私は絶対、アイスを食べません|隠された危険あなたは知っていますか?

本物のアイスクリームは乳脂肪たっぷりの牛乳に、卵黄・砂糖でできる栄養価の高い食べものです。

しかし市販品の多くは乳脂肪が少なく、増量のため乳化剤や安定剤が使われています。また植物油脂を使ったラクトアイスは、もはやアイスクリームとは呼べないものです。脱脂粉乳の代わりにカゼイン、大豆たんばくなどを使い、安定剤にパルプから作られる合成糊料も使用。風味を出すために、香料やさまざまな甘味料・酸味料、そして着色料が使われます。

関連記事はこちらです ⇒ 「砂糖はやっぱり毒だった|自然界には存在しない」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

 「アイスクリーム類」と「氷菓」の分類


アイスクリーム類

アイスクリーム (乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪が8.0%以上含まれているもの)
乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているので、風味がよく栄養的にも優れている。乳固形分や乳脂肪分が特に多く、空気の混入率の低い高価なものは「プレミアムアイスクリーム」と呼ばれています。

 ■ アイスミルク (乳固形10.0%以上15.0%未満、うち乳脂肪が3.0%以上含まれているもの)
乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないが、牛乳と同程度の栄養分を含む。植物性油脂が配合されていることもあります。

 ■ ラクトアイス (乳固形分3.0%以上10.0%未満)
乳固形分はさらに少なく、植物性油脂が多く使われています。


一般食品

 ■ 氷菓 (乳固形分3.0%未満)

※「アイスクリーム類」では、下に行くに従って乳固形分と乳脂肪分の量が少なくなり代わりに植物性油が多くなります。もちろん価格も下に行く程、安くなります。ラクトアイスは植物性油が大量なのでアイスらしい風味を出す為に、さまざまな添加物を使用しています。
つまり100円ほどで、たっぷり入っているお得感満点のアイスは避けるべきものなのです。

牛乳も卵も使わない 市販のアイスクリームは何からできてる


■牛乳の代わりに植物性油脂

牛乳の代用品として植物性油脂が使われます。大変安定していて
長持ちがします。

 ■卵黄の代わりにレシチン
レシチンとは大豆油を作るときに分離される、大豆の細胞膜の成分です。
レシチンは、油を水に分散させるエマルジョンとして作用します。
水と油を繋ぐことで氷の結晶生成を阻害し、アイスクリーム独特の食感を作っています。
レシチンは「大豆由来成分」と表示されている場合もあります。

※大豆アレルギーの人は避けた方が良いでしょう。

■砂糖の代わりにガムシロップ
ガムシロップの成分は、「異性化糖+水」。異性化糖はトウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを酵素で糖としたもので、「ぶどう糖果糖液糖」とか、「果糖ぶどう糖液糖」とも表示されます。

これも市販のアイスクリーム作りには欠かせないものになっています。砂糖に近い成分をもちながら結晶化しにくい構造をしていて、なめらかな感触を出すのに一役かっています。しかも、砂糖より割安です。

異性化糖(ガムシロップ)の危険性

 デンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、主成分は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)になります。異性化糖は液体の中にブドウ糖と果糖が混ざった状態で入っているだけで、結合していません。


異性化糖製品の分類

 ■ブドウ糖果糖液糖
果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50% 未満のもの。

 ■果糖ブドウ糖液糖
果糖含有率が 50% 以上 90% 未満のもの。

 ■高果糖液糖
果糖含有率が 90% 以上のもの。

 ■砂糖混合異性化液糖
上記の液糖に 10% 以上の砂糖を加えたもの(その液糖がブドウ糖果糖液糖なら砂糖混合ブドウ糖果糖液糖)。

 ※砂糖よりも価格が安いため、アイス以外にもジュースなどの清涼飲料水、ドレッシングなど多くの食品に使われています。


糖化のリスクは、ブドウ糖の10倍以上

 果糖は、食事や飲み物で摂取すると、消化酵素に分解されず、そのままの形で腸から吸収されます。血液中に入ると、大部分は直接細胞の中へと入っていきます。ブドウ糖のようにインスリンが関与しないので、ブドウ糖の10倍以上も糖化を進めます。

残りの果糖は肝臓内で、一部はグリセリド(中性脂肪)に変化し、さらに一部はブドウ糖へと変化します。グリセリドは脂肪細胞へ送り込まれ、肥満の原因になります。


カラダが焦げる糖化

糖化とは、食事によって摂り過ぎた余分な糖とタンパク質・脂肪が、体熱によって不正常な結びつき方(変性)をする現象のことです。体温の熱が関与することから、糖化反応は「カラダが焦げる」反応とも言われています。糖化が起こると細胞の老化が進み、肌の衰えや体調不良、さらに様々な病気をひきおこします。

糖化についての記事は、こちらをお読みください → 老化の原因は甘いもの|糖化=老化・病気」

1個で、1日に必要な脂質の6割を摂取

カップ入りのラクトアイスを1個食べると、1日に必要な脂質の6割を摂取してしまいます。食べ過ぎると脂質過剰になりニキビなどの肌荒れの原因にもなります。特に加齢によって油の代謝は悪くなるので、どうせ食べるなら本物のアイスクリームを選びましょう。

カラダを冷やす甘~い悪魔

冷たい食べ物は体を冷やします。体温が下がるとガンになりやすくなります。免疫力も低下し風邪などの病気にもかかりやすくなります。その他にも消化酵素などの体内酵素は冷やされると、うまく働けなくなるため消化不良をおこすなどさまざまなトラブルの原因になります。

また、糖分の高い食べ物を好んでよく食べる人は、免疫機能が減退し、ガンになる確率が普通の人の4~5倍になることも分かっています。
2014年3月5日、世界保健機関(WHO)は、砂糖の摂取量について、これまでの上限目標をさらに半分にする新指針案を発表しました。

WHOは、2002年に食物から取り込む熱量(カロリー)のうち砂糖の割合を10%以下に抑える目標を設定しました。今回は、これを5%以下とすることを求めたのです。
量にすると、成人では、1日に摂取できる砂糖の適量が「50gまで」から「25gまで」に減ることになります。

ちなみに25gは、ティースプーン5~6杯分です。

※砂糖含有量

食品砂糖含有量
チョコレート(1枚)45g20g
アイスクリーム(150ml)30g
缶コーヒー(250ml)20~30g
清涼飲料(500ml)60g
炭酸飲料(500ml)60g
スポーツドリンク(500ml)30g
乳酸菌飲料(50ml)10g
ジャム 大さじ(1杯)15g
まんじゅう(50g) 17g17g
ようかん(50g) 28g28g
お汁粉(1杯)40g40g
ショートケーキ(60g)29g
カステラ(1切れ)20g

今日のおさらい

レ点3 100円前後のアイスは偽物のアイスクリームだった
レ点3 牛乳も卵も使わないで作られていた
レ点3 砂糖の代わりに使われる異性化糖、糖化のリスクはブドウ糖の10倍以上
レ点3 アイスを良く食べる人は、ガンになる確率が普通の人の4~5倍になる

今日は、“アイスクリーム”について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?
牛乳と卵を使わなくてもアイスって作れるんですね。しかし、それってアイスなのかな~???って思いますけどね。 まぁ~植物油脂で作ったラクトアイスであろうが、本物のアイスクリームであろうが、冷たくて・糖分たっぷりには変わりないんですよね!

“カラダを冷やす甘~い悪魔” ガンになる確率が4~5倍ですから。普通は、怖くて食べれないと思いますけど、砂糖などの糖質には中毒性がありますから、やめられない人が多いのでしょうね。

特に小さい子どもは、免疫機能が大人のようにしっかりとできていないので、アイスクリームはアトピーやその他病気の、きっかけにもなってしまうので、食べさせないほうがいいでしょう。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

エルダーベリー

2016.5.29

スーパーフルーツ「エルダーベリー」の抗酸化力が凄い|特許技術で健康増進!

海外では風邪の予防対策に優れている食べ物として有名な「エルダーベリー」ですが、みなさんご存じでしょうか?果実のベリー種で、ブルーベリーの5倍…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る