡し合うことで、始めて正常に働ける訳です。 また、神経細胞の表面に糖鎖がないと脳のネットワークがうまくつくれません。

私たちが、健康でいるためには、細胞表面にあるこの糖鎖、そしてそれを形作っている8種類の糖質栄養素は、絶対に欠かせない存在なのです。

200種類以上ある糖質栄養素のうち、糖鎖を構成する栄養素は8種類

【通常の食事からの摂取可能な糖質】

1. グルコース…ほとんどの植物や穀物類 、コロイド天然水など
2. ガラクトース…乳製品、コロイド天然水、ツバメの巣

【通常の食事からでは、摂取が難しい糖質】

3. マンノース…サボテン類(とくにアロエなど)、ツバメの巣、コロイド天然水など
4. フコース…海藻類(とくにモズク、ひじき)キノコ類、ツバメの巣など
5. キシロース…穀物や食物の皮、コロイド天然水など
6. N-アセチルグルコサミン…エビ、カニ甲殻類(甲羅)、ツバメの巣など
7. N-アセチルガラクトサミン…牛乳、ツバメの巣など
8. N-アセチルノイラミン酸…母乳、ツバメの巣など

本来は食物から摂取されるはずですが、化学肥料や農薬などの大量使用によって、有機物を分解するミミズやトビムシなどの土壌動物や土壌細菌の激減により土壌が疲弊し困難になっています。

現代の食環境ではグルコースは穀類やイモ類などからでんぷんとして、ガラクトースは乳製品などからラクトースとして摂取できますが、残りの6種類の糖鎖栄養素はサプリメントなどから摂取せざるをえないのが現状です。

糖鎖の数は、健康な人でおよそ10万本(部位によって異なる)といわれています。
しかし、現代の食環境や不規則な睡眠や過剰なストレス、そして大気汚染をはじめとする様々な化学物質等の影響で約3~4万本に減っているとの報告もあります。


今日のおさらい

レ点3 糖尿病はアルツハイマー病の発症リスクを高める
レ点3 糖鎖の機能が弱るとインスリンはうまく働けない
レ点3 アルツハイマー病の原因は“アミロイドβ”の分解ができないため
レ点3 “アミロイドβ”がたまり始めるのは早い人で40代から
レ点3 アルツハイマー病患者の脳内のインスリンの働きは糖鎖機能の回復により改善

今日は、認知症(アルツハイマー病)について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?
3型糖尿病ともいわれ、生活習慣が大きく関わっていました。運動と食生活を見直し、生活習慣病の予防をしっかりとすることでアルツハイマー病の予防につながります。そして、糖鎖の機能を維持していくことが健康でいるための鍵になります。

これもやはり、生活環境・生活習慣の乱れにより機能は低下しています。規則正しい生活を心掛けたいものです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2016.9.11

ただいま育毛中、実況生中継!《part9》|髪殿ミニボトル30ml「特別価格¥1080円」から始めます

前回、「ただいま育毛中、実況生中継!《part8》|続編スタートします!」を紹介した時には、ちょうど「髪殿ミニボトル30ml」が手元に届いて…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る