インスタント食品の危険性とは|最近の事情

今や私たちの生活の中に溢れかえっているインスタント食品。子供の頃から当たり前に食べて来ましたが、最近では少し事情が変わって来ているのではないでしょうか?

関連記事はこちらです ⇒ 「トランス脂肪酸って体に悪い|噂はほんと?」
人気記事はこちらです ⇒ 「人気記事ベスト10」

  スポンサーリンク

過酸化脂質は毒性物質

「カップ麺」に「カップスープ」、お湯を入れれば数分で食べられる。しかも美味しい!そんなわけで、ついつい買ってしまうのがインスタント食品です。しかし、カラダに悪いという声があるのも事実ですよね?

食材(かやく)は野菜・海藻がわずかばかりで、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの必要な栄養素は極めて少ない。さらに、スープを飲み干せばナトリウム(塩分)の過剰摂取が問題となります。

しかし、それどころではない危険性が、『買ってはいけないインスタント食品 買ってもいいインスタント食品』(渡辺雄二/だいわ文庫) によれば、下痢などの体調不良はおろか、ガンまで起こしかねない危ないインスタント食品があるというのです。実際に私も食べた後、必ずと言っていいほどの確立で下痢をしてしまいます。

油で揚げたフライ麺には注意が必要

油が酸化してしまうことで、毒性物質である過酸化脂質がで生成されている恐れがあります。過酸化脂質は有害で、ネズミやウサギに食べさせると成長が悪くなり、一定量を超えると死んでしまいます。過酸化脂質は高温でできやすいため、揚げ油にはたくさん発生していて、揚げた麺に多く含まれています。

ポテトチップスや天ぷら、フライなどを食べたときに腹痛を起こしたり下痢になったりの症状は「油あたり」と呼ばれますが、これは過酸化脂質が原因です。

食品添加物で不快症状

似たような症状として胃が張ったり、もたれる、鈍痛などの不快感を引き起こすのが食品添加物といわれています。特に調味料に使われるL-グルタミン酸Na(ナトリウム)は「腸から吸収されて顔や腕に灼熱感を覚えたりすること」があるのです。実は過酸化脂質や、L-グルタミン酸Naなどの危険な成分が含まれている食品が身近にあります。

〇〇食品の「〇〇〇〇ードル」は、ナトリウムも多く、添加物も15種類入っており、危ないインスタント食品の代表格と言えるでしょう。さらに姉妹品の「シーフード〇〇〇〇」には、添加物としてカラメル色素も含まれています。カラメル色素は全部で4種類あり、そのうちの2種類には発がん性のある4-メチルイミダゾールが含まれているのです。

しかも、『カラメル色素』としか表示されないため、消費者にはどのカラメル色素が使われているのかわからないのです。また、体調や食べた物によっては胃や腸などの粘膜が荒れて、そこに発がん性のある添加物が作用すれば、細胞がガン化することも考えられるだけに注意が必要と言われています。

フライ麺でなくても油断はできない

例えば、同じ〇〇食品の「〇〇〇王 背油コク醤油」の売り文句は「まるで、生麺。」ですが、麺に植物油が練り込まれているため、フライ麺ほどでは無いでしょうが同じ危険性が考えられます。

さらに、〇王の容器は発泡スチロールでできていて、これまでの研究で発泡スチロールの容器に熱いお湯を入れると、発がん性のあるスチレンがppbレベル(ppbは10億分の1を表す濃度の単位)で溶けだすことがわかっています。

微量とはいえますが、一般に発がん性物質は閾値(この値以下であれば無害であるといえる基準)がないので、できるだけ摂取しない方が好ましいでしょう。カップ麺を食べるときは、できる限り容器を移し替えて食べた方が良いと思います。


今日のおさらい

レ点3 過酸化脂質は有害で、ネズミやウサギに食べさせると成長が悪くなり、一定量を超えると死んで しまう
レ点3 過酸化脂質は高温でできやすいため、揚げ油にはたくさん発生していて、揚げた麺に 多く含まれている
レ点3 インスタント食品の代表格○○○ヌードルはナトリウムも多く、添加物も15種類入っており、発がん性のある物質も含まれる
レ点3 発泡スチロールの容器に熱いお湯を入れると、発がん性のあるスチレンが溶けだす

今日は、インスタント食品の危険性について学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

「そう言われても食べてしまいますよ。」そんな声が聞こえて来そうですが、しかしながら真実を知らされずに危険にさらされている状況はいかがなものでしょうか。こうしたリスクを踏まえて、私たちはインスタント食品と付き合って行かなければなりません。やはり、自ら学び正しい知識を身に着け、毎日の食事を気に掛ける事も大事だと思います。

お酒を控える!糖分を控える!塩分を控える!

それと同じで、食品添加物(インスタント食品)を控えるということも必要な世の中になってきたのではないでしょうか?

  スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

研究室での実験風景 キャプチャ画像

2016.3.13

菌・ウイルス関連記事 まるわかりガイド | 目次

当ブログサイトで、菌・ウイルスに関連する記事が人気で多くの方に訪問して頂いております。そこで、関連記事に素早くアクセスして頂けるように、この…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る