指定添加物一覧(まとめ)その⑧|用途・安全性

このページでは、指定添加物の一覧(まとめ)を紹介しています。

 

 指定添加物一覧 その⑧

45. イソオイゲノール
46. イソ吉草酸イソアミル
47. イソ吉草酸エチル
48. イソキノリン
49. イソチオシアネート類(毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
50. イソチオシアン酸アリル(別名揮発ガイシ油)

▶ 目次へ戻る

  スポンサーリンク

45. イソオイゲノール

●用途 香料

天然にはイランイラン油、ナツメッグ油などに少量存在する成分です。合成法で作られ、無色~淡黄色の液体で、特有の香気があります。モモ、バナナなどの果実フレーバーに配合されます。

 46. イソ吉草酸イソアミル

●用途  香料

天然にはバナナ、リンゴ、トマトなどに含まれる成分です。合成法で作られ無色~淡黄色の液体で、果実様の香気があります。リンゴ、バナナ、パイナップルなどの果実フレーバーに配合されます。

47. イソ吉草酸エチル

●用途 香料

パイナップル、イチゴ、柑橘類等の果実に存在する成分です。合成法で作られ、無色~淡黄色の液体で、果実様の香気があります。果実フレーバー等に配合されます。

48. イソキノリン

●用途 香料

かつおぶし、牛乳といった食品中に存在する成分です。合成法で作られ、常温のイソキノリンは無色で吸湿性の油状物質で、突き刺すような臭気があります。様々な加工食品において香りの再現、風味の向上等の目的で使用されます。

49. イソチオシアネート類(毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)

●用途 香料

無色または淡黄色透明な液体でカラシのような強い刺激臭があります。合成法とガイシからの抽出法がありますが,現在では主として合成法により製造されています。ワサビ,カラシなどの香辛料用の食品香料であり,練りワサビ,練りカラシなどに広く使用されています。

50. イソチオシアン酸アリル(別名揮発ガイシ油)

●用途 香料

ワサビ、カラシ、大根などアブラナ科の植物に含まれる辛味成分です。現在は主として合成法で作られ、無色~淡黄色の液体で、からし様の強い刺激臭があります。畜肉加工品やソース類などの調味料のフレーバーとして使われます。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

女性の寝姿

2016.9.22

実践してみた!「裸寝、ノーパン健康法」|これでカラダも頭皮も若返り

育毛生活の延長線上で最近、気になっているのが「裸寝健康法」もしくは「ノーパン健康法」です。血行が良くなる、新陳代謝が良くなる、ストレスが減少…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る