知らないと怖い紫外線(日光)アレルギー|予防と対策

これから、ますます日差しが強くなりますが、強い日差しによる「紫外線アレルギー」が気になります。近年、急増している紫外線アレルギー。やはりオゾン層との関係があるのでしょうか?それとも食生活が関係してるのでしょうか?

アレルギーを起こすと湿疹、かぶれ、かゆみなどの症状がでて、一度発症すると治すのは難しいといわれています。
今日は紫外線(日光)アレルギーについて紹介します。

関連記事はこちらです ⇒「“紫外線対策に役立つ食べもの・飲みもの” まとめ|内からの紫外線対策できていますか?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

紫外線アレルギーとは

紫外線(日光)アレルギーとは、日光と日光の紫外線によって引き起こされる免疫システムの異常反応です。(作用波長は、UVA・可視光線であることが多い)日光過敏症や光線過敏症とも呼ばれ、普通の人が浴びて問題のない程度の日光や紫外線でも浴びるたびに肌が真っ赤に腫れてしまったり、湿疹ができたり、酷いかゆみを感じるようになります。

症状が悪化すると、じんましんになったり、水ぶくれができたりする怖い病気です。さらには、吐き気がしたり、頭痛や発熱を伴う人もいます。薬剤や化学物質などが原因となる“外因性光線過敏症”と、代謝障害や遺伝子異常など生体内の異常に伴って出現する“内因性光線過敏症”とに大別されます。

外因性光線過敏症と内因性光線過敏症

<外因性光線過敏症>
服用している薬や日焼け止めの成分、化粧品、香料などが原因である可能性があります。
「光毒性」と「光アレルギー」に分かれます。


光毒性

皮膚に存在する物質(光感作物質)が特定の波長光線を吸収して細胞内で光感作物質が作用して起こります。これは、特定波長の光線が十分量あればどの人でも起こりえます。

・ソラレン、コールタール、スパルフロキサシン(抗生剤)など
・日焼け止め、化粧品など


光アレルギー性

皮膚にある光感作物質が特定の波長の光線を吸収すると体質によって光抗原ができます。これが生体タンパクと結合してタンパクの完全抗原となって皮膚にアレルギー反応を起こします。この感作された皮膚にまた光があたると光抗原となり、アレルギー反応が起きます。
これは人によって光抗原が出来やすい、出来にくいがあります。

・様々な薬の内服で起こる
・薬を内服後しばらく(半日以上)経過してから、皮膚症状が出る


<内因性光線過敏症>

遺伝的素因:色素乾皮症、Cockayna症候群、Bloom症候群、Smith-Lemli-Opitz症候群
   感染性: 単純ヘルペス
代謝異常: ポルフィリン症
栄養障害: ペラグラ
酵素異常: 白皮症
免疫異常: 紅斑性狼瘡、日光蕁麻疹、多形日光疹
Koebner: 乾癬、多形滲出性紅斑

突然、起きるアレルギー

紫外線アレルギーもメカニズムは花粉症などと同じです。つまり、毎日少しずつ浴びることによって、紫外線(アレルゲン)に対抗して身体を守っていた『抗体』が一定量を超えてしまった時、それがアレルギー症状となって突如、現れてくるのです。一度、一定量を超えてしまうと、その後は紫外線を浴びるたびにアレルギー症状が出るようになります。

それから、薬剤や化粧品以外にも、“フロクマリン”を含むセロリ・ドクダミ・クロレラなどの食品によって光線過敏症を起こす可能性があることも知っておいてください。
さらに、“ソラレン”(光毒性物質)を含む食品も注意が必要です。

光毒性物質のソラレン

ソラレンを多く含む食品を摂取し、紫外線を浴びると通常よりも紫外線を多く吸収してしまいます。ソラレンは、体内摂取なら数時間の内に感受性を高める効果がなくなりますので、ソラレンを含んだ食品を食べたい時は、紫外線を浴びない夜や外出をしないときを選びましょう。

また、体内への摂取ではなく肌に直接レモンを張るなどの行為はやめてください。その部分にソラレンが残り、丸々シミになる可能性大です。肌へ付着した成分は、2日ほど効果が持続しますので大変危険です。

昔、流行ったレモンパックなどは、現在では肌トラブルの元と認識されています。「レモン」は、ビタミンCが豊富でシミや黒ずみに効果があると言われていますが、実は紫外線の感受性を高めてしまう食べ物でもあるのです。

ただ、ビタミンCがシミや黒ずみに効果を発揮することは確かなので、レモンを摂取したい場合は、夜に食べましょう(ソラレンの効果は朝にはなくなっています)。


「ソラレンを含む、紫外線の感受性を高めてしまう食べ物」

  • アセロラ
  • いちじく
  • オレンジ
  • 柑橘系
  • きゅうり
  • クロレラ
  • グレープフルーツ
  • セロリ
  • パセリ
  • 三つ葉
  • レモン

予防と対策

光線過敏症の原因は、遺伝性、代謝の異常、アレルギー等様々ですが、なかでも頻度が高いのは、薬剤によるものです。原因となる薬剤は多くの種類があり、光線過敏症の発現頻度は、薬疹全体の約 14%を占め、内服薬によるものの頻度が高いです。

<薬剤の一例>

分類薬剤名(商品名)
ニューキノロン系抗生物質クラビット・スオード
非ステロイド系抗炎症鎮痛剤モーラステープ・ボルタレン
脂質異常症治療剤リポバス
抗結核薬イスコチン
サルファ剤サラゾピリン
利尿剤ラシックス
抗がん剤ダカルバジン・オダイン
抗ヒスタミン剤ゼスラン
抗精神病薬ピレチア・ホリゾン

原因となりうる薬剤を使用している人は、とにかく紫外線対策を念入りに行い予防することが大事です。

紫外線対策の記事はこちらです。

日焼け止めクリームのパッケージには「PA(UVA防御指標)」と「SPF(UVB防御指標)」が表示されています。一般的に、薬剤による光線過敏症は UVAで誘発されるため、PA の指標で選びます。また、紫外線吸収剤 を使っていないものの方が肌への負担が少なくてよいでしょう。

光線過敏症は薬剤によるものだけではなく食品や化粧品などによっても起きる可能性がありますので、薬剤を使用していない人も紫外線対策をしておくべきでしょう。


今日のおさらい

レ点3 紫外線アレルギーは「外因性光線過敏症」と「内因性光線過敏症」がある

レ点3 「外因性光線過敏症」は光毒性と光アレルギー性がある

レ点3 紫外線アレルギーもメカニズムは花粉症などと同じ

レ点3 光毒性物質のソラレンは普通の食品にも含まれている

今日は紫外線(日光)アレルギーについて学んできましたが、いかがでしたでしょうか?
一度発症すると治らないとは厄介です。やはり日頃から紫外線対策をきちんとしておかないと怖いですね。原因は薬剤によるものが多いようですが、ビタミンやミネラル不足が原因になることもあるそうです。紫外線対策に併せてバランスのとれた食事も大切ということですね。

また、原因となる薬剤は非常に多く、新薬の登場とともにその種類は増加しています。原因薬剤は大半は内服薬です。薬剤によって症状なども異なります。原因の分からない湿疹・かゆみの症状が現れた場合は、早めに受診するようにしましょう。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

研究室での実験風景 キャプチャ画像

2016.3.13

菌・ウイルス関連記事 まるわかりガイド | 目次

当ブログサイトで、菌・ウイルスに関連する記事が人気で多くの方に訪問して頂いております。そこで、関連記事に素早くアクセスして頂けるように、この…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る