“カラメル色素” けっこうヤバイ添加物|その噂、ホント?

前回、「食品添加物とは[着色料]|基礎知識⑤」で着色料について紹介しましたが、“よく使われる着色料”で「カラメル色素」について、少しだけ触れました。
この「カラメル色素」が、結構くせものだったりしますので今日は、もう少し掘り下げていきましょう。

関連記事はこちらです ⇒ 「コチニールって“カイガラ虫”なんだ!|アレルギーが起こるって聞いたけど」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

カラメル色素 とは

褐色の着色料として使用する食品添加物です。
用途が最も広く、着色料の80%以上を占めます。

コーラ、紅茶、黒ビール、菓子類、ソース、しょう油、スープ、つくだ煮など。その他、薬品、化粧品、ペットフードにも使われています。

主な製造法は、デンプンや糖蜜(砂糖精製時の廃糖蜜)に酸やアルカリを加え、加熱処理して工業的に生産します。

 「カラメルⅠ」は糖類を加熱してつくる昔ながらの方法です。

「カラメルⅡ」は糖類に亜硫酸を加えて加熱してつくります。

「カラメルⅢ」は糖類にアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱してつくります。

「カラメルⅣ」は糖類に亜硫酸とアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱してつくります。

以上の4種類が既存添加物として許可されています。

不親切な食品表示

食品表示は、いづれも「着色料(カラメル)」,「カラメル色素」と表示することが認められています。

ということは、4種類のうちどれを使用しているのか、私たち消費者には分からないという、なんとも不可解なルールになっています。

一日摂取許容量(ADI)

 カラメルII・III・IVに対しては一日摂取許容量(ADI)が設定されています。

 ADI: Acceptable Daily Intake (一日摂取許容量) mg/kg bw/day: 体重1kgあたり/1日あたりのADI (mg)

添加物名:カラメルⅠ
  ADI: 特定しない

添加物名:カラメルⅡ
  ADI: 0~160mg/kg bw/day

添加物名:カラメルⅢ
  ADI: 0~200mg/kg bw/day、 固形分として0~150mg/kg bw/day

添加物名: カラメルⅣ
  ADI: 0~200mg/kg bw/day、 固形分として 0~150mg/kg bw/day

Acceptable Daily Intake (ADI)だれが設定してるの

着色料は毎日様々な食品に使われているため、国内のみならず世界中でその使用の安全性について協議がされています。

世界機関である国際連合食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が合同で管轄する組織「Joint Expert Committee on Food Additives」(JECFA)に世界中から寄せられた安全性データを基にして、「1日に摂取しても安全な分量」とする「Acceptable Daily Intake」(ADI)が決められています。

この世の口に入るあらゆる物質には、人体にとって無害な量、利益のある量、毒性が見られる量、そして致死量というものがあります。ADIは生涯毎日摂取しても大丈夫なように、「ここからここまでの分量なら摂取しても人体には無害」という範囲を示す「無毒領域」の量の100分の1になるように定められています。

結局どうなの?  何が問題なの?

まず、次の引用分を見てください。

引用元:「FOOCOM.NET

問題になっているのは、4-メチルイミダゾール(4-methylimidazole 、4-MI)という物質。カラメル色素を製造する時にできる副生成物である。そのため、カラメル色素を多く含む食品に多く、飲料やビール、醤油やコーヒー等、さまざまな食品に含まれる。人類が長年にわたって食べてきた物質であり、米国などはカラメル色素における限度を250ppmと設定し、管理している。日本は、4-MIについては規制値を設けているわけではないが、カラメル色素についてはかなりの試験結果に基づいて、食品添加物として使用を認めている。
ところが最近、にわかに4-MIが問題視されるようになった。話が“盛り上がった”のは、カリフォルニア州の動きに拠るところが大きい。

同州は、発がん性や生殖毒性の懸念のある物質を「Proposition 65」という名称でリスト化しており、食品がこれらの物質を一定量以上含む場合には、同州での販売の際には食品に表示をしなければならない。4-MIは昨年、リストアップされた。表示しなくてもよい安全量(No Significant Risk Level)を、1日あたり29μg以下とした。

これをたてにして、米国の市民団体「Center for Science in the Public Interest」(CSPI )は、さまざまな種類のコーラの含有量を調べて「この基準を超えている」と指摘し、米国食品医薬品局(FDA)にも禁止を要請した。また、日本のNPO法人「食品と暮らしの安全基金」(小若順一代表)も7月、「コカコーラから発ガン性物質検出」というプレスリリースを出した。

どうやら、この話題が噂のもとになっている見たいです。

しかも、そもそも「4-MI」のヒトでの発がん性は、はっきりとしていないそうです。
米国毒性プログラム(NTP)の動物実験結果では、

●マウスでは肺に異常が出て明白な発がん性の証拠あり。
●ラットは、オスのラットで発がんの証拠なし、メスは不確実な証拠はある。

 という、なんともはっきりしない結果でした。


今日のおさらい

レ点3 着色料の中で用途が最も広く使用総量が最も多い
レ点3 製造方法により4種類に分かれる
レ点3 食品表示から種類を判断できない
レ点3 ADIが設定されている
レ点3 発がん性の噂はあいまい

今日は「カラメル色素」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

たいていの食品に使われているので、よく見かける添加物名だと思います。それゆえに、安全性について厳しく見られるのではないでしょうか。
食品表示から種類を判別できないのは、「必要性がない、安全性は担保されている」とも、取れます。いずれにせよ、ADIが設定され管理されているのであれば、それほど過敏になる必要もないと思います。

発がん性についても、実は私たちは普段から発がん性物質を摂取しています。

例えば、「ハム(ソーセージ)と レタス」を一緒に食べると、お肉に含まれる「アミン」とレタスの硝酸イオンが、唾液中で亜硝酸イオンに変化します。 これがアニンと反応することで発がん性物質のニトロソアミンが発生します。

また「焼き魚と 醤油」を一緒に食べると
焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンと、醤油に含まれる亜硝酸が融合し、ニトロソアミンがつくられます。

要するに摂取する量が少なければ、問題ないということです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

育毛剤「髪殿」

2016.10.3

ただいま育毛中、実況生中継!《part10》|薬用育毛剤「髪殿」の定期購入を開始しました

前回、「ただいま育毛中、実況生中継!《part9》|髪殿ミニボトル30ml「特別価格¥1080円」から始めます」を紹介した時には、お試し品の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る