夏本番に最高のビールが太るわけ|それでも飲みたい季節です

グラスに入ったビール

私、個人としては非常に残念なことですがビールは気をつけないと太ります。それは麦からできていることと、ビール自体、太りやすい要素を持ったお酒(ビールと相性のいい食べ物に太りやすいものが多い)という理由からです。 だからと言って、ビールを飲むことをあきらめることはできないですよね!

今日は、ビールが太りやすいと言われる理由と、その対策法を紹介します。

関連記事はこちらです ⇒ 「食べないから太る40代!|あなたのダイエットは間違ってる」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

飲む量が問題だった

まず、他のお酒に比べてビールのカロリーがどれくらいか知っていますか? 商品によって差はありますが、目安としては次のようになります。

・缶ビール1本(350ml)……約140kcal
・中ジョッキビール1杯(500ml)……約210kcal
・乙類焼酎1合(180ml)……約260kcal
・ウイスキーシングル(30ml)……約70kcal
・ワイン1杯(120ml)……約85kcal
(※ 参照『五訂日本食品標準成分表2010』)

お酒のカロリーは、含まれるアルコールの濃度に左右されます。アルコールは1gあたり7kcalなので、炭水化物やたんぱく質(共に1gあたり4kcal)よりずっと高カロリー。基本的にはアルコール度数の高いお酒は、カロリーも高くなります。また、飲む量も大きなポイントになります。

飲み会などだと、2~3時間ほどの間にビールをジョッキ5杯くらい飲んでしまいませんか? ビールだけで1000kcalを超えてしまう計算になります!つまり少しずつ飲めるワインや焼酎のほうがアルコールは高いですが、トータルカロリーを低く抑えられるのです。その性質上、「一回の飲み会あたりのカロリー」としては、ビールが他のお酒よりもカロリー過多になる傾向があります。

原料のしわざ

ビールは麦芽を酵母で発酵させてつくるお酒で、アルコール以外に多くの糖質を含んでいます。ビール中ジョッキ1杯には10g以上の糖質が含まれていて飲み過ぎると当然、脂肪へ変わります。また、小麦・大麦・ライ麦等に含まれる「グルテン」。その中に含まれる「グリアジン」という成分は脳内で麻薬のような働きをし、食欲を刺激しもっと欲しくさせます。

ビールは大麦が原料ですから飲めば飲むほど食欲が増し、飲みすぎ食べ過ぎになってしまうのです。さらに、炭酸飲料の特性で食欲を増します。

食べ合わせが問題

食欲増進効果のあるビールですから、おつまみも当然進みます。これでは、カロリーオーバーは避けられません。そして、揚げ物をはじめとした油を使った料理と相性が良いのもビールの特性です。ビールのおつまみとして、ついから揚げやフライをオーダーしてしまいがちになるため、結果としておつまみ自体が高カロリーになってしまいます。

また、ビールは塩気とも相性が良く、味の濃いおつまみと一緒にビールを飲むと、よりおいしくたくさん飲めてしまうため気づいた時には、かなりのカロリーオーバーになってしまいます。

おつまみ選びのコツ! 太りにくいおつまみは?

ビールと一緒に食べても太りにくいものとして、次のものがオススメです。

脂分が少ない高タンパクのおつまみ
豆腐類、鶏のササミやムネ、内臓(ハツやセンマイ)、馬肉など。良く噛んで食べると、代謝を高めてくれる効果がアップ。

食物繊維が多いおつまみ
きのこや海藻、野菜の料理などを、ビールを飲む前に食べると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、飲んだビールが体脂肪になりにくいです。他にも切り干し大根、かぼちゃ煮、ひじき煮、などのお惣菜や納豆、枝豆もおすすめです。

良く噛む必要があるもの
野菜スティック、ゴボウ、こんにゃく、イカの干し物など。食べすぎを防いでくれます。

太らないためのビールの飲み方

やはり、全体量を抑える工夫が必要です。

  • 小さなジョッキで飲む
  • とにかくゆっくり飲む
  • 間にお茶などノンカロリーのソフトドリンクを挟む
  • 飲みに行く頻度を下げる
  • ノンアルコールの日を設ける

などの工夫をして、ビールを飲む量を減らすことも必要ですね。

カロリーを知り、上手に活用

ビール・発泡酒・第3のビールなどの区別によるカロリーの差は基本的にありません。アルコールが低いものは低カロリーで、アルコール度数が高いものはカロリーが高め。また、飲んだときのコクを重視してつくられたしっかりした味わいのビールは、カロリーも高めです。

アサヒビールのホームページには、ビールのカロリーについて、以下の表記があります。『ビールのカロリーの大部分は、アルコールに由来します。アルコールのカロリーは血行の促進や体熱の上昇などに多く消費されるため、パンや米などの炭水化物のカロリーと比較して、グリコーゲンや脂肪となって身体に蓄えられることは少ないといわれています。

ビールには胃液の分泌促進作用があり、このため食欲が増進して、ついつい食べ過ぎになります。その結果太ることはあります』

上の文中にある「グリコーゲンや脂肪になって蓄えられることが少ない」についてですが、「アルコールは三大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)と異なり、体の栄養にはならないとともに、カロリーに関しても70%程度しか代謝されないのではないか」という研究結果があるようです。

しかし一方で、アルコールの代謝は個人差が大きいとされていて、全ての人の全ての条件にあてはまる根拠はありません。やはり飲みすぎないように注意が必要なようです。


今日のおさらい

レ点3 お酒のカロリーは、含まれるアルコールの濃度に左右される(アルコール1gあたり7kcal)
レ点3 ビールは、炭酸を含む飲料の特性として「食欲を増進させる」効果がある
レ点3 原料の大麦には食欲を刺激しもっと欲しくさせる麻薬のような効果がある
レ点3 太りにくいおつまみは、脂分が少ない高タンパクのもの・食物繊維が多いもの・良く噛む必要があるもの

今日は、ビールが太りやすいと言われる理由と、その対策法を学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

夏はバーベキュー。冬は鍋。年中美味しく飲めるビール!飲みすぎは太るモト。分かってはいるがやめられない。そんな私のお腹は急成長 !

ということで、みなさんも気を付けてくださいね。

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

2014.7.12

見えない砂糖の存在、あなたは知っていますか?|隠れ砂糖と脂肪分ゼロの罠

このブログを定期的に読まれている人なら、砂糖(糖質)の恐ろしさを良くご存知だと思います。「白い悪魔」と言われる砂糖や精製された炭水化物(白米…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る