ビタミンCの基礎を学ぶ|あなたのCは足りていますか?

前回、「サプリメントの正しい取り方|取り過ぎで健康被害も」についてポストしましたが、今日はその記事の中にでてきたビタミンCについて掘り下げてみたいと思います。

関連記事はこちらです ⇒ 「ビタミンCの上手な摂り方|効率よい美肌つくり」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

そもそもビタミンCとは?

ビタミンCは、食材ではレモンなどに含まれ、美白や風邪に効果のある成分です。
サプリメントだけでなく、化粧水や医薬品や食品の酸化防止剤としても利用されるなど、幅広い用途があります。
ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼ばれており、過剰摂取による害も少なく、サプリメントや化粧水に配合される、人気の高いビタミンです。
美肌や風邪の予防などで有名ですね。

ビタミンCの力!

「抗酸化作用で、美白」
お肌にできるシミやソバカスは、メラニン色素の生成が原因といわれています。
ビタミンCが持つ抗酸化力で、メラニンの生成を抑制したり、還元することで、美白を手助けするといわれています。

「潤いのあるお肌作りを助けます」
女性が気になるお肌のたるみの原因は、コラーゲンが減少しているからです。
ビタミンCは、コラーゲンの合成を促しますので、はり、弾力のある若々しいお肌を作ることができるといわれています。

「ビタミンCが風邪を予防」
上記で述べているように、ビタミンCはコラーゲンの合成を助けます。
コラーゲンは、皮膚や粘膜の強化に欠かせない栄養素で、細胞と細胞を結ぶ接着剤的な働きがあり、病原菌やウィルスの侵入を防いでくれます。

「ガン予防にも働きます」
抗ガン作用があるとして知られているインターフェロンは、もともとは体内で作られるものですが、ビタミンCがこの物質の生成を促進すると言われています。
また、ビタミンCは、肝臓ガンや胃ガンの原因と推定されている「ニトロソアミン」という物質の生成を抑制することがいわれています。

「ストレスに対する抵抗力をビタミンCが高めます」
人間はストレスを感じると、これに対抗する為に抗ストレスホルモンを作りますが、その際にはビタミンCが必要となります。
イライラしやすい方やストレスを感じやすい方は、不足しやすいので注意が必要です。

ビタミンCはとても失いやすい栄養素

タバコを吸うと肌が老化すると いいますが、たった一本のタバコで25mg~100mgのビタミンCが失われます。喫煙される方は、ビタミンCをこまめに補給することが必要なようです。

次にお酒を飲むとアルコールを分解し、肝臓でアセトアルデヒドから酢酸、最後は尿となって排出されます。 ここでビタミンCは、肝臓内での分解時に大量に消費されるこことなります。不足した場合には、アセトアルデヒドの分解が遅れ、二日酔いの原因とななります。
飲み会の多い方は特に注意が必要ですね。

さらに精神的ストレス
ストレスを受けると、副腎から抗ストレスホルモンを分泌して、ストレスを退治していますが、この抗ストレスホルモンを作るときにビタミンCが大量に消費されます。

ビタミンC誘導体とは?

実は、ビタミンCは直接、肌に塗ったとしても、ほとんど美肌の効果は発揮できません。
肌の表面には、異物が侵入しないようバリア機能が備わっているので、通常のビタミンCのままでは、肌の内部に浸透することが出来ないのです。
そこで、ビタミンCにリン酸や糖などを結合させて、肌の内部にまで届くように加工した物をビタミンC誘導体と呼んででいます。

コラーゲンの生成にはビタミンC

コラーゲンはアミノ酸が多数結合して出来たもので、皮膚や筋肉はもちろんのこと骨や目などのあらゆる組織に含まれています。
コラーゲンの最も大事な役割は、細胞と細胞をひっけるノリのような役割を果たし、細胞同士を正しい位置に整列させる仕切りの役割をすることです。
その為、不足すると肌の細胞同士の結びつきが弱くなり、肌のハリがなくなりシワが多くなってしまうのです。
又、骨にも多くのコラーゲンが存在するので不足すると、関節軟骨が弱くなり、膝に痛みが現れるなどの要因になります。
コラーゲンの生成には、アミノ酸とビタミンCが必要ですので、しっかりと補給する必要があります。

参考

ビタミンCは、健康や美容に欠かせない栄養素として注目を集めていますが、大きく注目を集めはじめたのは、大航海時代である16~18世紀までさかのぼります。
この時代では、長い期間、海を渡り海外へ進出していましたが、航海中にビタミンC欠乏が原因で発病する「壊血病」で多くの人が亡くなりました。

壊血病とは、コラーゲンの生成が出来なくなり、体内にめぐる血管がボロボロになり、いたるところで出血する恐ろしい病気です。
実は当時は原因不明でしたが、1900年代に入り、やっと壊血病の原因がビタミンCの欠乏症であることが判明した事から、一気に注目を集める栄養素となったようです。


今日のおさらい

レ点3 ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼ばれている
レ点3 ビタミンCは「美白」、「潤いのあるお肌作り」、「風邪予防」、「ガン予防」、「抗ストレス」に効果がある
レ点3 ビタミンCはとても失いやすい栄養素である
レ点3 ビタミンCは直接、肌に塗っても、ほとんど美肌の効果はない
レ点3 コラーゲンの生成には、アミノ酸とビタミンCが必要

 

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2016.9.11

ただいま育毛中、実況生中継!《part9》|髪殿ミニボトル30ml「特別価格¥1080円」から始めます

前回、「ただいま育毛中、実況生中継!《part8》|続編スタートします!」を紹介した時には、ちょうど「髪殿ミニボトル30ml」が手元に届いて…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る