スカルプケア シャンプーのいろいろ|ヘアケア業界の真相は?

前回の記事「シャンプーの種類を解説!|買ってはいけない商品も」で、基本的なシャンプーの分類について紹介しましたが、今日はもう少し掘り下げてみたいと思います。

関連記事はこちらです ⇒ 「ついに育毛はじめます。今日から実況生中継!|育毛剤「BUBKA」の効果は?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

機能性シャンプーの付加価値

昨今のシャンプー業界では、たくさんのメーカーが激しいシェア争いをしています。価格を抑えるのはもはや限界ではないでしょうか?。そこで、付加価値を加えることで、差別化を図っているようですが消費者としては自由に選べ嬉しい反面、何を買えばよいのか悩む人もいるのではないでしょうか?(私には選ぶ権利は与えられていません → 嫁主動)

それでは、シャンプーの付加価値の部分を少しまとめてみます。

リンスインシャンプー

これはリンスとシャンプーの機能を併せ持つ、不思議な洗髪剤です。高級アルコール系洗剤に多く使われる、ラウリル硫酸ナトリウムなどが主成分で中性からややアルカリ性です。

これで髪の毛を洗うと油を界面活性成分が強力に包み込んで、水に溶ける状態にします(乳化)。この状態では髪の毛のキューティクルの間に入っている油まで押し出され、髪の毛のキューティクルの間が、開いた松ぼっくりのような状態になってしまいます。

この状態では、髪の毛の中に新たな汚れも入りやすく、なにより指通りが悪くゴワゴワしてしまいます。そこで、リンスのような逆性の界面活性剤を使って電気的な反発を中和して、キューティクルを閉じさせ、髪を守る必要がある、これがシャンプーの後にリンスを使う理由です。
いわばリンスとシャンプーは酸とアルカリの関係になるので、市販のシャンプーとリンスを混ぜただけでは、リンスインシャンプーになりません。

リンスインシャンプーは、改良したリンス成分にシャンプーの分子が静電気的にくっついた状態に調整されており、お湯の存在下ではシャンプーを遊離して油を落とし、すぐさまリンス成分が電気的に中和して髪の毛に残るという、極めて高度な技術が使われています。

ダメージヘアー&カラーヘアー用シャンプー

主に、白髪染めや化粧品の定着をよくするために使われる高級脂肪酸系洗浄剤に、各種の油が含まれているのが特徴で、シャンプーでキューティクルが開いて、リンスで閉じるという行程の間に「キューティクルの間から油分を入れる」という行程が含まれているものが、だいたいダメージヘア向けとして売られているシャンプーです。

ただ、実際に傷んだ髪には高級脂肪酸のシャンプーよりアミノ酸系シャンプーのほうが頭皮を荒らしにくい分、良いという意見も見られ、なんとも中途半端な存在となっています。

またこれらに含まれるセテアリルアルコールは、敏感肌を引き起こす可能性も示唆されているので、頭皮の弱い人は注意が必要です。

フケ防止シャンプー

フケ防止シャンプーの多くはアミノ酸系シャンプーに、さらに油分が加わったもの。フケは頭皮が乾燥し、その乾燥肌の表面が剥離し、鱗状に落ちてきたものです。それゆえにフケを減らすには、頭皮を潤わせれば良いということなのですが、実はあまり根本的解決になっていません。

そもそも頭皮が荒れていることが問題なので、この部分を治療しない限りどうしようもないようです。

それがアトピー性のものなのか、真菌の感染症なのか、それとも乾燥によるものなのかは、個人では見分けがつかないので一度、皮膚科で相談した方が良いでしょう。

大粒のフケが出る場合には、ただの洗髪不足が考えられますので頭皮をしっかり洗いましょう。洗髪といっても髪を洗うのではなく頭皮を洗うというのを意識して、指の腹で髪の毛を逆なでするように、きっちり揉み込んで洗髪するのがコツのようです。

乾燥によるフケは、余分な油を頭皮につけるより、頭皮も顔の皮膚の延長線としてスキンケアをしっかりしてあげることが重要です。

殺菌性シャンプー

スミスリンやミコナゾール、サリチル酸といった、寄生虫や白せん菌(水虫の原因菌)に対して強い殺菌力を持つ成分を含んだシャンプーの一群です。主にペットのシャンプーとして流通していますが、最近人間向けのもので、真菌に対して強い殺菌力を持つ、硝酸ミコナゾール(水虫の薬としても有名)を配合したシャンプーが持田ヘルスケアから「コラージュフルフル」という商品で発売されています(が、どうやら製造終了したらしく、現在は在庫限りの模様?)。

白せん菌は足だけにつく病原体ではなく、当然皮膚があればどこでも繁殖ができます。しかしそれが、本当に頭皮で大繁殖し始める事態になっていると、もはや家で治すことができる範疇ではなく、速やかに皮膚科で治療を受けるべきです。

スカルプシャンプー

まず、スカルプ(scalp)とは「人間の頭皮」という意味です。

髪の悩みで最も多い悩みが、抜け毛(脱毛)、薄毛で、 日本の成人男性薄毛率は25%を超え、成人男性の約4人に1人が薄毛の状態だとされています。 また、男性だけでなく、女性も抜け毛や薄毛に悩む方が年々増えてきています。(国内で男女問わず1,200万人以上もいるといわれています)

そこで頭皮ケア「スカルプケア」が注目を浴びるようになりました。

スカルプシャンプーは、頭皮の皮脂を取りすぎないことを考えて作られているので、 アミノ酸系である場合が圧倒的に多いようです。

ヘアケア業界の真相は?

防腐剤はゼロがいい? 天然成分は安全? シリコンは害? マイナスイオンが良い?
シャンプーはもちろん、育毛剤などに至るまで、頭髪関連はどうにもエビデンス(科学的な裏付け)の乏しい謎の多い世界のようです。

最近ではシャンプーの多くが「ノンシリコン!」と宣伝し、シリコンオイル(厳密にはシリコーンオイルと言い、シリコンとはスペルが違い、全く別の言葉)を、さも頭皮を腐らせる悪の成分であるかのうように表現したり、防腐剤無添加こそ正義という風潮が見られます。

防腐剤と一言にいっても、使われる成分は食品添加物レベルの弱いものから、一般的な防腐剤であるパラベンの類いまで様々。しかし、防腐剤が入っていること自体は大きな問題ではなく、その濃度が最も問題とすべきです。

そもそもどうして防腐剤が悪なのでしょうか? 腐らないという反自然な部分にオーガニック好きな人はうっかり嫌悪感を持ってしまうのでしょうが、では逆に防腐剤が入っていなかったら、完全無添加のシャンプーに雑菌が入り込んで腐敗した場合を想定しましょう。

高級アルコール系以外のシャンプーには大なり小なり植物から採った油が含まれ、さらにはグリセリンなどの細菌にとっての栄養素が豊富に含まれています。細菌の汚染によって、さまざまなアレルゲンや有毒物質、中毒性毒素諸々が生み出されてしまうので、完全防腐剤無添加は、そのリスクが常にあるということを理解した上で使用しなければいけません。

ノンシリコン伝説は、実は意味不明なものです。シリコンオイルは、豆腐の剥離剤として使われているくらい無害で、当然髪の毛についたところで、髪をさらさらにする以外の悪さは特にしません。

しかも、ほとんどの化学物質と反応しないと言ってもよいくらい安定した物質なので、髪の毛につきやすく、洗浄剤で落としやすく、まさに理想の髪質改善剤です。ノンシリコンの流れを受けて、メーカーもシリコンと表記せず、メチコンやジメチコンといった一目で分かりにくい名称に換えていたりと根が深い問題のようです。

マイナスイオンに関しては、そもそも科学用語にマイナスイオンという言葉は存在しません。マイナスイオンではなく陰イオン(アニオン)と呼びます。

マイナスイオンって結局何が出てるの? という質問に対しても各社てんでばらばらで、帯電した粒子を飛ばしているといったもので、それがどのように良いかはまったく研究もされておらず、完全に意味不明の領域になっています。

CMやパッケージに書かれた事を鵜呑みにするのは良くありませんね!


今日のおさらい

レ点3 リンスインシャンプー極めて高度な技術が使われている。(市販のシャンプーとリンスを混ぜただけではダメ)
レ点3 ダメージヘア用シャンプーに含まれるセテアリルアルコールは、敏感肌を引き起こす可能性も示唆されているので、頭皮の弱い人は注意。
レ点3 乾燥によるフケは余分な油を頭皮につけるより、頭皮も顔の皮膚の延長線としてスキンケアをすることが重要。
レ点3 大粒のフケが出る場合には、ただの洗髪不足。頭皮をしっかり洗いましょう。
レ点3 シリコーンオイルは無害であった。
レ点3 完全防腐剤無添加は細菌の汚染によるリスクがある。
レ点3 スカルプ(scalp)とは「人間の頭皮」という意味。

 

 “やはり最近はスカルプシャンプーが人気のようです”

スカルプ

 

❑amazonで探す
❑楽天市場で探す

 

 

 

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

赤いマフラーの女性 

2014.11.24

これからの季節、危険です!「寒冷アレルギー」って知っていますか?|予防法と治療法

気温が下がるこれからの季節、気をつけなければいけないことが沢山あります。前回はノロウイルスについて紹介しましたが、今日は「寒冷アレルギー」に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る