指定添加物一覧(まとめ)その⑤|用途・安全性

このページでは、指定添加物の一覧(まとめ)を紹介しています。

 

 指定添加物一覧 その⑤

25.アニスアルデヒド (別名パラメトキシベンズアルデヒド)
26.β – アポ – 8 – カロテナール
27. (3-アミノ-3-カルボキシプロピル)ジメチルスルホニウム塩化物
28. アミルアルコール
29. α-アミルシンナムアルデヒド (別名α-アミルシンナミックアルデヒド)
30. DL-アラニン  
31. 亜硫酸ナトリウム (別名亜硫酸ソーダ)  
32. L-アルギニンL-グルタミン酸塩

▶目次へ戻る

  スポンサーリンク

25.アニスアルデヒド (別名パラメトキシベンズアルデヒド)

●用途 香料

合成法で作られ、無色の液体で特有の香気を持ち、アイスクリーム等の冷菓や、キャンデーなどの菓子類等のフレーバーに使用される

26.β – アポ – 8 – カロテナール

●用途 着色料

β-アポ-8′-カロテナールは、カロテノイド類の一つ(アルデヒド型)であり、また、ビタミンAの生合成過程において、ビタミンAの主要な前駆物質である
β-カロテンの中間代謝物のひとつと考えられています。

使用基準が設けられています。こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む。)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない。

27. (3-アミノ-3-カルボキシプロピル)ジメチルスルホニウム塩化物

●用途 香料・香辛料 ・医薬品

魚介製品において香りを再現し、風味. を向上させるために添加されている。アスパラガス、セロリ、コールラビ、うんしゅうみかん、スイートコーン、緑茶、などに含まれる成分です。
胃腸の潰瘍や肝機能の改善の医薬品としても使用されますが、摂取量は香料の1000倍になります。

28. アミルアルコール

●用途  香料

清涼飲料、キャンディー等、様々な加工食品において香りを再現するために使用する。
果実等の食品に天然に含まれている成分です。

29. α-アミルシンナムアルデヒド (別名α-アミルシンナミックアルデヒド)

●用途  香料

合成法で作られ、淡黄~黄色の液体で、特有の香気を有する。リンゴ、ピーチ、ストロベリーなどの果実フレーバーに通常微量に使用されます。

30. DL-アラニン

●用途 調味料

アラニンは、しじみやあさりといった魚介類に多く含まれるアミノ酸です。DL-アラニンは、通常、合成法で作られています。
食品添加物として使用する場合には、特に制限はなく、食品に対しては、主に、味の調和をとる目的で、水産練り製品や珍味類等の水産加工品や漬物類・そう菜類を中心に、いろいろな食品に使用されます。
この他に、グリシンと同様に、食品の日持ち向上の効果も注目されています。

31. 亜硫酸ナトリウム (別名亜硫酸ソーダ)

●用途 保存料・漂白剤・製造用剤・酸化防止剤

保存の目的では、果汁・ジュース類とワインなどに使われています。
漂白の目的では、カンピョウの漂白や、煮豆と甘納豆用の原料豆、サクランボなどの漂白に使われています。
酸化防止の目的では、乾燥果物類やエビ・カニの類が褐色又は黒色に変色するのを防ぐためなどに使われています。

32. L-アルギニンL-グルタミン酸塩

●用途 調味料

L-アルギニンにL-グルタミン酸を付加させて、呈味の効果を増したものです。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

マーガリン

2016.6.26

トランス脂肪酸、「狂った油」から身を守るには|ついにアメリカで使用禁止へ

食品に含まれる「トランス脂肪酸」、何年も前から危険性が指摘されていますが、まだそれほど一般に広まっていないように思います。あなたはトランス脂…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る